中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本株の逆襲―日経平均2万円超えのシナリオ 単行本 – 2004/11

5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2005年 ジャパンマネーが動き出す!
財務省・日銀が仕掛けるシナリオは、1ドル=120円、日経平均2万円。日本経済を裏側から読み解く著者渾身の一冊!

内容(「BOOK」データベースより)

財務省・日銀が仕掛けるシナリオは、1ドル=120円、日経平均2万円。日本経済を裏側から読み説く渾身の一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: かんき出版 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4761262141
  • ISBN-13: 978-4761262143
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,127,993位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
最近話題の郵政民営化、中国、ナノテクまで、時事ネタをベースとした株式投資のヒントが満載の本。財務省・日銀の暗闘と暗黙の協調関係に関する記述はさすが国会議員秘書出身だけあって、なかなか興味深いものがあったが、肝心のマネーの部分は秘密を明かさずじまい。これじゃあM資金とそんなに変わらない。ただ、金融危機が政治的な演出であることや中国経済の怪しさなど、納得する部分も多く、株式投資のシナリオを作る際のたたき台としてはおおいに役に立つだろう。ということで、一応「買い」。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
財政破綻派、ハイパーインフレ論者、通貨暴落論者に真っ向からケンカを売っている。著者は日本経済楽観派強気派の急先鋒といってもいいだろう。財務省に関する記述や日米関係に関する分析は著者が狂人か天才か両極端の評価に分かれるだろう。個人的には日本経済は1000兆円の赤字を抱えて絶望的だと考えていたので、この本を読んで正直衝撃を受けた。 著者が天動説なのか、我々がマスコミに洗脳されているのか
、何が真実なのか。財務省 日銀のこの本に対する反論を期待したい。
この本に書いてあることが真実だとすれば、日本国民は財務省日銀の手の平の上で踊らされている哀れな存在にも思える。著者に言わせれば政治家もまさに民主主義ごっこを演じる哀れなプロレスラーということか。小泉純一郎も所詮は大ペテン師だったのか。私はこの本のタイトルを「超悲観的日本経済楽観論」と名ずけたい。笑。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本については賛否がいろいろ分かれるだろう。しかし日本経済の現実を考えた時、自殺者が毎年3万人という現実と、実質国家予算250兆円といわれる日本の実態からいって著者の情報はおそらく真実だろうと思う。日本経済は絶対に破綻しないという楽観論と、全体主義で閉鎖的な国家であるという悲観論が、両論書かれている、非常に珍しく面白い本だと思う。「日本株の逆襲」
というタイトルは単なるカモフラージュだと思う。
もしかしたら財務省の役人の暴露本なのかな?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日本経済について悲観論が多い中、日本の置かれた状態、政界の仕組み、日本経済を動かしている本当の人間など、興味深い内容でワクワクしながら読めた。ノーベル経済学者のいる投資会社でさえ倒産してしまう市場でいままで損をしたことがない、とんでもなく優秀な官僚の存在については怪しい。しかし私はこの本を読んで株式投資について少し強気になってしまったのは事実であります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一日に動くといわれる世界の浮遊資金が、ちょうど作者の言うおよそ300兆円という偶然で(笑)、日銀総裁の福井氏がその日本の秘密資金?金融仕手筋の総本尊でGH9と称される官僚トップの9人がこの資金を日本株式市場を復活のために導入されるというのは小説なら面白い!
この資金が90年のバブル崩壊させ、昨今の為替の胴元であるというにいたっては笑うしかない。
その存在が証明できるものが何も示されていないのでは、フィクションとしかいえないかも?もっと説得力ある事実が併記されていれば面白いが・・
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー