通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本脱出先候補ナンバーワン国 マレーシア 資産運用... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 新風堂書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※2011年6月10日初版第1刷発行。帯無し。天小口地スレ汚れ。表紙カバーにスレ、上部ヨレ、全体に少し焼けがあります。本文内は、お読み頂くのに支障のあるような、目立つキズ、汚れは無く概ね良好です。但し、あくまで中古品ですから経年による色褪せ、焼け、シミ、気にならない程度のキズ、汚れはご容赦下さい。注文確定後、クリーニング及び水濡れ対策梱包を行い、最速当日、通常2営業日以内に日本郵便ゆうメール(簡易梱包・追跡不可。梱包後のサイズ等により変更有り)にて発送致します。その他、商品について気になる点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本脱出先候補ナンバーワン国 マレーシア 資産運用・不動産投資・ロングステイ 単行本 – 2011/6/11

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 75

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本脱出先候補ナンバーワン国 マレーシア 資産運用・不動産投資・ロングステイ
  • +
  • マレーシアで暮らしたい! マレーシア「ロングステイ」公式ガイドブック
  • +
  • さあ、あなたも「世界一住みたい国」で幸せに暮らす計画を立ててみよう!
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

資産運用、不動産投資、ロングステイに最適な国マレーシア。今後10年で所得は倍増、人口は2割増加する。伸びゆくアジアの優等生国家へ投資しよう。日本を捨てることなく、ベースとして維持しながら、マレーシアでロングステイ、資産形成、子どもの国際的な教育をしてはどうかという提案を行う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

石原/彰太郎
1958年群馬県生まれ。1981年に慶応義塾大学卒業後、米国バージニア州のウイリアム&メアリー大学で経営学修士(MBA)を取得。日本で証券会社、ベンチャーキャピタルに勤務した後に、1992年マレーシアペナンに移住し、ゴルフ場の開発と経営に従事。1999年にトロピカルリゾートライフスタイル社を設立し、現在までに10,000名を超える日本人のロングステイをサポート。2009年にはアパマンショップマレーシア店を開店し代表に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480878394
  • ISBN-13: 978-4480878397
  • 発売日: 2011/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 308,668位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
マレーシアの魅力を紹介しています。ほとんどいい面ばかりの記述で、もっとマイナス面もあるだろうと思うのですが、それは書かれていません。各地方の説明もあります。いろんな情報を得ることができるので、マレーシアに興味のある人には役に立つ本でしょう。次のようなことが書かれています。
1 マレーシアのよい点
  親日的である。
  治安がよく、政治が安定している。
  地震、台風、噴火がない。
  物価が日本の3分の1程度である。
  和食が普及しており、日本語が通じる地域も多い。
  人口が増えている。
  イスラム、中国、インドの文化に触れることができる。
2 マレーシアはマレー系、中国系、インド系に分けられる。マレー系はマレー語を話し、すべてイスラム教である。中国系は北京語、英語、マレー語を話す多言語の人が多く、宗教は仏教、道教、キリスト教、イスラム教が混在している。インド系はタミール語と英語を話す人が多く、宗教はヒンズー教が主体だが、キリスト教の人もいる。
3 マレーシアの在留邦人は1万人前後である。
4 マレーシアではテレビをつけると、マレー語、英語、中国語、タミール語のニュースが流れてくる。新聞も各言語で発行されている。
5 イスラム教では子供は資産という考えがあ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は現在マレーシア在住でマレーシア不動産に投資しています。

「どのような観点でどのような物件に投資すべきか」という面でヒントになりました。

もちろん不動産投資の本ではないのでこの本だけの知識でマレーシア不動産に手を出すのは危険極まりないとは思いますが。

私のようなマレーシア在住者だけではなくロングステイを考えている人、海外移住を考えている人、お子様の英語教育に最適な環境を探している人には絶好の入門書になると思います。

私が特に参考になったと思うのは、子供の教育についての章です。
私が日本人、妻が中国系マレーシア人、住んでいる場所はマレーシア、という環境でどのように息子を教育していったらいいのか悩んでいましたが、この本が指針を示してくれました。

息子には英語、日本語、中国語、マレー語をバランスよく教えてマルチリンガルに教育しながらも日本人としてのアイデンティティーを保ってほしいと願っています。

一見難しそうですが不可能ではないことがわかりました。
実際著者の石原氏も5人の子供を日本人の魂を持ったマルチリンガルに育て上げられています。

これからは子弟の教育のために移住するというライフスタイルも日本で広まっていくかも
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容としては「とにかくマレーシアいいですよ!お金がかかりませんよ!教育にもいいですよ!投資しても儲かりますよ!」と言ったもの。

筆者がそう思っているのでウソではありませんが、鵜呑みにしてもいけないと思います。

私は特に税金について注目していたのですが、住民税がかからない云々というのは日本の非居住者(住所を移す)とした場合のみですし、日本の賃貸不動産を持っていれば日本の税金から逃れられるわけではありません。
それを「マレーシアに来ればタックスヘイブン」的に読めてしまう点が残念でした。

筆者のマレーシアへの愛、マレーシア投資への情熱はよく伝わってくるのですが、こういったものは反対意見も加味して考えるべきでしょうね。
少なくとも私はマレーシアに移住・投資をしてみようという気持ちにはなりませんでした。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/6/27
形式: 単行本 Amazonで購入
ちょっとした危惧通りやっぱりPR本だったのである。
投資相談会などに出かけるとおそらくただで貰えるPR本だったのである。
実際にそういった会に出かけて
「皆様のお手元には筑摩書房さんから発行されております、ご本が
 無料で配られていると存じますが、これ書店でお買い求めになると
 1500円するものでございます」
聞いているこっちは、もう金を出して買っていて悔しいものだから、
「もう、昔からもってるよ」
などと声をかけると
「さすが、お目が高い」
などと、サクラ扱いされたりする本かもしれないのである。

というわけで、マレーシアは金融投資先としても、不動産投資先としても
移住先としても、長期滞在先としても、観光旅行先としても、日本人にとってこの上ないところらしいのである。

で、こういうう本には悪いところは、さり気無く書いてあったりして、信用感を高めようと努力するものなのでその悪いところを探してみました。
・気温は年間を通じて最低が20~25度、最高が、30~35度。暑いが乾燥しているので気にならない。
「この“暑いが乾燥しているので気にならない”というセリフを、僕はエジプトに行く前にも聞いた。実際は
 “
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック