中古品の出品:6¥ 12,800より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群 デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:6¥ 12,800より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 三浦友和, 竹内力, 永島敏行, 南果歩
  • 監督: 大林宣彦
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パイオニアLDC
  • 発売日 2001/08/24
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005MIH1
  • EAN: 4988102634919
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 190,501位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

 『転校生』『ふたり』などの名匠・大林宣彦監督が、やまさき十三&さだやす圭の人気コミック『おかしな二人』から、そのキャラクターのみを抽出し、舞台を尾道にすえるなど独自の設定などを多々施して完成させた異色作。タフな肉体と精神を持つ室田(三浦友和)と、自称“20世紀の大天才”山倉(竹内力)。室田は幼ななじみのヤクザ成田(永島敏行)を交えた妻・夕子(南果歩)の過去への嫉妬に悩み、一方山倉は彼女に亡き母の面影を重ね合わせていく…。
   永遠の女性像を求めてさまよう男たちの姿からは、映画という遙かなるものを追い求め続ける大林監督の想いともオーヴァーラップするが、大林映画に必ずあった冒頭の「A MOVIE」のタイトルが本作で終わりとなったことも含めて、彼のひとつの区切りにもなった作品と察することも可能だろう。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

やまざき十三&さだやす圭原作の漫画「おかしな2人」を大林宣彦監督が尾道を舞台に映画化。男達の友情とヒロインへの恋心、そしてヒロインを巡る闘いを描いた作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トノキングヘッズ VINE メンバー 投稿日 2007/8/28
原作のコミックは知らないのだが、きっとまるっきり違うだろうと確信させるような、個人的で独立した「想いの映画」を創ってしまった大林には、驚くと同時に感心もした。
企画から受け継いだものはタイトルと、キャラクターの元となるモデルだけのようである。
それも言ってみれば当初のメジャーな企画が壊れ、少予算に削られ、封切りさえも決まらないようになったおかげで生まれたようなものなのである。
じつはそれは、この映画に限らず「転校生」製作中などにも起こったことで、それを個人的なポジティブな動機に変えていく才能も、大林の作家としての意図せずもある独自性を生み出してきたのであろう。

そして、この映画の死の匂いはただならないほどである。といっても、演じられる劇中の話にはナンセンスとユーモアが縞模様のように繰り返されるにもかかわらず。
それはまるで衰弱していく病人の、または死んでいった者のなつかしい回顧の想いのようである。

小さな映画館で、数えるほどしかいない観客のなかでぼくは観ていて、商業的な可能性を犠牲にした贅沢さの矛盾のなかで、この映画を深く堪能し、この映画の悲しみに不可思議に共感しながら、涙を流して観たひとりだった。死者を見送るように・・。

このあまり知られていない一本は、とても好きなのに人に薦
...続きを読む ›
1 コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一番好きな大林監督の作品の1つです。尾道の風景と映画のストーリーが良くマッチしていて、大林流のユーモアとノスタルジックで、人の哀しさ、優しさ、美しさを見事に表現した作品です。室田演じる三浦友和、山倉演じる竹内力、成田演じる永島敏行の3人の男の心象風景が見事に表現されていて胸に熱いものを感じさせてくれます。そして夕子演じる南果歩の演技がとても美しくGOODです。夕日を見ながら「僕の夕子はどこにいるんだろう・・・」そんな気持ちにさせてくれる作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック