通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [簡易クリーニング済] 状態は概ね良好で目に付くキズ、ヨゴレはございませんが、中古品のため若干の書き込み、傷み(擦れ傷、縁の傷み等)がある場合がございます。値札剥がし済み。帯をお付けできる保証はございません。☆BOOKOFFの店舗に並んでいる商品と同程度のコンディションとお考え下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた 単行本 – 2015/9/30

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,176

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた
  • +
  • ウズベキスタンの桜
  • +
  • ウズベキスタンと現代の日本
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 129pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

1947年11月のロシア革命30周年までにビザンチン風造り、3階建て1400席の劇場建設にあたった450人余の日本兵捕虜がいた。いま、その劇場はウズベキスタンの誇りとなっている。戦後70年目に蘇る実話

内容(「BOOK」データベースより)

ソ連四大劇場の一つとされたオペラハウス、ナボイ劇場。いまもウズベキスタンの誇りとなっている壮麗な劇場を建てたのは、シルクロードに抑留された、若き日本兵捕虜だった。大地震にも耐えた堅牢な造り、美麗な内装。彼らの誇りと意地をかけた仕事は、収容所長をはじめ、現地の人々の心を動かし、語り続けられ、日本人伝説となった。シルクロードに伝説を刻んだ男たち。その埋もれた偉業が、いま初めて明かされる!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 237ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2015/9/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041035376
  • ISBN-13: 978-4041035375
  • 発売日: 2015/9/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,805位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 月即別 投稿日 2016/2/17
形式: 単行本
家内の父親はタシケント第五収容所に3年余おりました。義父は若いときは画家を志したことがあり、収容所時代のことを水彩画で描き、毛筆で回想録を書きました。この本と比較して読みました。佐官級以上の士官が特別捕虜として、モスクワへ連れていかれたので、この本の主人公ともいえる永田行夫氏は弱冠24歳の横浜高等工業出身の工兵大尉で最高位の士官になり、部下457名を束ねることになりました。永田大尉は部下全員を無事帰国できることを最大目標にし、食事が食べられない部下がでないように、ノルマの配分をソ連将校と交渉するなど知恵をしぼったこと。他の収容所では厳しかったソ連の思想教育(民主化運動)を深刻化させないなどを苦労しながら、ウズベキスタンン国民に日本人はソ連兵がいないところでも手を抜かないと驚嘆させながら、美しく堅牢なナボイ劇場を完成させました。そして名簿を残せないので、部下全員の氏名・住所を記憶して、帰国の翌年からラーゲリー会をはじめ、晩年まで集まったそうです。義父のいた第五収容所では民主化運動が激しく、収容所生活では強制労働・飢え・寒さ以上に、日本兵捕虜同士を傷つけさせた民主化運動が辛かったので、ラーゲリー会を開くことはついになかったようです。著者嶌信彦氏は20年近く、ウズベキスタンとかかわり、今回この本を世に出されました。それだけに丹念に取材されて、世の人にナボイ劇場を見たくならせる思いをさせて...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今年は戦後70年ということもあり多くの戦争関連の本が出た年で、シベリア抑留の本も多く見かけられた。シベリア抑留の本は辛い悲話が多いが、前向きでこういう秘話があったことに驚いた。また、シベリア抑留はシベリア地域だけだと思っていたが、意外に広範囲に渡っていた事も驚いた。戦争の知識があまりない人でも前半部分に丁寧に当時の歴史も書かれているのでわかりやすいと思う。
よくテレビでウズベキスタンは親日国というのを見たことがあったが、この本の舞台であるナボイ劇場は本当に素晴らしい抑留者の方々の仕事ぶりによって建てられたことがわかり涙が止まらなかった。戦後報復が怖いといって日本に帰って来れなかった人もいたほど思想統制がひどかった話をよく聞くが、ここでは若干24歳のリーダーが素晴らしい人だったからこそこの劇場建設に携わった班の方々のラーゲリが荒れずに一致団結して劇場を無事に完成できたのだと思う。日本人論にも通じる前向きな良書に出会えてよかった。
今、安倍首相が中央アジアを訪問中で、まもなくウズベキスタンを訪れこの劇場と日本人墓地にも行くようなので違った見方もできて報道が出る前に読めてよかった。表紙を開けると劇場の客席で、書影にある本のカバーも素晴らしい彫刻で装丁にもこだわりがあることも楽しめた。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
歴史認識・・・という言葉をよく耳にするが誰が正しいかではなく何が正しいかを教えてくれる本です。戦争の結果として起こったことではあるが、個々の日本人の勤勉さや実直さを実感できます。戦争自体は絶対に誤りであることは明白ですが、このような民族の文化を後世まで残すべきです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
第二次大戦後、旧ソ連によるシベリア抑留で、残留日本兵達がいかに酷い目に遭わされたかは周知の事実ですが、逆に言えば、当時の日本兵達は軍人であるだけじゃなく、優秀な技術者でもあり、旧ソ連が何が何でも、ソ連の戦後復興のために欲しかった人材だったのだとも思います。

そんな事実がよく分かるのがこのエピソード。旧ソ連、現・ウズベキスタンで、抑留日本人達の協力で建造されたこのオペラハウスは、その後の大地震にもびくともしなかった。彼らは、この様な不毛で無意味な作業にも勤勉、かつ熱心に命を賭けて取り組んだ。

我々日本人が、ウズベキスタンで、このオペラハウス・ナボイ劇場を見る機会があったら、先人達の仕事ぶりに敬意を払わなければならない。日本は敗戦国ですが、その軍隊には規律の徹底等、優れた側面もあった。偉大な建築は、その事を雄弁に物語っている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告