中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの状態良好。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本語は生き残れるか―経済言語学の視点から (PHP新書) 新書 – 2001/8

5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書, 2001/8
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本語が死語になる? 今、母国語は世界の中でどのような地位にあるのか。また外来語の影響などによって、いかに変化していっているか。

インターネットから映画タイトルに至るまで、あらゆる分野で国内に侵入してくる英語。さらに、日本経済の衰退、英語第二公用語論の登場などにより、日本語の地位は脅かされている。

一方、敬語と文法、カナ・漢字の使い分けの難しさ…日本語そのものにも国際化を阻む要因は数多い。実際、印欧語などと比べて初級到達に三倍の学習時間がかかるなど、世界に冠たる難解な言語であるというデータもある。

このような内外の圧力によって、日本語はこのまま絶滅していくのだろうか。本書では、日本語が置かれている現状報告と他言語との比較による難易度の客観的データを通して、その生き残り策を探っていく。

「言語の市場価値」などを扱う「経済言語学」という新たな言語学の視点から、日本語の未来を緻密に考察した一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

インターネットから映画タイトルに至るまで、あらゆる分野で国内に侵入してくる英語。さらに、日本経済の衰退、英語第二公用語論の登場などにより、日本語の地位は脅かされている。一方、敬語と文法、カナ・漢字の使い分けの難しさ…日本語そのものにも国際化を阻む要因は数多い。このような内外の圧力によって、日本語はこのまま絶滅していくのだろうか。本書では、日本語が置かれている現状報告と他言語との比較による難易度の客観的データを通して、その生き残り策と未来像を探っていく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 207ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2001/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569617271
  • ISBN-13: 978-4569617275
  • 発売日: 2001/08
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 561,557位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
言語を相対的な難易度、絶対的な難易度とで評価し、かつ、習得した場合の効用も加味して、今後の言語の消長を論じるという視点は、まことに的確なのだが、色々論じた末に、「今後、言語政策をいかにすべきか」については、ローマ字正書法確立以外には、大した提言がない。
しかも、「慣れれば、ローマ字は読みにくいものではない」という著者の考えは間違っている。ローマ字が読みにくいのは、慣れの問題ではない。試しに、文章をかなと分かち書きを使って、小学校低学年のような書き方をしてみるといい。とてもよめたものではないだろう。にほんごは、どうおんいぎごをくべつし、せいかくないみをつたえるためには、かんじによるうらがきをひつようとする、めんどうなげんごなのである。このもんだいについては、漢字と日本人 (文春新書)でろんじられているので、きょうみのあるかたはさんしょうしていただきたい。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
経済言語学的視点は多くの人に欠けていると思うので、その点はすごく評価できると思うう。しかし、日本語をかなり買いかぶりすぎている気がする。現在の日本の全体的な地位から考えると「それはないだろ」と感じる記述が多数存在します。
ただ、そもそもそういう風に自分の言語をある程度相対化する行為そのものが、言語学と無関係な人間だとほとんどないので、その面では非常に分かりやすいと思います。特に日本語の難しさについて記述されたところや、他の言語との文法の多さ、英語が全世界的に使われるようになった経緯などは、非常に平易な言葉でわかりやすく書かれています。加えて、言語が経済的な存在である点をきちんと認識し、経済的価値を考察した本自体がそもそも日本に非常に少ないことからも、非常に興味深く読むことができました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
カタカナ語が増えたほうが外国人が理解しやすいとかちょいちょい明らかに違うだろって云う言説があって、
ちょっと信用性にかける気がしました。

うのみにしすぎないのなら面白い一冊かもしれないです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
言語の使用実態に関して常識的に考えれば「そうだよな」と思えることが、それなりに書いてある。目新しいと言えば目新しい。深みはないが。

Kindle版では図表がキレイさっぱり喪失している。値段が安いとは言え、これはないでしょう??英語版Kindleも最初はそうだったんで、今後に期待。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック