ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送 5月28日 土曜日詳細を見る
または お届け日時指定便 最も早いお届け日 配送 明日 8:00 - 12:00の間にお届け 13 時間 25 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
残り1点(入荷予定あり)
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
日本映画について私が学んだ二、三の事柄〈1〉―映画... がカートに入りました
配送料 ¥310 5月 29日-6月 1日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 2015年10月15日第1刷発行★帯なし★カバーには多少のスレ等がありますが背やけもなくきれいです★本体裁断面には特に問題なし★中味は全体的に多少の黄ばみ(元々の紙質も関係有り)がありますが、特に問題無し★表示定価1400円+税★★以上の点をご了解の上、お申込みお願いいたします★
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

日本映画について私が学んだ二、三の事柄〈1〉―映画的な、あまりに映画的な (ワイズ出版映画文庫) 文庫 – 2015/10/1

5つ星のうち5.0 2個の評価

価格
新品 中古品
文庫, 2015/10/1
¥1,540
¥1,540 ¥1,071

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 日本映画について私が学んだ二、三の事柄〈1〉―映画的な、あまりに映画的な (ワイズ出版映画文庫)
  • +
  • 映画的な、あまりに映画的な日本映画について私が学んだ二、三の事柄〈2〉 (ワイズ出版映画文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「山田宏一の日本映画誌」全面改稿!巨匠からプログラム・ピクチャーまで、寅さんからロマンポルノまで、ドキュメンタリーから自主映画まで、日本映画の面白さをとことん語った、映画評論家・山田宏一の日本映画論集成。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山田/宏一
1938年、ジャカルタ生まれ。映画評論家。東京外国語大学フランス語科卒。1964~1967年パリ在住、その間「カイエ・デュ・シネマ」誌同人。著書に「トリュフォー ある映画的人生」(第1回Bunkamuraドゥマゴ文学賞、平凡社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ワイズ出版 (2015/10/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2015/10/1
  • 文庫 ‏ : ‎ 517ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4898302955
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4898302958
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2015年12月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する