通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本流イノベーション―――日本企業の特性を活かす成... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 当店は広島県古書籍組合加盟店です。クリーニングしてお届け。帯付き、表紙に若干の使用感はありますが本体はおおむね良好のコンディションです。商品の保管、発送はAmazon配送センターより365日迅速に発送されます。管理ラベルは剥がしやすいタイプを使用しておりますのでご安心ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本流イノベーション―――日本企業の特性を活かす成功方程式 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/20

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 510
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本流イノベーション―――日本企業の特性を活かす成功方程式
  • +
  • シェアリングエコノミー
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

IoT、AI、シェアリングエコノミーなど革新的なビジネスモデルの台頭により激変する世界のビジネス。ハードウエアの価値が激減し、第二次産業が衰退し、大量生産/大量消費ビジネスが終焉する。変革していく社会の中で日本企業はいかにしてイノベーションを起こすべきか。課題先進国日本を救うイノベーションの教科書。

内容(「BOOK」データベースより)

課題先進国ニッポンを救うイノベーションの教科書!イノベーター経営者・吉村慎吾第2弾登場!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 264ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2017/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478084041
  • ISBN-13: 978-4478084045
  • 発売日: 2017/1/20
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 111,743位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
吉村さんの会社(ワークハピネス)の組織変革セミナーに興味があり、本書を手に取りました。

すると、イノベーションに関する事例が豊富で、目からうろこでした。
イノベーションは、「技術革新」ではなく、「革新的な価値の開発」ということ。
欲しいのはハードではなく、ソリューション。
ハードは新たにつくらず、まずはこの世に出回っているハードを活用する。
イノベーションが起こりにくい日本において、それを生み出す鍵は、まずは「強い使命感」。
これは、ワークハピネスのワークショップにも応用されているようです。

イノベーションと組織変革が連動している、このワークショップにますます参加したくなった。
でも高そう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
前作「イノベーターズ革新的価値創造者たち」も読みましたが、明らかにこちらの方が読み応えがあります。
年齢とともに感度が鈍ってしまっているいる自分に、第四次産業革命はいずれ起こる事では無く、既に始まっている事として喝を頂きました。

付加価値創造のスマイルカーブで、ハードウエアの価値の低下により、高付加価値を生む領域が業務プロセスの最初の段階(企画・プランニング)と最後の段階(アフターサービス・コンサルティング)に収れんすると言うくだりは、抵抗感はあるものの最早認めざるを得ないのでしょう。

AIやIoTがもたらす時代の大波をどう迎えるか、心の準備と所作を身につけるための教科書です。
課題先進国ニッポン万歳!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今、世界で実際に行われているAIなどの技術の紹介と、それに対して日本がどう立ち向かうべきか…と言う事が書かれている。
そもそも第一次産業革命の覇者は、イギリスであった。
で、第二次産業革命は最初はアメリカがリードしたが、勤勉と緻密で日本が巻き返し、日本の勝利。
そうなると各国物づくりでは日本にかなわない…という事で、情報・金融関係に走り相当アメリカがリード。そうしているうちに物づくりでも日本が後塵を拝しだした…。

そんな中、日本の国民性を生かして世界とこう戦おう…と書かれているのだが…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告