Kindle 価格: ¥ 1,555

¥ 389の割引 (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[玉蟲 敏子]の日本美術のことばと絵 (角川選書)
Kindle App Ad

日本美術のことばと絵 (角川選書) Kindle版

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 1,555
単行本 ¥ 1,944 ¥ 1,407

紙の本の長さ: 267ページ

商品の説明

内容紹介

近代以前の日本美術は、ことばによる文芸と造形イメージとが一体となった、世界的にもまれな芸術空間をかたちづくってきた。日本美術が文学とイメージとが常に相関しながら発展を遂げてきたことを、平安、鎌倉、室町、桃山から江戸後期にいたる、それぞれの時代での特色ある造形作品を例に掲げつつ例証。そこでは文字そのものによる表現や和歌文芸の内容があからさまに示されたり、留守文様のように隠されたり、あるいは葦手絵のように絵の中に侵入するなど、視覚的にも変化ある美の表現が追求されてきた。この近代以前の芸術空間を、単なる概説的な記述ではなく、作品の美質を描きつつ解説。とくに表現の極みともいえる室町の硯箱や、宗達・光悦コンビによる和歌巻などの代表的な優品については、詳細にその特性と素晴らしさを描き出す。

内容(「BOOK」データベースより)

ことばや文芸、とりわけ和歌は日本美術にどう関わってきたか。文字が絵のなかに侵入する蘆手や歌意をモチーフとして視覚化した歌絵、色紙形を貼り交ぜるなどの書画屏風、宗達画に光悦書の和歌巻、乾山の書画陶器、小袖の絵文字デザインなど、和歌によるイメージの共有と視覚化が日本美術の大きな水脈をなしてきた。この世界的にもまれな知的で洗練された画文交響の造形芸術、ことばとイメージのインタラクティブな美の系譜を描く。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 30948 KB
  • 紙の本の長さ: 227 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川学芸出版 (2016/5/27)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01G12HAOO
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 205,498位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる



カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

ベスト50レビュアー
2016年8月20日
形式: 単行本|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年6月20日
形式: 単行本|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク