通常6~10日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Ever Free が販売、発送します。
¥5,280 + 配送料無料
+ ¥300 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■全品簡易クリーニング済み。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。■通常、ご注文から2~3日以内には発送させていただいておりますが商品によっては3~5日程度お時間を頂く場合も御座います。■極力状態の良いものを扱っておりますが中古品につき経年相応のイタミがある場合がございます。ご理解頂いた上でご購入ください。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属せず、初回特典やプロダクトコードは使用済みとお考えください。 ■極力お安く提供できるよう作業の簡素化と、在庫倉庫にスタッフ常駐ではございません故、商品個別のお問合わせにはお答えできかねますことをご了承くださいませ。■店舗併売品につき店頭在庫切れの場合はキャンセル扱いになります。■日時指定やお急ぎ便は対応外です。お急ぎの場合はPrimeにてご購入ください。■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

日本発の「世界」思想 〔哲学/公共/外交〕 (日本語) 単行本 – 2017/1/25

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/25
¥5,280
¥5,280 ¥1,549
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Cyber Monday (サイバーマンデー)
今年最後のビッグセール、サイバーマンデー開催中。12月9日(月)まで。
今すぐチェック。

商品の説明

内容紹介

日本はいかなる哲学をもって、いかなる国家を作り、諸外国と関われるか。
中国の巨大な影が兆し、米国の影が薄れ、日米同盟への盲目的依存では立ちゆかない今、「日本という場所」から発信し、世界に問えるものはあるのか!?
国際的な執筆陣を揃え、〈無からの包摂〉としての哲学、〈間(あわい)〉としての国家論・公共、〈和(やわらぎ)〉としての外交、という根―幹―枝の構想で呈示する。

-----

序章 本書はいかにして書かれたか 東郷和彦

第一部 無からの包摂――「世界」問題
〈問題提起〉「世界」問題と「日本的霊性」 森哲郎
第一章 問題としての世界 秋富克哉
第二章 絶対無と世界的世界 ロルフ・エルバーフェルト
第三章 西田哲学の世界性 氣多雅子
第四章 「主体」から「場所」へ 森哲郎
第五章 自由な賓主互換 ブレット・デービス
第六章 比較思想と普遍思想 福井一光
〈コラム〉文学によるニヒリズムの主題化 川合全弘

第二部 〈間(あわい)〉としての公共
〈問題提起〉主客二分論を超えて 中谷真憲
第一章 〈第三の生命〉論 小倉紀蔵
第二章 西田幾多郎そして鈴木大拙との対話・共働・開新 金泰昌
第三章 産官学民連携による公共性の創造 中谷真憲
第四章 世界的経済循環における中国内生的経済循環 岑智偉
第五章 持続可能な地域実現と日中環境協力 焦従勉
〈コラム〉ナショナリズムからソフトパワーへ 植村和秀

第三部 〈和(やわらぎ)〉としての外交
〈問題提起〉「哲学」から〈和〉としての外交へ 東郷和彦
第一章 現代国際政治の思想的背景 中西寛
第二章 力の対立と文明の相克 東郷和彦滝田豪
第三章 日中関係の深層を探る 王敏
第四章 地理、文明、そして日韓関係 ロー・ダニエル
第五章 アメリカ外交における理念と力 高原秀介
〈コラム〉IS問題と国家崩壊 北澤義之

終章 無、間、和――日本の思想の問いかけるもの 中谷真憲

出版社からのコメント

◎第一の層は、分析の「根」にあたる部分であり、日本が、これからよって立っていくべき国家・民族・市民社会の根源を形造る「アイデンティティ」とは何かという、哲学・思想・宗教の分析を基本とする文明論である。
◎第二の層は、「幹」にあたる国家目標そのものであり、日本の一番よいもの、すなわち、日本の自然と伝統を生かし、その上に、技術を最大限に発展させ、新しい公共を分かち合う、人間を大切にした共同体形成を核心とすべきと考えている。
◎第三の層は、「枝」にあたる外交政策の部分である。基本的安全保障と防衛政策、対中国・米国政策、それ以外の対欧州、ロシア、その他のアジア諸国への対応、地域共同体のありかた、グローバル化の下で提起されるあらゆる問題にどう対応すべきかなどの問題に解を与えていかねばならない。
(本文より)


登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 藤原書店 (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865781072
  • ISBN-13: 978-4865781076
  • 発売日: 2017/1/25
  • 梱包サイズ: 22 x 16 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 614,694位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2017年4月21日
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月7日
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告