¥3,080
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
日本映画は信頼できるか がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本映画は信頼できるか (日本語) 単行本 – 2017/4/28

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,080
¥3,080 ¥4,280
お届け日: 明日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

著者について

四方田犬彦(よもた いぬひこ) 1953年大阪生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学を専攻する。エッセイスト、批評家、詩人。文学と映画を中心に、多岐にわたす文化現象を論じる。元明治学院大学教授。コロンビア大学、ボローニャ大学、テルアヴィヴ大学、清華大学( 台湾) などで、客員教授、客員研究員を歴任。著書は140 冊に及ぶが、日本映画関係のものとしては『日本映画史110 年』『日本映画のラディカルな意志』『アジアのなかの日本映画』『日本映画と戦後の神話』『大島渚と日本』『日中映画論』『署名はカリガリ』などがある。『日本映画は生きている』全8 巻(岩波書店)の編著を務めた。サントリー学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞などを受けた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

四方田/犬彦
1953年大阪生まれ。東京大学で宗教学を、同大学院で比較文学を専攻する。エッセイスト、批評家、詩人。文学と映画を中心に、多岐にわたす文化現象を論じる。元明治学院大学教授。コロンビア大学、ボローニャ大学、テルアヴィヴ大学、清華大学(台湾)などで、客員教授、客員研究員を歴任。サントリー学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞などを受けた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 現代思潮新社 (2017/4/28)
  • 発売日 : 2017/4/28
  • 言語: : 日本語
  • 単行本 : 268ページ
  • ISBN-10 : 4329100061
  • ISBN-13 : 978-4329100061
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
1 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2017年7月15日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告