この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

日本改革原案 2050年 成熟国家への道 (日本語) 単行本 – 2014/5/16

5つ星のうち4.9 22個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2014/5/16
¥9,794
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本が直面する緊急課題は、「人口構造の激変」「人口減少の加速」「エネルギー環境制約」「超国家問題への国際政治の遅れ」。この四つの課題に取り組むべき国家戦略として以下の四つを挙げる。「生涯現役」「列島開放」「環境革命」「国際社会の変革」。

著者について

小川淳也(おがわじゅんや) 1971年香川県高松市生まれ。高松高校、東京大学法学部卒業。自治省に入省後、沖縄県庁、自治体国際化協会ロンドン事務所、春日井市役所などを経て衆議院選挙出馬のため退職。2003年民主党より香川1区で立候補するも惜敗。2005年初当選、現在衆議院議員3期目。2009年9月~2010年9月総務大臣政務官、2010年11月より国土審議会離島振興対策分科会会長。早くから、人口問題が日本に突きつけられた最大の課題と考え、持続可能でフラットな社会づくりを訴え続ける。2012年AERA誌により、「日本を立て直す100人~閉塞感を打ち破る若きリーダーたち」に選ばれる。民主党香川県連代表、民主党常任幹事、行財政改革総合調査会事務局長、沖縄協議会事務局次長、税制調査会副会長などを務める。毎週1回の街頭演説と月一回の校区ごとの「小川淳也と語る会」を継続中。

登録情報

  • 出版社 : 光文社 (2014/5/16)
  • 発売日 : 2014/5/16
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 307ページ
  • ISBN-10 : 4334977855
  • ISBN-13 : 978-4334977856
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.9 22個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.9
星5つ中の4.9
22 件のグローバル評価
星5つ
88%
星4つ
12%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年3月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年8月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年7月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年6月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2014年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年5月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年5月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
32人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告