通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 本屋pops
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★★Amazon配送センターより迅速配送!◆送料無料★ ■外観 若干の擦れ等ありますが、概ね良好です。■本文 目立った書き込みもなく綺麗です。 ※コンビニ決済、代引き支払い等のお支払いにも対応しています。(年中無休・Amazonプライム.・お急ぎ便対応可能)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/27

5つ星のうち 3.9 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 648

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本共産党研究――絶対に誤りを認めない政党
  • +
  • 偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち
  • +
  • 「民意」の嘘 日本人は真実を知らされているか (産経セレクト S 6)
総額: ¥3,758
ポイントの合計: 115pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

///////////////////////////////////////////////////////////
マスコミよ、日本共産党に切り込まずして何が「言論の自由」か!
///////////////////////////////////////////////////////////

「ソフト路線」で女性や若者の支持を集め、野党との国民連合政府まで視野に入れる日本共産党。
ただ、彼らの主張にはうのみにしてはならないものが数多く含まれています。
公安調査庁が監視を続ける彼らは決して「普通の野党」ではありません。

「平和憲法を守る」「先の大戦に唯一反対した」「暴力革命を目指したことは一度もない」……。
本書ではこれらのウソをすべて論破します!

----------------------------------------------------------------------------
《おもな内容》
第一章 SEALDsと共産党
第二章 国民を見下す「ソフト路線」
第三章 党財政を直撃する赤旗部数
第四章 国民連合政府は革命の一里塚
第五章「唯一戦争に反対した党」は本当か
第六章 憲法9条に反対した唯一の政党
第七章 皇室戦略転換の狙い
第八章 なぜ彼らは監視対象なのか

幼稚な発言を持ち上げる大人たち/集会参加者の41%は共産党支持者/
奥田君が立てば当選する/SEALDsと民青/連戦連敗だった志位/
「カクサン部! 」は現代の「うたごえ運動」か/オープンカーに乗った女性候補/
衝撃の赤旗23万部割れ/市役所内で行われる勧誘活動/強まる「赤旗包囲網」/
二段階革命論は生きている/連合政府という名の亡霊/「さしあたって」はいつもの戦術/
シロアリなのに売り手市場/民進党はどうかしている/コミンテルン日本支部として誕生/
間違っていたのは「ソ連の社会主義」/異論を許さぬ民主集中制/党大会の舞台裏/
9条は空文に過ぎない/日本人民共和国憲法草案/自衛隊はダメだが、共産党軍ならよい/
本音は改憲による新国家樹立/マスコミが報じなかった眞子さまとの同席/
皇族の前でも君が代は歌わず/昭和天皇崩御で赤旗は何を書いたか/
敵の出方によっては暴力もあり得る/否定できない過去の暴力


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2016/5/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 481911283X
  • ISBN-13: 978-4819112833
  • 発売日: 2016/5/27
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,688位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
産経さん優しいなぁと思ったのは
女子高生コンクリート詰め殺人での捜査妨害&赤旗上での被害者中傷の件を書かなかったこと
こういう人として許せない事例でどんなに日本共産党が腐った政党か分かります
「なんとなく共産党に入れようかな」って人はこういう「鬼畜の集団」の延命に力を貸している状態なのです
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
以前、30代の知り合いと選挙の話をしたとき、「入れるとこなくて共産党に入れちゃいました」と言っていたので、正直、驚きました。若い世代は共産党アレルギーがだんだんなくなってきているのでしょうか。この本を読めば、共産党の歴史や考え方がよくわかると思います。できれば、共産党という名前はついていないが、その下部組織である団体の一覧も載せてほしかった。私もうっかり騙されそうになった経験がありますから。続編を期待します。
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
評者は70年安保闘争の頃、心情的左翼(まあ平ったく言うとノンポリだけれど左翼よりという意)であったが、この本を読んで、その頃から抱いていた疑問が氷解した。 「(共産)党の方針は正しい、疑問を抱くだけで君達が間違っている。 資本主義は民主主義とは相いれない。 本当の民主主義は共産主義と共にある。」と民青の運動員から再三聞かされてきたが、その後の展開を見ると・・・。 共産主義を謳った国々は、悉く独裁国家になっていた。 日本共産党は他の共産党とは違うと主張するが、党トップの意見と食い違いが生じると粛清されるのは、中華人民共和国・朝鮮民主主義人民共和国(ジョークとしか思えない国名)と全く同じだ。 このことは、戦後の日本共産党の動きを少し追ってみるだけで、直ちに理解できると思う。 現在の日本共産党のPRに騙されてはいけない。 日本共産党の党是は、本質的には変更されていないのだから。 評者には、右翼だろうが左翼だろうが、そんな言葉はどうでもよい。 トップから「あいつは自分と意見が違う」と思われた時点で、たちまち粛清(身体的にも、社会的にも)されるような社会・組織だけは願い下げである。 共産党の市会議員さん、地域の為に頑張ってくれてます。 しかし余程のことがない限り、あなたは(共産)党の単なる使い捨ての駒でしかないのですよ。 (共産)党トップの忠実な下僕にならない限り、いつ粛清されてもおかしくな...続きを読む ›
4 コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
アマゾンでお気に入りに登録していたら売り切れになっていましたので、他のサイトで購入しました。
日本共産党という団体は、大変恐ろしい集団だと改めて思いました。

日本共産党やそれに与する学生グループのような、事実を曲解して都合の良い論理を主張する集団でも、堂々と主義主張を唱えることができる日本。日本が開かれた民主国家であることの証であると思います。
これが、中国や北朝鮮のような独裁国家であれば、即捕らえられて処刑されることでしょう。

国のリーダーは、国家・国民・領土・領海・領空を、確実に守らなければならない責任があります。
共産党もそうですが、他の無責任極まりない野党では、私たち日本国民の安心・安全を守ることはほぼ不可能であると思います。

いつもレベルの低い与党批判とレッテル貼りに終始するばかりで、物事の本質を見極めようとしません。
建設的でもっと実のある与党批判や議論を展開できるような、信頼のおける野党の誕生が一刻も早く望まれます。
コメント 117人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
昨今、投票時に消去法で日本共産党に一票入れるという話を
ちょくちょく聞く。実際、私の周りにも居た。
だが、共産党に一票を入れる前に、是非一度この本を手にとっ
てもらいたい。そして、共産党の事を知って欲しい。
知ってから投票するなり、しないなりしても決して遅くはないはずだ。
「日本共産党研究」という、ややとっつきにくいタイトルではあるが、
レイアウトや文字の大きさなど、読みやすい工夫がされている。
時間もそれほどかからない。
過去に、立花隆氏が著した「日本共産党の研究」に比べると、
本書はかなり平易でわかりやすい。
多くのマスコミが持ち上げている学生団体「SEALDs」を絡めた
時事的な話題を切り口に、日本共産党とはいったいどんな政党
なのかを赤裸々に描いている。
選挙の前に読んでおきたい一冊。
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す