Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 756

¥ 108の割引 (13%)

ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[菅野 完]の日本会議の研究 (SPA!BOOKS新書)
Kindle App Ad

日本会議の研究 (SPA!BOOKS新書) Kindle版

5つ星のうち 4.0 331件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 756
新書
"もう一度試してください。"
¥ 800 ¥ 690

商品の説明

内容紹介

安倍政権における閣僚のほとんどが所属している「日本会議」。「日本会議」は誰のために何をなそうとしているのか? 日本改憲勢力の真実の姿とは?

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

菅野/完
著述家。1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。退職後の2015年より主に政治分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 6819 KB
  • 出版社: 扶桑社 (2016/4/28)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GPN2HLA
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 331件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 133位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
「日本会議」の名前を聞くようになって、すでに久しい。
だが、この組織を正面から取り上げた本は、なぜかなかった。
日々、これだけ大量の新刊本が出されているのに、不思議だった。
それが、やっと出た。だけど版元は扶桑社。
ただのヨイショ本かもとも思った。でも何か情報はあるだろうと読んでみた。
そして、予想は全くくつがえされた。実にまっとうな本だった。

人物取材、現場取材、資料の読み込み。論の展開も控えめで、ムリがない。
最初は小さな点にすぎなかったものが、結ばれて線になり、やがて面になる。
文章も力みがなく、共感を持って読むことができた。
内容については、他のレビュアーの方々が丁寧に書いておられるので触れません。

著者は「むすびにかえて」で、「なぜマスメディアは日本会議のことを書かないのだ」
という憤りが、取材・執筆の動機だったと書いている。
そして、日本会議は「速報性と正確性が命の大手メディアの仕事の範疇外なのだ」と自答している。
この著者はものすごくいい仕事をしたと思うが、この部分だけは違うと思う。
権力の中枢部分で、見えなくされているものを可視化してみせるのが、新聞の役割だと思うからだ。
新聞社のサラリーマン記
...続きを読む ›
6 コメント 1,213人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hide-bon トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/26
形式: 新書
実は、本書は昨年末に購入していた。
日本会議の存在は以前から知っていたが、胡散臭いし、決してお近づきにはなりたくはない組織との印象を抱いていた。
でも、欧米で極右が勢いを増している中、書評で話題になっていた事もあり、年末年始にゆっくり読もうかとも思っていたのだが、結局、書斎の片隅に積み上げられたままになっていた。
いや、厳密に言えば、読み始めてはいた。
失礼ながら、著者の名前は存じ上げていなかったが、はじめに、と謳われた序章を読んで、その考えには大いに共鳴できた。
では、何故、一気に読み切らなかったかと言えば、読み進めるうちに、日本会議への嫌悪感と暗澹たる思いが湧いてきて、ページをめくるのが億劫になってしまったからだ。
今回、一連の森友問題の報道に触れるうちに、著者たる菅野完氏の名前が大きく取り上げられる事になり、改めて本書を引っ張りだし、今度は最後まで一気読みした。
まず、著者の取材量に感心した。あとがきでまだまだ書き足らない事ばかりと記されているが、日本会議というものが今まで表舞台に登場した事が少なく、大手メディアの間では一種タブーな存在であった中で、その情報力は大したものだ。
日本会議は右派の政治団体であり、戦後民主主義、人権主義、平和教育の行き過ぎに疑念を持ち、愛国心を謳い、戦前の修身教育を復活
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
とにかく日本会議という団体は日本の中枢にまで侵攻しています。神社庁ともがっちりで困ったものです。購入してからしばらく経って菅野さんによる森友学園の昭恵リークスが始まり台風の目です。マスコミは菅野さんをキワモノ扱いしていますがこの人はずーっと日本会議を追いかけていた人。原発事故直後は官邸前デモでお会いしたこともあります。マスコミは散々菅野さんから籠池情報をもらっていたくせに怪しいやつと報道し始めています。記者クラブメディアは死んだも同然です。私たち一人一人がリテラシーを持って調べるしかありませんね。テレビで日本会議と言ってはいけないのでしょうか?こんな日本にしたのは日本会議と言っても過言ではありません。この本を読んで賢くなりましょう。とにかく必読の一冊。友達にも貸しまくりです。菅野さん頑張れ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/26
形式: 新書
・"コワイ"(実際は何だが)日本会議に最初に触れたのはこの本。
・森友問題にコレだけ唯一触れた。
  この2点だけでも白眉
・皮肉にも大メディアの腰抜けぶりが、著者にすがる(マイクを群れになって向ける)姿で周知された。

~~他の本(青木山崎)は3ヵ月後これを切り貼り孫引きしただけ。
   切り貼りした時期には、まだ森友/国有地問題はなかったのでコピーはされてないw~~
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 「日本会議」の存在を知らなかった人にとっては衝撃、知っていた人にとっても、先入観や偏見が鮮やかに突き崩される内容。
 まったく陰謀論的なものでなく、きわめて実証的であるところが素晴らしい。日本で進んでいると言われる「右傾化」を論ずるには、今後はまず本書に書かれていることは押さえなければならない。必読にして基本の書だと思う。
 それだけでなく、最後の重要人物に至るまでの緻密な謎解きストーリーはノンフィクションとしても圧巻。膨大な文献取材だけでなく、人物取材・現場取材も盛り込まれ、読んでいて飽きることがない。
 そして、こういう社会をつくってしまったのはほかならぬ自分たちだと、暗澹とし世をはかなみたくなるところ、「あとがき」には本当に励まされ、救われた。私たちがなすべきことは明らかだ。
 学者でも記者でもなく、一サラリーマンだったという著者。これだけのことを調べあげ世に問うてくれた著者と、著者を見出しサポートした編集者に、心からの感謝と敬意を表したい。
1 コメント 938人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover