通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本劣化の正体 ~抹殺知事が最後の告発で明かす~ がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 鷲宮書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】帯付きです。表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本劣化の正体 ~抹殺知事が最後の告発で明かす~ 単行本 – 2015/3/6

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/3/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,274

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本劣化の正体 ~抹殺知事が最後の告発で明かす~
  • +
  • 終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~
  • +
  • 東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本は原子力帝国だった!
原子力ムラとの18年間にわたる戦いの末、贈収賄事件をでっち上げられて政治生命を絶たれた佐藤栄佐久元福島県知事。
その彼が福島第一原発事故のおそるべき真相をいま明らかにする!

「安倍政権と原子力ムラはなぜ、これほどまでに民意を無視し、強権的に原発の再稼働に走るのだろうか。
一言でいうと、日本はこと原子力政策に関するかぎり、とうてい民主主義国家とは言えない。
日本は「原子力帝国」なのである。そしてその植民地は原発の立地する全国の過疎地である。それは米国基地の七割以上が集中する沖縄の構造とまったく同じだ。原発推進は国策であり、反対の民意は基本的に無視される。川内原発の再稼働は、事故後鳴りを潜めていた原子力ムラが本格的に復活したことを意味する」(はじめにより)

佐藤元知事は2006年10月、収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された。5年に及ぶ裁判闘争の結果、2012年に有罪判決が確定した。しかし、判決文の中で収賄額は「ゼロ」と認定された。つまり、一円も受け取っていないのに「有罪」となったのである。
この不条理な判決に、原子力ムラの意を汲んだ国の強い意思がある。「福島のトゲを抜け」それが国の意思だった。佐藤元知事の冤罪事件の深層を探れば、福島第一原発事故の真相が見えてくる。
国の根幹であるエネルギー政策をめぐって昏迷するいま、佐藤元知事の告発は必見・必読である。

内容(「BOOK」データベースより)

国民よ、絶対にだまされてはいけない!原子力ムラと検察の謀略を知り尽くした男が命がけの覚悟で描く、3・11後のもっとも不都合な真実!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2015/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828418075
  • ISBN-13: 978-4828418070
  • 発売日: 2015/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,737位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
元福島県知事の佐藤栄佐久氏が最高裁の判断を確認して放つ、全国民へのメッセージ。日本の政治は国政も地方自治も、しっかりと監視して、意見をもって投票しないと、国民の生命や財産を食いちぎり、国民は分断され、悪意と多額の金流が隠蔽されることもあるから、しっかりしろよという檄文であろうか。
前作品である『知事抹殺』の加筆改定版であり、続編であり、最終意見の位置づけだろう。

最高裁で上告棄却となった贈収賄額ゼロ円の有罪という司法まで含めて、今の日本には不可解なことが多い。
課題山積の日本の内政や外交の中で、どこに着目して改善を始めるのが、日本のためになるか?震災の復興になるか?福島原発汚染地の除染、活用につながるのか?考えるきっかけにはいい作品。

東京五輪で盛り上げるのはいいことだが、復興や核汚染対策への注目度をずらし、資材や工賃の上昇と首都圏集中という面もある。佐藤氏が提起してみせた、それこそ日本の課題にどこから着手するのか、しっかり考えてほしいのだが、君ならどうする?との問いかけがある。
東北の方々、福島の方々、原発立地地区の方々、電力消費地の東京や名古屋や大阪の方々も、読んで考えるべき課題。
最大の課題は何か?

『福島原発による核汚染区域に戻って住んでいいよ』、『核汚染区域で生産活動
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
知事抹殺」(2009)から佐藤さんの本は読んでいる。
原発震災は2011年。
歴史にIFは無いという、しかし、仮に国策捜査で佐藤さんが逮捕されていなければフクイチの事故は起きていないか、もっと小規模だったと思う人が多いのではないか。まさに原発ムラのムラ人達に葬られた知事なのである。

プルサーマルに反対し(当初は同意したが、その後の度重なる事故、情報隠蔽で反対に)、道州制に反対した知事を権力が抹殺していく生々しい時系列の描写。
鈴木宗男、佐藤優の事例、小沢一郎と秘書等の案件、ホリエモン事件、村木局長事件、検察と権力がいかに凶暴であるのかはすでにご存じ通りである。逆にいえば、表に出ていない、泣き寝入り状態で社会から抹殺された人々がどれほどいるのか?

備忘録メモ
原発漬けによる禁断症状としての新規原発建設
メディアによる脅し(首都圏大停電になれば責任はフクシマ)
形だけのパブコメ
メディア・スクラムと人物破壊攻撃
福島・和歌山・宮崎の官製談合での知事逮捕 2006. 地図上で一直線の謎 検察の遊び? 1次安倍政権
奥只見水害とダム もう一つのムラ 流域に10カ所のダム 
1951年にすでにダムの堆砂問題 中谷吉郎博士 「ダム埋没」
原発
...続きを読む ›
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
慎みのなくなったような権力の伸張に憂慮しながら拝読しました。
著者の人物像や歴史に根差した郷土学の風韻となっている後章を座標として前章を参照しました。
世俗の事象は、まさに熱狂と偏見です。東京裁判のインド選出の判事ラダ・ビノード・バル博士は、それが過ぎ去った暁には女神は秤の均衡を保ち、賞罰のおく処を変えるだろうと、伝え残しています。

つまり、謂うべきことを言う気概の魂は、必ずや人の転化を促します。
何か古臭くも野暮な観点ですが、いまは「人が人でなく、どうして国が国として成りえようか」と清末の混乱期に喝破した梁巨川の精神を想起するような現状です。つまり官制学に欠落した「人間学」と「浸透学」の範ですが、それを後章におく薫醸の心に敬服しました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
検察は日本の最高権力者であるという。 本来首相の指示系統下にいるはずが、冤罪を捏造してその首相をも逮捕する権利を保有するからである。 この検察が3権分立を忘れて行政府の忠犬に成り下がっている。 国家権力に逆らう者にはこの忠犬が冤罪を捏造して噛みつくのである。 検察は国立犯罪集団で官性ヤクザである。 著者は日本の民主主義の危機を感じて警告する。 検察の冤罪事件を野放しにすれば日本は劣化して検察国家、全体主義国家に変貌する。 最高裁も検察案件は判断を保留して高裁に差し戻す。 判事も検察の忠犬である。 無実の人間を有罪にして恬として恥じないのが日本の司法である。 著者の原発への危惧は福島原発の事故で顕在化した。 これから100年単位の放射線被害との戦いが始まっている。 福島県民を原発棄民にしながら再稼働に邁進する政府に痛烈な非難を浴びせる。 原発のメルトダウンの解決法も知らない政府がオリンピックを誘致する。 福島県民の救済こそが最優先課題のはずである。 著者の優れた知性と正義感が冴えわたる素晴らしい著作である。 
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック