中古品
¥19,900
通常配送無料 詳細
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ふわふわ書店
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 2012、第1刷、カバー、帯。カバー並。ページ部分良好です(書込みなし)。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本映画草創期の興行と観客 ― 東京と京都を中心に (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2012/3/30

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/3/30
¥19,900
¥19,900
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

20世紀初頭、人々は映画に何を求め、いかにそれを受け入れたか。観客論に視点を据え、日露戦争の影響、映画館の登場、俳優の交代など、様々な動きを織り込んで、日本映画の発展の起点を描く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上田/学
1979年生まれ。立命館大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。現職:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館助手。専門:映画史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2018年4月12日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告