サンプルを聴く
再生中...
読み込み中...
一時停止

日本再興戦略 Audible版 – 完全版

5つ星のうち3.9 365個の評価

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
Audible版, 完全版
¥0
Audible会員 - 無料体験
単行本 ¥1,512 ¥59
Audiobook Image
日本再興戦略
落合 陽一 (著), 土岐 頼知 (ナレーション), Audible Studios/幻冬舎 (出版社)
無料体験終了後は月額1,500円。いつでも退会可能。
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。
  • 購入したタイトルは退会後もずっとあなたのもの。

Audibleが販売・配信します。
AudibleはAmazonの関連会社です。

Product details

再生時間 8 時間 2 分
著者 落合 陽一
ナレーター 土岐 頼知
配信日(Audible.co.jp) 2019/8/16
出版社 Audible Studios/幻冬舎
プログラムタイプ オーディオブック
バージョン 完全版
言語 日本語
ASIN B07W53KG49
Amazon 売れ筋ランキング - 258位Audible・オーディオブック

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2019/1/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
結局堕本としか言えない。著者の仕事の有用性は理解する。障碍を単なるダイバーシティーとして受け入れられるような社会や技術を作るという考えは賛成だ。ただ、それだけに残念だ。
本にして買ってもらって伝えようとするのなら、少なくとも言葉遣いを丁寧にするべきだ。著者はいい教育を受けているようだが教養を感じない。尖っていればなんでも許されるものではない。この本にお金を払う必要はない。
内容は、自動翻訳、ロボット、通信などで人間を拡張させようというもの。決して戦略ではなく、著者の仕事を肯定させたいという、著者なりの理由付けの本。しかも記述は全く論理的でない。国の戦略は経済、政治、国際関係も含めたものでなければならないが、なにもない。人間関係に関する考察は全くない。地域や社会というのはもっともっと複雑な現実だ。
コメント 130人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/12/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
1章はそれなりに納得できるところもあったが,2章の歴史認識が薄っぺらすぎて読む気がなくなった.研究者なら,文献を引用した上で,自分自身の見解と別の研究者の見解を区別して記載すべき,他の研究者に対するリスペクトが感じられないのが残念.
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/11/12
形式: 単行本 Amazonで購入
著者の考えは純粋に面白いと思いますが、文章に統一感がなさ過ぎる。
思いついたことをただ並べただけでまとまりがありません。若いから仕方がないのかも知れませんが、読者を含めた全体を見下すような口調は読んでいて気持ちの良いものではないので再考すべきかと…。
もっと論理的な文章にすれば良い本になると思います。内容が面白いだけに残念です。周りの編集者さん、もっとちゃんと仕事してあげて下さい。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: 単行本
ちょっと期待していただけに、内容の薄さと一部説得力の低い論にがっかりな印象。あまりにも議論が散らばりすぎる。
自分の思いつき的考えをサンプリングして、切り貼りしてこれで日本が再興できるとは、あまりに安易な感じ。
朝ナマの議論を観る限り、もうちょっと深い人と思ったがちょっと残念。
そもそも著者は、何に価値をおいているのだろう、それがよくみえないために、何を持って日本を再興したことになるのだろう。私にはよく理解できません。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2019/4/7
形式: 単行本 Amazonで購入
ベストセラーと書いてある帯にだまされました。
最初から注釈が多すぎて読みにくい。
最近メディアによく出ているので読んでみましたが、買って読むに値しません。何の役にも立ちません。
この本に記載されている歴史、日本社会を勉強したいなら、こんな本を買わずにネットで調べることで事足りる気がします。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/2/26
形式: 単行本 Amazonで購入
 「はじめに」でちょっとびっくり。「落合陽一の3つの再興戦略」という部分があるのだが、要は自慢話。『ネイチャー』の別冊の表紙になった時に、「賢い上にひらめきがある天才が必要だ」というタイトルがつけられたそう。 う~ん、いったい何を言いたいのだろうか、と思ってしまう。
  おまけに、やたらに注がついている。「イノベーション」、「ソフトウェア」、「吉田松陰」、「スマホ」などの言葉に注がついているのだ。読者をバカにしているか、注でページ数をかせいで儲けようとしたのか。「はじめに」の12ページの本文に、注が6ページもあるとは!
 
 それでも我慢して読みすすめたが、第2章でギブアップ。「イノベーティヴな日本の宗教」というところでは、日本の宗教(神道のことなのか、天皇制をさしているか不明)の「このデザインが2000年近く続いていることは非常にイノベーティヴであるといえるでしょう」とのこと。長く続くことがイノベーティヴと言われても、いったい「イノベーティヴ」をどう考えてるのか、それこそ注をつけてほしいなぁ、と思う。
 
 そのあともパラパラと読んだが、断片的知識に基づく断言、そして論理的でない叙述が目立つ。「戦略」とは、明確なヴィジョンと構造化された戦術の集合体からなるものと私は考えるが、その意味での「戦略」は本書では語られていない。著者のいろ
...続きを読む ›
コメント 323人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2018/6/16
形式: 単行本 Amazonで購入
読めばいいかなと思いました。知らなかった用語も多いので。
本文は読む価値なし。
ライターが書いているのか、本人が書いているのか知りませんが、カタカナばかりで内容が薄っぺらいし、主張に根拠の無いものが多く支離滅裂です←ケムリに巻きたい奴はやたらカタカナや和製英語を使いたがる。
まるで上っ面の知識を獲得したてホヤホヤの中学生が知識をひけらかしたいという印象しかない。
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー