Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 823

¥ 9の割引 (1%)

(税込)
ポイント :
8pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[湯之上 隆]の日本型モノづくりの敗北 零戦・半導体・テレビ

日本型モノづくりの敗北 零戦・半導体・テレビ Kindle版

5つ星のうち4.2 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 823
新書 ¥832 ¥1

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「日本の技術力は高い」――世間では、何の疑いもなくこう言われています。しかし、もしそうなら日本の半導体業界はなぜ壊滅的状態になったのか? ソニー、シャープ、パナソニックなどの電機メーカーはなぜ大崩壊したのか? 京大大学院から日立に入社し、半導体の凋落とともに学界に転じた著者が、零戦やサムスン、インテル等を例にとりながら日本の「技術力」の問題点を抉るとともに、復活再生のための具体的な処方箋を提示します。

内容(「BOOK」データベースより)

「日本の技術力は高い」―。世界では言われているが、なぜ半導体・電機業界が壊滅したのか?日立の技術者から学界に転じた著者が、零戦やサムスン、インテル等を例にとりながら日本の問題点を抉るとともに復活のための処方箋を提示する。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3630 KB
  • 紙の本の長さ: 178 ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2013/10/20)
  • 販売: 株式会社 文藝春秋
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00HQZ86WQ
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 129,341位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 28
星5つ
46%
星4つ
30%
星3つ
25%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

28件のカスタマーレビュー

2019年2月3日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年2月18日
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年6月24日
Amazonで購入
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年4月30日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年2月15日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年2月7日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年1月12日
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年5月9日
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover