¥ 832
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本刀―日本の技と美と魂 (文春新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本刀―日本の技と美と魂 (文春新書) 新書 – 2007/5

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 832
¥ 832 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本刀―日本の技と美と魂 (文春新書)
  • +
  • 名刀虎徹 (文春新書 917)
  • +
  • 備前刀―日本刀の王者 (岡山文庫)
総額: ¥2,593
ポイントの合計: 62pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

刀剣を研磨、鑑賞し、宝物として残す文化は日本独特のもの。名刀は権威の象徴として将軍、大名に受け継がれて現代に伝えられ、皇室でも大きな役割を果す。日本刀の奥深い世界に誘う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小笠原/信夫
1939年生まれ。早稲田大学卒業。日本美術刀剣保存協会を経て、東京国立博物館勤務。刀剣室長、工芸課長等を歴任。東京国立博物館名誉館員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 227ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166605712
  • ISBN-13: 978-4166605712
  • 発売日: 2007/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 454,203位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
初心者には向かない。ある程度刀剣知識のある方には非常に興味深いだろうと思う。元東京国立博物館刀剣室長としての知識はとても価値がある。「堅い」のは確かだがそこが魅力と感じる。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日本刀を買う際、刀剣商で説明されても、知識不足でわからない。
偽物を売る店もある。
にせ物と見抜けないで売っている刀剣商もある。
まず、買う側が正しい知識を持つべきだ。
そのためには、よい本だ。
そして、信用ある刀剣商で買おう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 入門書や一般書とは思えない。概略や紹介なしに、いきなり重箱の隅をつつく詳細議論だけが羅列されているという感じ。刀の種類、見方、色々な刀……という感じの本ではなく、そういう内容については全部知っていて、刀に関わりのある歴史上の人物(刀工や鑑定する人など)も知っていると仮定して、そういう人達にまつわる現在の学説、疑問点、人物像が浮かび上がってこない様な歴史データがひたすら書かれている。つまり、人物像を描き出すエピソードや刀の印象ではなく、資料に基ずく年号や系図、地名などがひたすら書かれているのみである。非常に堅い。全く面白くない。
 筆者の抱く刀への印象、筆者の刀への取り組み方、刀の作り方や刀工の人物像、そういう内容を期待しているならば、全くない。書き方が堅く、まるで役所の発行する文献を読んでいるよう。刀や刀工に関する非常な詳細議論が知りたければ読んでみるのも面白いかも知れない。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
文化、精神、歴史面共に斬新な切り口と思慮深さに長けています。分かりやすい口調と謙虚な姿勢が伺え一般の読者から識者まで納得出来る内容だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
中学生の時に購入したポケットブック以来の小笠原氏の著書に感動しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告