この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本海軍、錨揚ゲ! (PHP文庫) 文庫 – 2005/8/2

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

21世紀の現代にいたるも、多くのファンを惹きつけてやまない日本海軍の魅力とは、一体どこにあるのか?▼本書では、元海軍大尉で『山本五十六』『軍艦長門の生涯』『暗い波涛』など、海軍をテーマにした名作を多数もつ阿川氏と、戦史研究の第一人者であり、自ら「歴史探偵」を称する半藤氏が、お互いの愛してやまない日本海軍の魅力について、思う存分語り尽くす。▼軍艦の話、提督たちについての人物評、海軍の生活や用語にまつわる面白話、実際に戦った当事者たちから聞いた戦史のウラ話……などなど、ファンにはこたえられない顔合わせと内容で満ち溢れた、必読の海軍対談である。▼「空前絶後の巨大戦艦・『大和』と『武蔵』」「陸軍が嫌いだから海軍を志願しました!」「井上成美と一緒に酒は飲みたくない」「海軍用語のバカバカしいほどの面白さ楽しさ」「下級指揮官に多かった真の武人」など、26話を収録。▼在りし日の日本海軍の臨場感が味わえる本。

内容(「BOOK」データベースより)

現代でも多くのファンを惹きつけてやまない日本海軍の魅力とは、一体どこにあるのか?本書では、元海軍大尉で『山本五十六』『暗い波濤』など、海軍をテーマにした名作をもつ阿川氏と、戦史研究家であり、自ら「歴史探偵」を称する半藤氏が、日本海軍を語り尽くす。「海軍用語のバカバカしいほどの面白さ楽しさ」「下級指揮官に多かった真の武人」など、26話を収録。日本海軍の臨場感が味わえる一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 229ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2005/8/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569664253
  • ISBN-13: 978-4569664255
  • 発売日: 2005/8/2
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 444,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 この本は読んでいてさわやかで、広い海の上を軍艦に乗って走るような爽快感を、味わうことができる。
 阿川弘之が海軍予備学生の試験を受けたとき、「なぜ海軍を志願したか」と聞かれた。思わず「はい、陸軍が嫌いだからであります」と答え、その瞬間自分でヒヤッとしたという。しかし試験官の方は3人ともニヤッとした。「それで通ったわけでもないだろうけど」という話が出てくる。
 海軍は「スマートで目先がきいて几帳面、負けじ魂、これぞ船乗り」というように、スマートさが売り物。地べたを這い回る陸軍を軽蔑し、かつ嫌った。
 海軍のしゃれっ気を示すのは、本書の中に出てくる海軍大学の有名な試験問題。「ここに菓子が6個あって、サルが5匹いる。この菓子に手をふれずに5匹のサルに平等に分けるにはどうしたらいいか」。答えは「むつかしごザル」という駄じゃれだが、本当か嘘か、頭脳の柔軟性をためす問題だそうである。もうひとつ頭の柔らかさと良さを同時に見る数学の問題が話の中に出てくる。「3を3回使って0から10までの数をつくれ。あらゆる記号を使ってよい」
 たとえば9は、3+3+3=9とすればよい。その他の数字については、皆さん自分でやってみてください。答えを知りたい人は、この本を買わねばなりませんが、価格分の価値はあります。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
半藤さんと阿川さんは、薩長が国をつくり、そして滅ぼしたといいます。
開戦をはじめたのが明治維新で官軍といわれた西軍(薩長を中心とする陸軍)、戦争に反対したのが賊軍といわれた東軍(盛岡米内、仙台井上らの海軍)という見方です。

国を思う東軍の人として、柴五郎(会津出身)の話も出ます。「ある明治人の記録」(石光真人)。コロネル柴は、たしか浅田次郎の小説でも、陸軍のなかでも高潔な将校として描かれていました。

日本海海戦で「バルチック艦隊は必ず対馬海峡を通る」と断言した東郷さんの神話も、実は通説とは違う一面があったようで興味深かったです。必ずしも泰然自若という様でもなっかったようですね。その裏には藤井較一と島村速雄という2人の参謀の進言があり、藤井はこのことを、日本海海戦の研究をやるときにはきちんと後世に教えるようにと、親しい部下だった松村龍雄中将(日本海海戦時の「三笠」副長)に手紙を書いたそうです。

海軍びいきの話ではありますが、極限の状態で意思決定を行ったのであろう誇り高き軍人たちの逸話には、心が動かされます。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 帝国海軍がいかに戦い、如何に滅んでいったのか、阿川氏、半藤氏の軽妙なやり取りの中にほのぼのと

漂っているものは、寂寞か、諦念か。

 かなりの無念さも入っているようだ。

 大体、対談というものは読んでいて面白い物ではないが、この対談は数少ない成功例の一つと言えるだろう。

 錚々たる提督たちを一介の士官だった阿川氏と当時中学生だった半藤氏があるいは賞賛し、あるいは

切って捨てる。

 その月旦が明快だ。

 既に鬼籍に入っていらっしゃる皆さまに現実に会っておられるお二人の人物評は今となっては大変貴重だ。

 いわゆる大本営発表のイイカゲンさについても、半藤氏は実際に「大本営発表では、駆逐艦は33隻喪失、

実際は131隻喪失、‥」「一方、アメリカの空母は97隻撃沈、実際は10隻‥」などと数値を挙げて

述べておられる。

 ウン、こりゃ確かに負けるヮ、と私も思う‥。

 情緒的な話に終始していないところがいい。

 後の方に載っている、戦後すぐの11月の帝国議会での最後の陸軍大臣・下村定大将の発言がまたいい。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今ではこういう話が出来る人もほとんどいないでしょう。もっと沢山話を聞いてれば
良かったと思うはずです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック