中古品
¥431
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯付き 全体に強いヤケ、少々ヨゴレあり。読むには問題ありません。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本文壇史12 自然主義の最盛期 (講談社文芸文庫) (日本語) 文庫 – 1996/10/9

5つ星のうち5.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥260
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

文壇注目の花袋『生』藤村『春』が同時連載鴎外の観潮楼歌会開催の翌明治41年、「明星」分裂。病床の独歩に贈った『二十八人集』が文壇の主流・自然主義の宣言書となる。日本近代文学の特性を時代に読む

内容(「BOOK」データベースより)

鴎外が観潮楼歌会を開いた翌年明治四十一年、一月白秋ら七人が脱退し「明星」は衰退。四月、文壇注目の渾身の力作花袋『生』、藤村『春』の新聞連載開始。花袋らが病床の独歩に贈った『二十八人集』が文壇の主流・自然主義の宣言書となる。啄木が三年振りに北海道から上京。六月、独歩死す。二葉亭宿願のロシアへ向う。漱石、宙外、白鳥、眉山、長江、青果、抱月等々と新文壇の流れに日本近代文学の特性を読む。


登録情報

  • 文庫: 356ページ
  • 出版社: 講談社 (1996/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061963902
  • ISBN-13: 978-4061963900
  • 発売日: 1996/10/9
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.6 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 953,113位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
評価の数 1
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2003年12月10日に日本でレビュー済み
形式: 文庫