この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本経済「常識」の非常識 単行本(ソフトカバー) – 2010/3/24


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 4,849 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「高齢化社会では富裕層がターゲット」、「これからのマーケットは中国市場」、「ヘッジファンドの投機が市場を破壊する」、
「米国流の金融覇権主義と市場原理主義はいまや崩壊した」……。
新聞や雑誌の語るもっともらしい理屈が、私たちの社会生活に浸透している。
だが、「マスコミが画一的に報じる経済問題の『常識』は、本当に正しいのか。
じつは、それは合理的に考えてみると『非常識』ではないのだろうか。
さまざまなテーマについて、身近な経済指標やエピソードを交えながら、わかりやすく解説するよう心がけたつもりである。
サラリーマンや経営者層のみならず、主婦や学生など、幅広い方に読んでいただければ、と願っている」(本書「はじめに」より)。
本書を読み解くキーワードは「デフレ」。
人口減少で「お金を使う人」の数が減少するなか、どうすれば企業の利益と賃金は上がるのか。
6年連続人気ランキング1位のエコノミストが記す、真摯な考察の書。

内容(「BOOK」データベースより)

値下がりする食品・衣料、上がらない給料。なぜ円だけが乱高下するのか?2010年を生きるための「常識」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 229ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2010/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569777562
  • ISBN-13: 978-4569777566
  • 発売日: 2010/3/24
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,363,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。プログラミング 入門