通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモ... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモノづくり戦略 単行本 – 2016/4/28

5つ星のうち 3.2 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモノづくり戦略
  • +
  • リーダーシップの旅  見えないものを見る (光文社新書)
総額: ¥2,786
ポイントの合計: 65pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

本質は工場のロボット化じゃない!
300以上の国内外の製造業改革プロジェクトを手掛け
ドイツの現場を調査したプロが解き明かす
日本製造業に合わせたインダストリー4.0導入術

ドイツと米国が火をつけた第4次産業革命。本書では、インダストリー4.0の概念論ではなく、ドイツの現地調査を通して、日本製造業に合わせた具体的な導入論を展開。IoTとインダストリー4.0の本質を見極め、「儲かる製造業」になるための具体的な戦略と導入のポイントをわかりやすく解説します。大企業から地方の町工場まで、すべてのモノづくり企業に生き残りの指針を示す1冊です。

【儲かる製造業になるための教科書です】
■インダストリー4.0の本質をわかりやすく解説。
■日本製造業の事情に合わせた導入術を解説。
■「儲かる日本モノづくり」実現の戦略を解説。
■ドイツの戦略と米国の戦略の特徴を解説。
■中小製造業が生き残るための実践方法を解説。
■日本モノづくりの産業別の留意点を解説。

出版社からのコメント

◆「はじめに」より抜粋

愕然とせざるを得なかった。最近、ドイツの製造現場を視察してきたという日本の製造業関係者が口々に語る言葉に、である。曰く、「ドイツの工場は、思っていたよりもたいしたことがないな」。

だが、2015年10月にドイツを訪問し、BMWやダイムラー、シーメンス、ボッシュといった大企業、そして製造業関連団体や政府関係機関の取り組みを視察・調査した私の見立ては全く違う。「このままでは、日本のモノづくりはドイツに追い抜かれてしまう」これが率直な感想だ。

日本の製造業の人々は、いわゆる「カイゼン」のツールとしてインダストリー4.0を捉えている節がある。工場の自動化・ロボット化による生産性の向上こそがインダストリー4.0なのだと。だから、ドイツ企業が導入している機械や設備、工程の状態などを点検し、日本の自社の工場と比べ、自らの現場より劣っている点をつぶさに指摘するのだ。

しかし、実はその部分は本質的な問題ではない。大切なことは、ドイツがモノづくりの「グローバル・ハイウエー」の創り出そうとしているという事実である。それを支えるのが、インダストリー4.0のキーワードの一つ、「IoT(モノのインターネット)」だ。

今や、ドイツにおけるインターネット4.0の議論は、IT(情報技術)の進化を背景に当初よりも先を見据えたものに変貌しており、生産性の向上は一つの側面でしかない。製造現場のさまざまなモノがインターネットに接続され、設計情報、顧客要求情報、要素技術情報、サプライヤー情報といったさまざまな情報が組織間・産業間の壁を越えて行き交う。この新しいモノづくりの情報サイクルがグローバル・ハイウエーの姿で、インダストリー4.0の本質部分である。

インダストリー4.0とIoTの本質を理解しなければ、日本は世界の変化に乗り遅れてしまう。世界がIoTを駆使してモノづくりのグローバル・ハイウエーを創出しようとしているのに、日本の企業はその道に乗ることすらできない。そうなれば、日本はかつてのガラケー(日本独自の携帯電話仕様)のように、モノづくりのガラパゴス状態になってしまうのではないだろうか。

第4次産業革命の影響が及ぶ範囲は、大企業だけではない。グローバル・ハイウエーの環境を整えることによって、同じプラットフォームの上で中小企業も「私たちはこういうことができます。こんな部品、素材を提供できます」と世界に向けて発信できるようになる。つまり、「日本版インダストリー4.0」を構築する取り組みは、中小企業にとって「製造外注」から「設計外注」に脱皮し、世界に打って出る好機となり得る。

インダストリー4.0やIoTの重要なエッセンスを理解して、それを日本のモノづくりにどう適用すべきか。そして、いかに戦略をつくるか。その「実践的な教科書」として本書を執筆した。この嵐ともいうべき変革の波に乗れなければ、日本の未来はない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日経BP; 1版 (2016/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482223987X
  • ISBN-13: 978-4822239879
  • 発売日: 2016/4/28
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 106,322位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

15件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

15件中1 - 8件目のレビューを表示

2016年5月13日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年3月25日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月1日
形式: Kindle版Amazonで購入
2016年5月9日
形式: 単行本Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年12月28日
形式: Kindle版Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年5月1日
形式: 単行本Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月30日
形式: Kindle版Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年2月1日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告