通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本映画、崩壊―邦画バブルはこうして終わる がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。中古品ですので表紙にスレなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて発送いたします。店舗併売のため、売り切れの際はご了承くださいませ。 362734
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本映画、崩壊―邦画バブルはこうして終わる 単行本 – 2007/9/29

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543
¥ 1,543 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本映画、崩壊―邦画バブルはこうして終わる
  • +
  • 「踊る大捜査線」は日本映画の何を変えたのか (幻冬舎新書)
総額: ¥2,407
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

シネコンの台頭、テレビ局の市場介入、映画ファンドの闇、制作委員会の功罪、原作
権を振りかざす出版社、提灯持ちの映画ライター……映画誌&映画業界紙が書けない、
映画評論家&ライターも知らない、バブルに浮かれる日本の映画業界のすべての真実
がここに! 気鋭の映画ジャーナリスト・斉藤守彦による渾身のリポートと映画産業
への提言書。

内容(「BOOK」データベースより)

シネコンの台頭、テレビ局の市場介入、映画ファンドの闇、製作委員会の功罪、原作に奢る出版社、提灯持ちライター…映画誌&映画業界紙が書けない、映画評論家&ライターも知らない、これが、現在の日本の映画業界のすべてだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 261ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2007/9/29)
  • ISBN-10: 4478001324
  • ISBN-13: 978-4478001325
  • 発売日: 2007/9/29
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 594,991位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sight 投稿日 2008/4/26
形式: 単行本
ジャーナリストによる日本映画の現状分析という感じですから、
詳細な議論がある訳ではありません。
しかし実際、これから日本映画の崩壊は始まるだろうと言うことを
日々感じる最近、ますます貴重な本に思えてきます。
もちろん著者の主観に偏った面もなくはありませんが、
しかしその主観も、映画界におもねらない著者ならではの視点に貫かれ、
言いにくい事も書かれているように思います。
一言でまとめれば、日本映画の怠惰さを批判した本ですが、著者派もちろん復興の
希望を捨ててはいません。しかしその警鐘は現実味を帯びている今、読まれるべきと思えます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yxy9011 VINE メンバー 投稿日 2007/10/4
形式: 単行本
雑誌TV STATIONのWEB SITEに概略が掲載されていますが、
それを読めば書籍は読む必要はありません。
基本的には、公式に発表されている資料を基に著者の見解が披露されているだけで
途中紹介される「こんなことがあった」的な記述もすべて匿名なため事実かどうか疑わしく、
ものの見方が一方的に感じられるところがあります。
著者の見解を元にした関係各社への取材などがあればもっと面白い本になったと思います。
映画ライターとしての著者の私怨的なエピソードがそこかしこに見られる点が少し残念。

映画秘宝2007年12月号の書評によると、
このレビューは知ったかぶりレビューということだそうですw
映画秘宝の書評をされた方によると、この書籍は映画評論家のタブーを破った画期的な書で
「本として書くことが出来る限界を表現している」とのこと。
実は凄い本?!
まぁ、この本に書かれてる分析程度は、大手掲示板で普通に行われてます。
ルポとして成立させるためには、素人の感想に根拠を与えることだと思うのですが、
それをやると映画業界から消されてしまうということです。
映画業界ってどれだけ閉鎖的な世界なの?と思った次第。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
金出す奴は口も出す。
自分の作りたいものを作りたいなら、
ケツは自分でふかなきゃならない。
ボランティアじゃなく、ビジネスだから。

それでも。
そんな姿を悲しく思うのは、俺が甘口だからか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告