新品:
¥4,730
ポイント: 47pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月21日 火曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 20日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
日本語「形成」論 がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

日本語「形成」論 単行本 – 2017/1/18


価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/18
¥4,730
¥4,730 ¥4,300

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本語は、オーストロネシア語族、ツングース諸語という南北両系統の言語の混合化が、最終局面に達した言語である。オーストロネシア語研究の泰斗が、従来等閑視されてきた民俗語彙の意味変化もふまえて精緻に展開する、新視角研究の成果。

著者について

1937 年、大阪市生まれ。
東京外国語大学外国語学部卒業を卒業後、京都大学大学院文学研究科言語学専攻単位取得退学、インドネシア大学・ガジャマダ大学文学部給費留学。京都大学博士(文学)。
大阪外国語大学外国語学部・広島大学総合科学部助教授、国立民族学博物館助教授・教授、滋賀県立大学人間文化学部教授を経て、国立民族学博物館・滋賀県立大学名誉教授。
著書に『南島語研究の諸問題』(弘文堂、1974年)など。編著書に『日本語の形成』(三省堂、1990年)、『消滅の危機に瀕した言語の研究の現状と課題』(国立民族学博物館調査報告39、2003年)ほか。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 三省堂 (2017/1/18)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/1/18
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 304ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4385353158
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4385353159

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません