¥ 3,996
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本甲冑史〈下巻〉戦国時代から江戸時代 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本甲冑史〈下巻〉戦国時代から江戸時代 大型本 – 2009/3/1

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 3,996
¥ 3,996 ¥ 2,200
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本甲冑史〈下巻〉戦国時代から江戸時代
  • +
  • 日本甲冑史〈上巻〉弥生時代から室町時代
  • +
  • すぐわかる日本の甲冑・武具
総額: ¥9,936
ポイントの合計: 299pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中西/立太
平成21年1月11日永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 大型本: 96ページ
  • 出版社: 大日本絵画 (2009/3/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4499229561
  • ISBN-13: 978-4499229562
  • 発売日: 2009/3/1
  • 梱包サイズ: 25.6 x 25 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 443,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
上下で古代から幕末までの甲冑史を概観する本だが 1.多彩な図版がきれい 2.装着法も書かれている 3.戦闘の有様もある程度書かれている。 4.英文解説もある などが良い点。著者がお亡くなりになったのは非常に残念!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/4/8
形式: 大型本
イラストで戦国時代から江戸時代までの甲冑を描いたという労作です。上巻が弥生時代から室町時代を描いており、その続編にあたります。どのページも初めて見るような興味深い甲冑の姿ですので、これからイラストや歴史劇を作成する際の参考資料として貴重な出版になるものだと思いました。

室町時代は具足と呼ばれ、戦国時代には当世具足と呼ばれるようになったそうですが、足軽などのイメージはこれでつかめました。
10ページの見開きでは、武田信玄、伊達政宗、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、前田利家などの戦国武将の軍装を紹介しています。各遺品から再現されたようですが、これは興味深いイラストでした。

足軽の具足着装順序、当世具足の着装順序、直垂から具足下へなどを紹介した後、川中島の激闘の武田信玄と上杉謙信の闘う姿を再現してありました。もっと興味を覚えたのは、武田信玄と上杉謙信のそれぞれの野戦用本陣の復元図の掲載でした。大河ドラマでもそのあたりは必ずしも忠実には示してありませんので、本書の復元図はこれから多くの人の参考にされる図でしょう。信玄の軍陣も紹介してあり、少し後に鉄砲が加わりますが、ほとんど幕末までこのような編成であったということです。

兜の変化として、鳥帽子形と冠形兜、変わり兜の登場などの紹介の後、 旗指物や戦国大名家の馬標、旗指物
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
作画資料として購入しましたが、細部の金具だったり、取り付け部分だったりのイラストが雑すぎて、構造が全然わかりません。
知識や情報は確かだと思いますが、その情報をもとにググる必要があります。
ちょっと資料としては、なかなか使いづらいです。

図鑑や参考書としては、なかなかの情報量なので買う価値はあると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告