通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 setsu0120
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーの端・上部に極小さいシワがあります。カバーに薄いスレがあります。2枚(4ページ分)の下部かどに折れがあります。帯ありますが帯に小さいイタミがあります。ご注意下さい、本の配送料は一律の257円ではなくなり、出品者によって異なります、お支払いの合計金額は本代と配送料の合計金額です。コメントをよくご確認の上ご注文下さい。2016年7月20日第1刷発行。新書判
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書) 新書 – 2016/7/15

5つ星のうち 4.0 50件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)
  • +
  • 日本会議の正体 (平凡社新書)
  • +
  • 日本会議の研究 (扶桑社新書)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】君たちはどう生きるか(Special Note付き)
作中でおじさんからコペル君に宛てられたノートをモチーフにした、特製「コペル君ノート」の付録付き。ギフトにもおすすめ。 ⇒詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

宗教学者・上智大学特任教授 島薗進氏推薦!!
「安倍政権を支える日本会議の思想と価値観を鋭く分析した好著」

思想家・武道家 内田樹氏推薦!!
「独創的な思想も組織的実力も持たない少数者たちが、私たちの眼に触れぬままに、気づけば現実の政治を動かしているという事実に慄然とする」


日本会議と安倍政権は、この国をどこへ導こうとしているのか?


欧米メディアが「日本最大の右翼組織」「安倍政権を支える国家主義団体」と報じる日本会議。
現安倍政権の閣僚の半数以上が日本会議と直接的に繋がる議員団体「日本会議国会議員懇談会」に属しているにもかかわらず、日本の大手新聞・テレビは両者の関連性についてほぼ報じていない。

本書では日本会議の“肉体"(人脈・組織)と“精神"(戦前戦中を手本とする価値観)、教育や靖国をめぐるその“運動"を詳説し、
日本会議と安倍政権が「改憲」へと傾倒する動機が、かつて日本を戦争に導いた「国家神道」を拠り所とする戦前回帰への道筋にあることを指摘。
気鋭の歴史研究家が、日本会議を近視眼的な“点"ではなく、歴史的事実をふまえた“線"としての文脈から読み解く、「日本会議論」の決定版である。

【目次】
はじめに――大河ドラマ『花燃ゆ』と日本会議の副会長
第一章 安倍政権と日本会議のつながり――占領された内閣
1.第二次安倍政権の発足と日本会議の役割
2.重なり合う「日本会議」と「神道政治連盟」の議員たち
3.慰安婦問題・南京大虐殺問題への日本会議の関わり
4.中国の軍事的脅威をアピールする安倍政権と日本会議
5.光を当てる地方紙・週刊誌・ネット言論と、光を当てない大手メディア
第二章 日本会議の「肉体」――人脈と組織の系譜
1.「神道・宗教勢力」と「保守・右派勢力」の融合
2.神社本庁と日本会議の深い関係
3.日本会議とその前身/関連組織が行ってきた主な政治運動
第三章 日本会議の「精神」――戦前・戦中を手本とする価値観
1.安倍首相と日本会議と天皇――「日本の国柄」の核心を成す存在
2.「日本を取り戻す」――具体的には、何を「取り戻す」のか
3.日本会議の思想の原点を物語る書物『国体の本義』と『臣民の道』
4.戦前・戦中の思想と価値判断を継承した日本会議の活動方針
第四章 安倍政権が目指す方向性――教育・家族・歴史認識・靖国神社
1.安倍首相と日本会議と教育改革――「愛国」「道徳」という名の政治教育
2.安倍首相と日本会議と家族観――国民の内面に踏み込む
3.安倍首相と日本会議と歴史認識――大東亜戦争の肯定
4.安倍首相と日本会議と靖国神社――「国に殉じた英霊」の理想化
第五章 日本会議はなぜ「日本国憲法」を憎むのか――改憲への情念
1.安倍首相と日本会議が日本国憲法に示す「敵意と憎悪」の背景
2.日本国憲法を「神道指令の恒久化」と見なす日本会議
3.安倍政権と自民党の憲法改正案
4.日本会議の改憲運動と「産経新聞」の憲法改正案
5.憲法改正運動の最前線に躍り出た日本会議

【著者略歴】
1967年、大阪府生まれ。戦史・紛争史研究家。
雑誌『歴史群像』『歴史人』等に戦史の分析研究記事の寄稿多数。
2015年9月に刊行された近著『戦前回帰』は、内田樹氏、島薗進氏をはじめ各界より高い評価を受ける。
膨大な資料をもとに、俯瞰的な視点から現代日本を鋭く分析する、いま、最も注目される書き手のひとりである。

内容(「BOOK」データベースより)

欧米メディアが「日本最大の右翼組織」と報じる日本会議。安倍政権の閣僚の半数以上が日本会議と直接的に繋がる議員団体に属するなか、日本の大手新聞・テレビは両者の関連性をほぼ報じてこなかった。本書では日本会議の“肉体”(人脈・組織)と“精神”(戦前戦中を手本とする価値観)、教育や靖国をめぐるその“運動”を詳説し、日本会議と安倍政権が改憲へと傾倒する動機が、かつて日本を戦争に導いた国家神道を拠り所とする戦前回帰への道筋にあることを指摘。気鋭の歴史研究家が日本会議を近視眼的な“点”ではなく、史実をふまえた“線”としての文脈から読み解く、同組織の核心に触れるための必読書である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 集英社 (2016/7/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087208427
  • ISBN-13: 978-4087208429
  • 発売日: 2016/7/15
  • 梱包サイズ: 17.3 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 50件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,353位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2018年4月9日
形式: 新書|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年2月15日
形式: 新書|Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月4日
形式: 新書|Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年2月26日
形式: 新書|Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年3月23日
形式: Kindle版|Amazonで購入
54人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年12月2日
形式: 新書|Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年11月3日
形式: 新書|Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年1月7日
形式: 新書|Amazonで購入
171人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー