通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆帯付です。カバーに少しヨレ、シミ、天、小口、地にスレ、シミ、本文数ページに少し端ヨレございますが、本文に書き込みなくきれいな状態で良好です。表紙アルコール除菌の上、クリスタルパック(防水)包装済みです。領収証発行も対応しております。お気軽にご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモノづくり戦略 単行本 – 2016/4/28

5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,108

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本版インダストリー4.0の教科書 IoT時代のモノづくり戦略
  • +
  • 勝者のIoT戦略
  • +
  • 2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 163pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本質は工場のロボット化じゃない!
300以上の国内外の製造業改革プロジェクトを手掛け
ドイツの現場を調査したプロが解き明かす
日本製造業に合わせたインダストリー4.0導入術

ドイツと米国が火をつけた第4次産業革命。本書では、インダストリー4.0の概念論ではなく、ドイツの現地調査を通して、日本製造業に合わせた具体的な導入論を展開。IoTとインダストリー4.0の本質を見極め、「儲かる製造業」になるための具体的な戦略と導入のポイントをわかりやすく解説します。大企業から地方の町工場まで、すべてのモノづくり企業に生き残りの指針を示す1冊です。

【儲かる製造業になるための教科書です】
■インダストリー4.0の本質をわかりやすく解説。
■日本製造業の事情に合わせた導入術を解説。
■「儲かる日本モノづくり」実現の戦略を解説。
■ドイツの戦略と米国の戦略の特徴を解説。
■中小製造業が生き残るための実践方法を解説。
■日本モノづくりの産業別の留意点を解説。

出版社からのコメント

◆「はじめに」より抜粋

愕然とせざるを得なかった。最近、ドイツの製造現場を視察してきたという日本の製造業関係者が口々に語る言葉に、である。曰く、「ドイツの工場は、思っていたよりもたいしたことがないな」。

だが、2015年10月にドイツを訪問し、BMWやダイムラー、シーメンス、ボッシュといった大企業、そして製造業関連団体や政府関係機関の取り組みを視察・調査した私の見立ては全く違う。「このままでは、日本のモノづくりはドイツに追い抜かれてしまう」これが率直な感想だ。

日本の製造業の人々は、いわゆる「カイゼン」のツールとしてインダストリー4.0を捉えている節がある。工場の自動化・ロボット化による生産性の向上こそがインダストリー4.0なのだと。だから、ドイツ企業が導入している機械や設備、工程の状態などを点検し、日本の自社の工場と比べ、自らの現場より劣っている点をつぶさに指摘するのだ。

しかし、実はその部分は本質的な問題ではない。大切なことは、ドイツがモノづくりの「グローバル・ハイウエー」の創り出そうとしているという事実である。それを支えるのが、インダストリー4.0のキーワードの一つ、「IoT(モノのインターネット)」だ。

今や、ドイツにおけるインターネット4.0の議論は、IT(情報技術)の進化を背景に当初よりも先を見据えたものに変貌しており、生産性の向上は一つの側面でしかない。製造現場のさまざまなモノがインターネットに接続され、設計情報、顧客要求情報、要素技術情報、サプライヤー情報といったさまざまな情報が組織間・産業間の壁を越えて行き交う。この新しいモノづくりの情報サイクルがグローバル・ハイウエーの姿で、インダストリー4.0の本質部分である。

インダストリー4.0とIoTの本質を理解しなければ、日本は世界の変化に乗り遅れてしまう。世界がIoTを駆使してモノづくりのグローバル・ハイウエーを創出しようとしているのに、日本の企業はその道に乗ることすらできない。そうなれば、日本はかつてのガラケー(日本独自の携帯電話仕様)のように、モノづくりのガラパゴス状態になってしまうのではないだろうか。

第4次産業革命の影響が及ぶ範囲は、大企業だけではない。グローバル・ハイウエーの環境を整えることによって、同じプラットフォームの上で中小企業も「私たちはこういうことができます。こんな部品、素材を提供できます」と世界に向けて発信できるようになる。つまり、「日本版インダストリー4.0」を構築する取り組みは、中小企業にとって「製造外注」から「設計外注」に脱皮し、世界に打って出る好機となり得る。

インダストリー4.0やIoTの重要なエッセンスを理解して、それを日本のモノづくりにどう適用すべきか。そして、いかに戦略をつくるか。その「実践的な教科書」として本書を執筆した。この嵐ともいうべき変革の波に乗れなければ、日本の未来はない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日経BP社; 1版 (2016/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482223987X
  • ISBN-13: 978-4822239879
  • 発売日: 2016/4/28
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,438位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
これまでインダストリー4.0の概要説明や紹介を行う書籍、記事は数多くでてきたが、本書はそれらとは一線を画している。
著者は日本の製造業が現在置かれている状況を認識した上で、今後各レイヤーの製造関連メーカー・業者が進むべき具体的な道筋を示している。
山田氏は現在参議院議員だが、以前はPTCの米国本社副社長も務めた人物。
本書は具体的な提案が多いため、「政治家」というよりも「実務家」としての山田氏の経験とドイツの生産現場を自らの目で見て思考したものであると感じた。
本文中で使われているチャートは引用が少なく、ほぼ著者独自作成のものであって非常に示唆深いものばかりであった事がそれを裏付けている。
故に本書は「インダストリー4.0って何?」というレベルの人にはお勧めしない。特に後半のⅣ章、Ⅴ章は実務的な内容が多いので、おそらくチンプンカンプンだろうと思う。もしかすると読者の「当事者」としての経験や思考レベルが浅い場合は、「コンサル上がりの議員が理想論語ってる」との印象を持つかもしれない。よって本書は、実務で最前線にいるミドルマネージメントからアッパーマネジメントに薦めたい。きっと大きな示唆を与えてくれると思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ドイツindustrie 4.0を視察された話だけではなく、日本における産業別の適用、目的別BOMとの連携など、現場を知り尽くしている山田さんだからこその視点がもりだくさん。
ロボットだ、自動化だ、センサーだと論ざれることが多い昨今ですが、一方で、スペックデータを軸にしたマネジメントの重要性を再認識させてもらいました。
大企業から中小企業まで、規模の大小に関わらず、モノづくりにかかわる方にオススメです
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「シーメンスの工場」「ハーレーダビッドソンの工場」などの実例を聞き飽きた人には最適。
実際に日本の製造業が選択すべき方向性や、課題を明示していてまさに教科書になっている。
特に著者自身が製造業向けコンサル企業を経営していたこともあり、
非常に現場に即した問題提起がされており、製造業の経営にかかわる人に適している。
逆に「インダストリー4.0について何も知らないから勉強したい」という人には向かない。

現役参議院議員だけあって、政治家視点(法整備など)にも触れられているが、
実際に著者自身がドイツで見聞きした情報や独自のネットワークで収集した情報を背景に見解が述べられており、
よくセミナーなどである「公知の情報の寄せ集め」とは一線を画している。
「日本版インダストリー4.0を実現させるためには?」という背骨が全くぶれずに構成されており、
実務が全く分からない人には多少難しい所もあると思うが、平易な言葉が選ばれており、見やすく読み応えがある。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
第一章のとくに前半、ドイツ「インダストリー4.0」がなぜ日本企業にとっても重要なのか?ところがなぜ日本企業にはその重要性が理解されていないのか?をきわめて明快に指摘している点が秀逸。「インダストリー4.0」について語った本は一通り読んでいるが、この点を正しく解説しているのは本書が初めてであるように思う。
後半は著者の十八番であるPLM視点からのアプローチが解説されており(PLMが唯一の解決策であるかのように描かれているきらいはあるが)、これもまた「インダストリー4.0を正しく実践するための教科書」として一読の価値がある。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
インダストリー4.0という第四次産業革命の世界の潮流に、日本としてどんな発送が必要か、日本が生き残るためにはどんな戦略が大切か、知りたいkと、知るべきことが、見つけられる一冊だったと思う。読んで損になることは無いと思うので日本が生き残るために日本で仕事をされる方には一読して頂きたいと思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
出だしは、確かに的を得ているが、悲しいかな文系の作者の限界か
たまたま無知な企業ばかりをコンサルしたのか

第Ⅳ章を以降、現実の企業を見たことがないのか、コンサルタント独特の
理想論に走っている。raspberrypiもadruino,picもご存じないようで、
10年以上前の企業コンサルの知識で書いている。

あまりに内容が古すぎる、、、

IOTを全く知らない方には、系統的まとめられているのでお勧めであるが
10年以上前の世界であるのを前提に読んでいただきたい

文章はよくまとまっており、スタッフに最新の企業を知っているSEなりを
探したらどうでしょうか  おしいい。。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー