中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本語の作文技術 (朝日文庫) 文庫 – 1982/1/14

5つ星のうち 4.2 134件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,528
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1,296
文庫, 1982/1/14
¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

ちゃんとした日本語を書こうと思ったら、
まず、勉強に本多勝一氏の『日本語の作文技術』を読め。
これが私の持論である。
――全巻を通読しなくてもいい。
第一章から第四章まで読めば、それだけで確実に、文章はよくなる。
この本はそういうスゴイ本なのだ。
(多田道太郎氏「解説」より)

【目次】

第一章 なぜ作文の「技術」か
第二章 修飾する側とされる側
第三章 修飾の順序
第四章 句読点のうちかた
1. マル(句点)そのほかの記号
2. テン(読点)の統辞論
3. 「テンの二大原則」を検証する
第五章 漢字とカナの心理
第六章 助詞の使い方
1. 象は鼻が長い――題目を表す係助詞「ハ」
2. 蛙は腹にはヘソがない――対照(限定)の係助詞「ハ」
3. 来週までに掃除せよ――マデとマデニ
4. 少し脱線するが……――接続助詞の「ガ」
5. サルとイヌとネコがけんかした――並列の助詞
第七章 段落
第八章 無神経な文章
1. 紋切型
2. 繰り返し
3. 自分が笑ってはいけない
4. 体言止めの下品さ
5. ルポライタージュの過去形
6. サボリ敬語
第九章 リズムと文体
1. 文章のリズム
2. 文豪たちの場合
第一〇章 作文「技術」の次に
1. 書き出しをどうするか
2. 具体的なことを
3. 原稿の長さと密度
4. 取材の態度と確認

<付録>メモから原稿まで
あとがき
参考にした本
解説(多田道太郎)

内容(「BOOK」データベースより)

「目的はただひとつ、読む側にとってわかりやすい文章をかくこと、これだけである」。修飾の順序、句読点のうちかた、助詞の使い方など、ちゃんとした日本語を書くためには技術がいる。発売以来読み継がれてきた文章術のロングセラーを、文字を大きく読みやすくした新装版。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (1982/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022608080
  • ISBN-13: 978-4022608086
  • 発売日: 1982/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 134件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,439位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
読む側にとってわかりやすい文章を書くための本です。これは、作文の「技術」である以上、訓練をすれば誰でもできるようになるというものです。私は、約30年間にわたってつかっています。

■ 日本語の作文技術の基本原則(初級レベル)は以下の通りです。
1. 修飾する言葉とされる言葉がはなれすぎない。
2. 句を先に、詞をあとに。
3. 長い修飾語は前に、短いほど後に。
4. 大状況・重要な言葉ほど前に。
5. 親和度(なじみ)の強弱による配置転換。
6. テン
 6-1. 長い修飾語が2つ以上あるとき、その境界にうつ。(長い修飾語)
 6-2. ある語を強調するため、修飾語の語順が原則の逆順になる場合にうつ。(逆順)

■ 表記法の原則(中級レベル)は以下の通りです。
1. ナカテン:並列や同格の語のあいだにつかう。
2. 二重ハイフン:力夕カナの固有名詞などを列挙するときにつかう。
3. 力ギカッコ:
 3-1. 引用は、あくまで原文や発言のままカギカッコの中にしめす。
 3-2. 自分達ではつかわないが相手側がつかう言葉をそのままつかう場合にはカギ力ッコに入れる。
4. ヒゲカッコ:「本当はそうではない」とき
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この本を読んで身につくこと。
1.文の分析力すなわち文の構造を分析する力。
2.適切な語順すなわち語句のならべ方。
3.正しい読点の打ち方。
4.上記3点を理解した結果としてのわかりやすい文章の書き方。
他の方のレヴューにもあったが、どうしてこのような内容の国語の授業がないのでしょう?こういう事を教えない「国語」の授業はナンセンスだと思います。
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本語という言語の特性を丁寧に説明しながら、その特性を活かして如何にして分かりやすい文章を組み立てるかを、解説した書。

文章表現力の基礎作りに大いに役立ちました。

文章の中の大きいパーツをひとまとめにする( 例 : 主語と動詞を近づける、形容詞と形容対象をくっつけるなど ) という基本原則を守れば、単語の並びは自在に変化可能と分かります。

これを練習するだけで、日本語の文章表現力は大きく前進です。実践するのは早いほど良いと思います。私はおっさんになってから読みましたが、遅すぎることはなく、価値がありました。

文章の組み立てさえできてしまえば、漢字・平仮名・片仮名、句読点、カッコなどの記号をいかに組み合わせて可読性を良くするかという課題が残るので、これらの課題を個々に解決します。

本書は、あくまで、短い日本語の文章の分かりやすい組み立て方の説明書であり、以下の用途は満たさないのでご注意を。
・人を説得するための論理構成力を鍛えたい
・文豪のように、美しい日本語の言葉(単語)を操りたい
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本語を扱う職業につくなら、この本は読んでおきたい。

主題(は)と格助詞(が)の違い、読点の打ち場所、修飾詞の順序などを論理的に理解することができる。

複雑な日本語技術がシンプルに法則化され、この法則を覚えておけば、誤読の少ない文章を意識的に作ることができる。自分では気づかないミスも減る。この法則を基礎にさらに自分で法則を作るのもよいだろう。

特許書類(特許明細書)を作成する仕事に携わるが、同業者の間でもこの本は有名だ。この本を知らない人はあやしい文章を書いている。

お勧めというよりも、同業者の方であれば、この本の一読は必須でしょう。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者は有名なジャーナリストだが、本書は日本語で分かり易い文章を書くためのテクニックを纏めたもの。私はソフトウェア開発者で、サラリーマン生活を30年近く続けているが、入社10年後くらいに当時の課長から本書を薦められ読んだ。業務上、技術系の文書を書く必要があるのだが、かなり参考になった。

全ては紹介できないのだが、私が一番利用している「修飾の順序」だけ例に取ろう。著者は次の四つのルールを設けている。

(1) 節を先に、句を後に。

(2) 長い修飾語程先に、短い程後に。

(3) 大状況・重要内容程先に。

(4) 親和度の強弱による配置転換。

特に(2)は役に立つ。(3)も気を付けると、有効である。例を示そう。

(a) 止まらずに/ライトを消して/速く/走る。

(b) ライトを消して/止まらずに/速く/走る。

三つの修飾語を長い方から順に並べた(b)の方が確かに分かり易い(ルール(2))。

(a) チリ美人は、アルゼンチンの肉をたっぷり食べているセニョリータに比べると、ぐっと小柄である。

(b) 肉をたっぷり食べているアルゼンチンのセニョリータに比べる
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック