中古品
¥4,082
中古商品: 良い | 詳細
発売元 光来堂
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: カバー上部に軽いヨレ、小口に若干薄汚れ・押しキズがあります。その他は書き込みや角折れ・破れはなく綺麗な状態です。1999年再版。【お急ぎ便対応のAmazon配送センターより迅速に発送致します】
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本刀名工伝 (日本語) 単行本 – 1996/8/1

5つ星のうち4.5 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥4,082
¥3,729
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

刀匠たちの苦心の足跡と名刀談。狐に相槌させた三条小鍛冶宗近、秀吉以来人気急上昇の五郎正宗、徳川家に崇る妖刀千子村正、三本杉刃の関の孫六兼元、葵紋を下賜された下坂康継、名セリフ“血に飢えている”の虎徹、幕末の勤王刀匠山浦清麿、また備前長船鍛冶など、史料と調査に基き活写する。

内容(「MARC」データベースより)

狐に相槌させた三条小鍛冶宗近、秀吉以来人気急上昇の五郎正宗、徳川家に祟る妖刀千子村正、葵紋を下賜された下坂康継、幕末の勤王刀匠山浦清麿など刀匠たちの苦心の足跡と名刀談を史料と調査に基づき活写。

登録情報

  • 発売日 : 1996/8/1
  • 単行本 : 326ページ
  • ISBN-10 : 4639013868
  • ISBN-13 : 978-4639013860
  • 出版社 : 雄山閣出版 (1996/8/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
3 件のグローバル評価
星5つ
53%
星4つ
47%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2016年4月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年3月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年11月9日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告