通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本掠奪―知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本掠奪―知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態 単行本 – 2012/7/19

5つ星のうち 5.0 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 502

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本掠奪―知ったら怖くなる中国政府と人民解放軍の実態
  • +
  • 最終目標は天皇の処刑
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 56pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

石原慎太郎東京都知事が「東京が守る」と宣言した尖閣諸島。このわが国の領海を「核心的国家利益」と位置づける中国が描く奪取のシナリオとは。そして次に中国が狙うものは。その実態を知るほどに襲う恐怖と怒り。

内容(「BOOK」データベースより)

石原慎太郎東京都知事が「東京が守る」と宣言した尖閣諸島。このわが国の領海を「核心的国家利益」と位置づける中国が描く奪取のシナリオとは。そして次に中国が狙うものは。その実態を知るほどに襲う恐怖と怒り。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 241ページ
  • 出版社: 星雲社 (2012/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434169033
  • ISBN-13: 978-4434169038
  • 発売日: 2012/7/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 159,608位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
16
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(16)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
まず読んでみてください「中華人民共和国」の真の姿が見えてきます。
テレビや新聞では絶対解らないことです。
「中国共産党以前の歴史が存在しない」今の中国と真の中国、漢人の歴史を重ね合わせると「知らない」事の恐ろしさが解ってきます。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今、まさに尖閣諸島で起こっていることが本書に記されています。
2012尖閣諸島上陸計画というシナリオ通りに進んでいることに驚きました。尖閣諸島の実効支配の後は沖縄諸島、奄美群島が視野に入っている。日本の尖閣諸島上陸計画が成功すればベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、台湾などと領有権を争っている南沙諸島などでも強引な行動に出てくる可能性が高いという。著書は中国共産党と人民解放軍について、日本のマスコミがあまり報道しないような情報を中心にまとめられている。
中国共産党と人民解放軍を育てたのは他ならぬ日本のODA(税金)と技術。巨大な軍事力を前に平和的解決ができるかどうか、日本国は岐路に立たされていることに気づいているのか?いないのか?
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『日本掠奪』一気に読みました。中国は本気で掠奪する気です。
それが当然と言わんばかりに仕掛けてくるでしょう。
いや、既に水源地や森林を買い漁り、新潟市、名古屋市の広大な土地の獲得を進めています。
中華街を作ったらそこに勝手気ままに自分たちのルールで生活します。
窓からごみを捨てるのが当たり前な文化とDNAを持つ人達だそうです。
中国で余った人間を日本に棄て、その棄民が日本を占拠します。
先ずは沖縄からかもしれません。

尖閣諸島については保釣連盟という組織を全世界につくって工作活動をしています
そういえば、人民解放軍は国軍ではなく、共産党の私軍でした。
人口の1%の共産党幹部子弟親戚筋が国の富の91%を独占する。
中国は余剰生産物を公平に分かち合う共産主義国家ではなく、共産党幹部の為の独裁国家だったとう現実。

第五章は衝撃でした。国防大学の教授はたぶん本気で核や生物兵器で人口を減らす為のものと考えているのでしょう。

まぬけで平和ボケの日本は掠奪されていくシナリオにまんまと乗っかっています。
今、ここで日本を変えていかなくては、沖縄は日本はチベットの様に蹂躙されてしまいます。
目覚めよ、日本人!
コメント 131人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
著者は日本に帰化した中国人。日本語に堪能なだけでなく軍需産業で戦闘機・ミサイルの製造現場に携わるなど豊富な知見を持つ。本書は石原慎太郎氏の推薦本である。

平和主義、またの名を平和ボケ…日本が平和ボケにううつをぬかしている間に中国はあらゆる分野で世界の覇権を握ろうとしている。
その為には手段を選ばず、他国の侵略蹂躙も辞さない。日本人はそのことへの認識があまりに欠落している。その根本には日本のマスコミや日教組が極めて変更した思想を流布し、日本人を洗脳し続けていることにあるのではないだろうか。そして大局を見失い保身と党利党略に踊る政治家達…

他国の島嶼を侵略する場合、まず中国の「漁民」が上陸し、その保護を名目に軍事行動を起こすのが中国の常套手段手口である。
尖閣諸島がそのような事態になったら日本はどのように対処できるのだろうか…はなはだ心もとない。というより絶望であろう。

...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私はこの本を読んで、身震いが起きるような恐怖感を感じました。
今までも中国についての断片的な知識はありましたが、単なる脅しだろうと思っていました。
弱腰の日本の脇の甘さをついて、尖閣諸島を奪おうとしているのはよく分かりましたが、
実際は、その後に沖縄、さらに日本本土まで掠奪するための第一歩が尖閣であることがこの本には書かれています。
現に、中国による、日本の森林や都市部の土地まで買収が着々と進んでいるそうです。
このまま、私たち日本人が手をこまねいていれば、いずれ、日本もチベットのように中国の属国になってしまいます。
更に、驚くことに、軍部の最終目標は世界制覇にあるとのことで、そのためなら核兵器の使用も当然と発表しているそうです。
私たち日本人とは全く違う価値観の怪物のような中国の実態をぜひ、この本を読んで知ってもらいたいと思います。
手遅れにならないうちに、一人でも多くの方がこの本を手にしてもらいたいです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー