通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 唯書館
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 使用感はありません 多少の縛りあとはご容赦ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス) 新書 – 2017/1/18

5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 530

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス)
  • +
  • 人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)
  • +
  • 地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

伊豆半島衝突、富士山噴火、海に沈んだ東京・大阪・京都、消えた縄文文化、移動する琵琶湖、瀬戸内海をナウマンゾウが闊歩する──

日本列島はなぜ弓形をしているのか? 1500万年前、ユーラシア大陸の東の端から分かれて生まれた日本列島。現在、私たちが目にする風景・地形も、時代をさかのぼると全く違った顔を表します。本書ではおもに現代の列島を形作った100万年前以降(第四紀後半)を中心に、複雑な地形に富んだ列島の成り立ちを解き明かします。驚きに満ちた日本列島史。足下に広がるドラマチックワールドへようこそ!

内容(「BOOK」データベースより)

1500万年前、ユーラシア大陸の東の端から分かれて生まれた日本列島。現在、私たちが目にする風景を主に形作った100万年前以降(第四紀後半)を中心に、複雑な地形に富んだ列島の成り立ちを解き明かします。見慣れた景色に隠された意外な歴史。足下に広がるドラマチックワールドへようこそ!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406502000X
  • ISBN-13: 978-4065020005
  • 発売日: 2017/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,467位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/16
形式: 新書 Amazonで購入
プレートテクトニクスの考えに基づき、日本列島の変遷の歴
史を綴って行きます。

語られる単位は、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・
四国、九州の七地域別となっています。
其々の地域の主だった地形の変動を捉えるには判り易いです
が、日本列島の通史として見るには無理がありました。
その辺りは一長一短であり、止むを得ない処でしょう。

淡々とした記述の中で、怖いこともあっさりと表明して行き
ます。
以下が特に印象に残りました。

・富士山は300年間噴火していないので、いつ噴火しても不
思議ではなく、噴火しない理由はない。あと30年以内には南
海トラフ地震が起きると考えられるが、それが引き金となり、
噴火する可能性がある。

・木材資源がなくなると、都が維持できなくなり、飛鳥時代
から奈良時代にかけて遷都が相次いだ。

・阪神淡路大震災において、被害の大きな「震災の帯」から、
地層によっては揺れが集まる「焦点効果」が見出だされた。

・活断層は数千年に1回しか動かない。日本のように、プレ
ート境界に位置するところでは、断層から逃げては暮ら
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 
 NHK総合で放送されている『ブラタモリ』が好評で、私もほぼ毎回視聴し、タモリさんの博識ぶりに感心しているが、本書にもあるように「地形を見てそのでき方や発達史などに興味を持つ方が増えて」(はじめに)きているようだ。私も高校時代、「地学」という教科があったけれども、受験科目から外していたので、あまり熱心に勉強してこなかった。ただ、2011年3月11日の大震災以降、急速に地震や噴火といった自然現象に関心を持ち始めてはいるが、付け焼刃の感が否めないのは確かだろう。そういった意味で、「地形発達史」等に基づいて日本列島を俯瞰している本書は、最新の知見をバックにしたベーシックなテキストと言えなくもないだろう。

 さて、当著の執筆者は、山崎春雄・首都大学東京名誉教授と久保純子・早稲田大学教授で、まず、日本列島の形成から始まり、次に、北海道から九州までの各地域における地形の特徴などを概説している。ボリューム的には結構な内容なのだが、読み方としては、第1章「日本列島はどのようにして形作られたか」に目を通し、以下、あまり馴染みのない地域の章から出発するには苦痛と思われる方もいるかも知れないので、最初に自分の住む地域の章からスタートしても良いかも…。私の場合、北海道なのですんなりとページを捲れるのであるが…(笑)。それはともかく、例えば「日本列島はなぜ弓形をしているの
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
このような時間軸で日本列島の歴史を描いた本は少ない。日本列島の誕生史を教えている物として大変参考になった。この本を読むとわが国いかに複雑な歴史を持っているかがよくわかります。中学生で読むと社会科がたのしくなる?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日常から離れて、長い時間旅行のような読書ができる。地球の歴史もいろいろなことが分かってきているが、宇宙については何万光年という遠い場所のことが分かってきているのに、なぜ足許の地球のことはそうならないのか?不可思議。
いろいろな地図が載っているが、結構判例が多く、地図も入り組んでいる。いろいろ制約はあろうが、カラー図版だとありがたい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 donky トップ100レビュアー 投稿日 2017/2/16
形式: 新書 Amazonで購入
高校の理系課目が物理、化学、生物、地学の
4科目だった時代がかなり長かったが、
地学だけ受験科目として採用されてない
大学が多く、履修者も少なく、学校に
よっては選択さえできなかった。

そのため、ブラタモリのように、正面から
地学を扱う番組がヒットしても、一般向けの
教養書が、「東京の自然史」ぐらいしか
見当たらなかったので、日本列島全体を
扱った本書の刊行意義は大きい

ただ、全国を扱ったために、それぞれの
地方についてのネタは絞らざるを得ず、
満足できるほどの情報は載っていなかった。

「東京の自然史」に比べて、地震、津波の
記述が増えているのは当然だが、学術的に
定説が定まっていることに拘ったのか、
東日本大震災と阪神・淡路大震災以外の
地震について、ほとんど触れられていない
のは物足りない

その割に、沼田を「真田丸」に絡めて
紹介したり、時事ネタを扱い過ぎている
きらいもあり、チグハグな感じがした。

今回は100万年と地学的には期間を短く
区切った作品だったが、色々な切り口が
考えられると思う。次作に期待したい
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー