¥ 19,440
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本産幼虫図鑑 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本産幼虫図鑑 大型本 – 2005/9/27

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 19,440
¥ 19,440 ¥ 18,741

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本産幼虫図鑑
  • +
  • イモムシハンドブック 3
総額: ¥20,952
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

蛾、蝶、トンボなど目に限られた専門家向けのカラーの幼虫図鑑はあるが、昆虫を全般的にカラー写真で取り上げた日本の幼虫図鑑はない。昆虫全般にわたって目につく種類をできるだけ取り上げ、その生態をも随所に紹介する、日本で初めての図鑑。

内容(「BOOK」データベースより)

この図鑑では、野外でよくみかける昆虫の幼虫の形態や色、習性や生態、分布などをカラー写真と解説文で紹介した。全体は分類にしたがって昆虫をグループ分けし、目や亜目、科などのグループごとの幼虫の特徴や生活史、生態や行動を紹介する概説ページと、各グループの種(一部は属・亜属)ごとに紹介する図鑑ページで構成した。また、巻末には和名さくいん、学名さくいんに加え、学名・和名対照一覧をつけた。


登録情報

  • 大型本: 336ページ
  • 出版社: 学習研究社 (2005/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054023703
  • ISBN-13: 978-4054023703
  • 発売日: 2005/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 30.8 x 22.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 753,694位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 吶喊尖兵 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/12/29
形式: 大型本 Amazonで購入
実用性はそこそこ高いと言える、
理由は比較的目にしやすい昆虫をメインに据えており、
目にしにくい種類は除外してあるからだ、
そのため鱗翅目は多数掲載されているが、
種類数では鱗翅目を遙かに凌駕する鞘翅目は、
その種類数にもかかわらず、目に付きにくい場合が多いため掲載種は極端に少ない、
実用面に割り切ったと言えばそれまでなのだが、
日本産昆虫を幅広く網羅しようとしているため、
各種の専門性に乏しく、例えばよく見かける蛾の幼虫のみに絞って言ってしまうと、
専門を絞った原色日本蛾類幼虫図鑑などには一歩どころか二歩も三歩も遅れをとってしまうのは否めない、
範囲を広げすぎたが故に、ターゲットを絞りきれず散漫な印象になり、
結果半端な図鑑になっているのが惜しい。

また類似種の判別の際のヒントなども殆ど記載されておらず、
専門的な実用性となると残念ながらそれほど高いとは言えない、
鱗翅目の幼虫のような外見上の特徴が目立つ物であればよいが、
カミキリムシの幼虫のような、種類による外見上の差異が少ない種になると
殆ど使い物にならないだろう、
蛹の写真も載っていたり載っていなかったりと、
本全体の統一感にも欠ける
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
確かに高価な本です。

だけれど、ちゃんとそれだけの内容があります。

専門的な虫の図鑑となると細分化してしまって、やれカメムシは、とかチョウは、とか別々になってしまいます。

その点この本は、全ての種が載っている訳ではないけれど(そんなことをしたら、膨大になりすぎる!)、

ここら辺ははずせない、というものはだいたい載っているので、大したものです。

オオニジュウヤホシテントウや、ヒョウモンチョウや、アカスジキンカメムシなど、

なかなか特色のある幼虫が何なのか分かったときなど、なかなか嬉しくなります。

身近な虫に興味のある人には、おすすめです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
意外と幼虫がちゃんと載ってる図鑑って少ないのです。
そりゃ、学者向けの本はあるのかもしれませんが、
趣味程度なのでね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
見てる分には楽しいがあまり役に立たない。
高額ゆえに尚更そう感じる。
分類による偏りはある程度仕方ないと思うが
科レベルではなく亜科できれば族・属レベルで
出来るだけ網羅して欲しかった。
同属のものがいくらあっても形態的に差異が
あまりないもの写真と簡素な解説の図鑑で
載せてもあまり意味がない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告