通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本百名山 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙が違います。昭和61年11月15日16刷。使用感(カバーにスレ、キズ、ヤケ、ヨゴレ、シミ汚れ、折れ跡など)あり。ページに経年によるヤケ、ヨゴレ、シミ汚れ、角折れあり。読むのに支障はないと思います。迅速に発送いたします。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

日本百名山 (新潮文庫) 文庫 – 2003/4

5つ星のうち 4.3 71件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 125
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本百名山 (新潮文庫)
  • +
  • 日本百名山データBOOK (エイムック 2525)
  • +
  • 日本百名山地図帳 (2008年版)
総額: ¥4,482
ポイントの合計: 136pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

旧い歴史をもち、文学に謳われ、独自の風格をそなえた名峰百座。そのすべての山頂を窮めた著者が、山々の特徴と美しさを語る名著。

内容(「BOOK」データベースより)

記紀にその名がしるされ、万葉びとが畏れを抱き、平安歌人によって歌われ、俳人芭蕉はその雄峰を讃じ、北斎や大雅を魅了しつづけ、宮沢賢治が四行詩に歌った、日本人の生活と精神的風土に深く結ばれてきた名峰百座の個性を、簡潔な文章に凝縮させた山岳随想の古典。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 535ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2003/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101220026
  • ISBN-13: 978-4101220024
  • 発売日: 2003/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 71件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 33,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
北アルプスや南アルプスに行くと、百名山にチャレンジしている人に出会うことがある。
話をしてみると、自分はもう70座登った、80座登った、次はこの山、その次はあの山、と話は尽きない。
しかし、よく聞いていると、この人、「日本百名山」を読んでいないな、と気づくことがある。
その度に、「日本百名山」のブームってなんだったのだろうと思う。
深田久弥の文章に憧れて山に興味をもったのではなくて、百名山のリストに振り回されているだけなのではないかと思ってしまう。
そしてその度に、「日本百名山」の山岳文学としての価値と、百名山リストに振り回されている素人登山家の行動とを混同してはいけないと思う。

この本はいい本だと思う。日本の山の中から、百山を選んで紹介するという企画もいいと思う。
こういったコンパクトなガイドブックや旅行記を作ることは、日本人のお家芸なのではないかと思う。

(こういった本に対して日本人の精神の貧困さを嘆く評論家がいるが、そのとおりかもしれない。いい車に乗ること、いい大学に入ること、いい会社に入ること、出世すること、ブランドものの洋服を着ること、煎じ詰めれば、これらのことは貧困なる精神のなせるわざだと思う。そして私は、自分を含めて、貧困じゃない精神の持ち主に出会ったことがない。ま
...続きを読む ›
4 コメント 162人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書の初版は1964年に出版されたが、深田は当時既に、山が開発され、人々が列をなして定食コースを歩いている姿を嘆いている。その本書が新たな登山ブームを引き起こし、山の俗化を助長したのは皮肉であった。

登山は元来、都会を離れて自然の中に孤高を求める脱俗的な行為であるが、深田にあってはこの脱俗性は旧制一高で吸収したエリート的教養主義に裏打ちされていた。深田は、精神的エリートの登山を、「大衆」の物見遊山から区別していた。しかも彼の登山は、スポーツとして特殊技能の向上を目指す「専門登山」ではなく、山を総合的に経験することを目標とする「教養登山」であった。古今東西の古典の読破が「教養」を育むように、全国各地の頂を極めることが人生での財産になる。深田はそんな肩苦しい書き方をしていないが、彼が名山巡りに向かった背景には、そのような考えがあったのかもしれない。

こうした思想は、西洋哲学を基盤とする教養主義の産物だが、それは同時に、修験道や巡礼の伝統に根ざす思想でもあった。だからこそ深田は自分の登山歴を、古くからある名所集成の形を借りて、「日本百名山」という形で表現しえたのだ。

名山巡りが専門的な「荒行」でない以上、百名山が、富士講や八十八ヶ所と同様に俗化することはいずれ避けられぬ運命であり、その意味で、深田の脱俗的教養主義は矛盾を孕
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
はじめは、『山と高原地図』のような読み物かと思っていたのですが、全然違いました。
親しみのある登った山や知っている山だけしか読んでおりませんが、読んでいて面白いです。
登山好きなら手にとって損はないのではないでしょうか。
今でこそ、登山口までのアプローチが車で乗り入れできることがほとんどであり、
また登山道が整備されておりますが、昔は相当自分の足を頼りにし、地元の村の人に
お願いをしていたことと想像します。
きっと、まだほとんど人の手が入っていない本当の自然を目の当たりされていたことでしょう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本百名山は 大きいサイズの本を持っていて愛読書ですが、持ち歩くには大きすぎるので文庫本を購入しました。
旅行へ行く時、出張へ行く時などバッグに入れて車窓から見える山を この本で再確認しています。
筆者は 植物にも詳しく 登山時に花の説明があったりし、また本を書いた時期の時代背景と 現在の登山道と比べたり
何度読んでも 味わい深い本です。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yamaya88 トップ500レビュアー 投稿日 2015/7/28
形式: 文庫 Amazonで購入
登山をやるなら読んだことはなくとも誰でも耳にしたことがある本です。最初から読むのではなく、文庫なので百名山にテント泊する際はもって行って登ってる山の部分をテントの中や外でコーヒーを飲みながら読んでいます。やはり山で読むとその山を選んだ筆者の想いが描かれていて気持ちが入ります。
百名山に漏れた山のことも書いてあるのも興味深い。何度読んでも山に行ったらまた読み返して楽しめる本です。
Kindleで出てくれると山でもケータイから読めるので便利なのですが、、、
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック