¥ 1,512
通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本成長戦略 40歳定年制 経済と雇用の心配がなくなる日 単行本(ソフトカバー) – 2013/4/9

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 224

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本成長戦略 40歳定年制 経済と雇用の心配がなくなる日
  • +
  • 40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)
  • +
  • 東大柳川ゼミで経済と人生を学ぶ (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥3,100
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

城 繁幸氏推薦!

新しい「日本の形」をつくる社会変革の書!
少子化・超高齢化のもとでは、労働力人口が減少。
それによって日本経済は縮小していく…

このままでは成長はおろか縮小均衡すらもできないことは明らかである。
日本経済を再生・成長させるには、労働人口を減らさないことが最重要であり、
そのために実現可能、かつ効果的な政策が本書の主題「40歳定年制」である。

【40歳定年制が成長戦略である理由】
(1) 日本人の働き方が変わる。
(2) 40歳で働き直すことでその後高齢(75~80歳)まで働きつづけることができ、
キャリアアップがはかれる。これにより今までは破綻必至の年金制度の崩壊が防げる。
(3) 多くの社内失業者が学び直しで活性化する。
(4) 現在の硬直した雇用形態で働くことができない、女性や若者の働く機会が増える。

出版社からのコメント

本書は、国家戦略会議「フロンティア分科会」の報告書内で提言された「40歳定年制」を、
さらに詳しく解説を加えたものです。また、報告書発表後の意見、反論等への柳川先生の
回答も盛り込みました。

発表当時、「40歳定年制」という言葉のインパクトからさまざまな反論が寄せられました。
しかし、終身雇用や年功序列といった日本的雇用は、すでに制度疲労を起こしていること
は明らかです。65歳まで定年を延長しても、そもそも正社員として雇用されない、社内で
仕事を与えられない、自ら退職するよう追い込まれる…といった現実があります。

そうした現実を踏まえ、多様な働き方と長く働けるしくみを制度化しようというのが、
この「40歳定年制」の趣旨なのです。本書は、20代、30代の、これからの日本を作っていく
年代の方々にこそ読んでいただきたい内容となっています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: さくら舎 (2013/4/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906732356
  • ISBN-13: 978-4906732357
  • 発売日: 2013/4/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 47,344位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
「40歳定年制」…40歳で仕事がなくなるのか。と思ったら、そういうこと
ではなかったです。
そもそも、日本的制度である終身雇用や年金制度が破たんしているのだから
しくみを変えなくてはならない。日本は解雇規制が厳しい代わりに、パワハラ
や追い出し部屋、社内失業が起きているのが現実。これは経営者が悪いという
ことではなく、制度疲労をおこしている結果なのです。本書ではそのことが
わかりやすくまとめられています。

65歳まで働いたら、そこからあらたなチャレンジはしにくいですよね。
それなら、みんなが40歳で一律にキャリアを一度見直そう、というお話し。
といっても、大部分の人は引き続き同じ職場で再雇用されるだろう、とも
著者は書いています。経営側からしたら、働き盛りの40歳がみんないなく
なったら困るでしょうから。

そもそも、「定年」という制度そのものを廃止すべきという意見もある
でしょうが、いきなり廃止という極論を目指すより、あらたな枠組みを
つくる方が現実的なのかなぁと思います。

個人的に興味のあるジャンルなので★5つ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
雇用の流動化政策として、40歳定年制を提言している本です。

これによるメリットは、以下の内容と読みました。

・企業にとっての窓際族を減らし、企業自体の成長へ(現在の企業頼みの社会保証制度では、今は成立しない時代と考えるため。)
・定年→転職市場の規模を大きくして、転職しやすくする。
(なお、本の中では政府による転職のための「スキル構築」を行うと書いてある。具体的な方法は記載なしです。)
・社員は、転職を意識するため切磋琢磨する。

私の感想としては、会社の寿命が短くなってきているため時代は就「社」から就「職」へ向けて社会の変化が必要になってきている。そのための社会の変革の第一段階としては有効なのかと思います。そういった考え方に興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか。

なお、なぜ40歳がベストなのか、いっそのことすべて年俸制でも良いのではないかという疑問は出てきました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
少子高齢化によってこれから生産年齢人口減少が予想される中、社会保障費急増が現役世代に負担であり、経済もマイナス成長に陥ってしまう。
この問題を解決するには労働力の増加が必要だが、女性・高齢者の労働力が有効活用されてない。
また、産業構造の変化スピードも加速しているが、企業側の対応は迅速な対応を行ってるとは言えない。
正社員の解雇が難しいので、コスト高の中高年正社員を守った結果が若者・女性の非正規増加だ。
これらは、日本的雇用・フルタイム正社員の弊害である。

なので、正規非正規という極端な2択を解消して新たな選択肢を設ける(多様な働き方)・環境変化に合わせたスキル再構築や学び直す事による能力開発の機会が必要だ。
しかし、働く仕組みが今のままでは適わないから働く仕組みを変えていこう!というのが 「40歳定年制」だ。
その為には20年間の雇用契約を認める。その結果、学び直して転職が普通である社会(長く働き続ける事も可能)を目指す。
最終的には、「これから日本人がどう働いて、経済を回していくのか」という問題に対する回答が「40歳定年制」に行きつく。
・・・という事でしょうか?

「40歳定年制」を実現させるために、パッと思いつくことは、
・定年を40歳と法律で
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たつた VINE メンバー 投稿日 2014/6/12
形式: 単行本(ソフトカバー)
転職を繰り返しているものですが、このような世の中が来ればいいかなと思っております。
日本は世代に合った働き方を選択できるような社会ではありません。
終身雇用制度というのは飼い殺しという面が強いと感じています。
これからもっとそのような面が強くなると思います。
働き方を見直すためにも本書の内容に大枠賛成です。
働き方を考えている人にお薦めの一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告