通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本会議の研究 (扶桑社新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 かりりん
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 7刷、帯付。カバーに擦れ・傷あり。チェックはしましたが線引きや書き込みがありました際にはご容赦ください。発送はぷちぷちなしのゆうメール(補償無し、追跡なし)です。土曜・日曜・祝祭日は発送ができない場合がありますのでご了承ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本会議の研究 (扶桑社新書) 新書 – 2016/4/30

5つ星のうち 4.1 367件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 798 ¥ 395

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本会議の研究 (扶桑社新書)
  • +
  • 日本会議の正体 (平凡社新書)
  • +
  • 日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)
総額: ¥2,549
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「日本会議」とは何なのか?

市民運動が嘲笑の対象にさえなった80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、
そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」がいた。

彼らは地道な運動を通し、「日本会議」をフロント団体として政権に影響を与えるまでに至った。
そして今、彼らの運動が結実し、日本の民主主義は殺されんとしている。――

安倍政権を支える「日本会議」の真の姿とは? 中核にはどのような思想があるのか?
膨大な資料と関係者への取材により明らかになる「日本の保守圧力団体」の真の姿。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

菅野/完
著述家。1974年、奈良県生まれ。一般企業のサラリーマンとして勤務するかたわら執筆活動を開始。退職後の2015年より主に政治分野の記事を雑誌やオンラインメディアに提供する活動を本格させる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 302ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2016/4/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4594074766
  • ISBN-13: 978-4594074760
  • 発売日: 2016/4/30
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 367件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 274位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
「日本会議」の名前を聞くようになって、すでに久しい。
だが、この組織を正面から取り上げた本は、なぜかなかった。
日々、これだけ大量の新刊本が出されているのに、不思議だった。
それが、やっと出た。だけど版元は扶桑社。
ただのヨイショ本かもとも思った。でも何か情報はあるだろうと読んでみた。
そして、予想は全くくつがえされた。実にまっとうな本だった。

人物取材、現場取材、資料の読み込み。論の展開も控えめで、ムリがない。
最初は小さな点にすぎなかったものが、結ばれて線になり、やがて面になる。
文章も力みがなく、共感を持って読むことができた。
内容については、他のレビュアーの方々が丁寧に書いておられるので触れません。

著者は「むすびにかえて」で、「なぜマスメディアは日本会議のことを書かないのだ」
という憤りが、取材・執筆の動機だったと書いている。
そして、日本会議は「速報性と正確性が命の大手メディアの仕事の範疇外なのだ」と自答している。
この著者はものすごくいい仕事をしたと思うが、この部分だけは違うと思う。
権力の中枢部分で、見えなくされているものを可視化してみせるのが、新聞の役割だと思うからだ。
新聞社のサラリーマン記
...続きを読む ›
7 コメント 1,282人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nakama トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/4/22
形式: 新書
安倍政権の言動パターンは、今までの自民党政権にはあまり見られないユニークなものである。個々の政策の中身もさることながら、国会での答弁や採決のプロセス、閣僚の人選、党の掌握の仕方、等々。小選挙区制、内閣人事局の設置、党内派閥の弱体化、野党の凋落など、政治的環境の変化が後押ししていることも多分にあるが、その背後にあって思想的な裏付けを与え続けているのが、日本会議に関わる「一群の人々」である。
安倍政権の暴走と見える言動には、明確な方向性があり、それは経済や国防、外交といった個々の政策の是々非々で終わらないひとつの世界観のあらわれである。彼らが希求するのは、明治憲法の復元であるという(185頁以降)。おとぎ話のようにも思えるが、第二次安倍政権が誕生してから、10年前なら起こり得ないようなことがどれほど起こってきたことか。それらを後押ししてきたのが「デモ、陳情、抗議集会、勉強会といった『民主的な市民運動』をやり続けて」きた「極めて非民主的な思想を持つ人々」である(296頁)。
安倍政権に反対の人ばかりでなく、個々の政策に賛成だから、他にふさわしい人材がいないからという理由で現政権を支持する人たちにも、政権の目指す理想がどこにあるのかを知るために、本書を繙くことを強くおすすめしたい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この本を読むきっかけは、テレビ画面を通して、著者を見た事からだった。
籠池理事長を自宅に匿い、過熱する報道に乗じて、本当に悪い奴はこいつ等だと、自分の主張を喚きたてる、胡散臭い人物。
それが第一印象だった。

だがその後、ニュースで扱われた一部ではなく、全て見て判断しようとネット動画を探し
自宅マンション前での記者との問答の全てを見ると、印象が変わっていく。
人権尊重、物書きとしての姿勢を一貫して説くその言葉を聞き、彼の書いた本を読んでみようという気になった。

本の中でも、その姿勢は変わらなかった。
人間の思想や主義に対し、一定の距離と、冷静さと、敬意を持ちながら
他人の人権や自由をないがしろにする人間への糾弾はゆるぎない。

著者がこの本の中で何を書いたか、も大事だが
どう書いているか、それも読んで欲しい。
著者が信頼するに値する人格か否か、答えが示されるだろう。

特に私の様に、ニュースの一部だけを見て、著者を胡散臭い奴だと判断した人には。
2 コメント 197人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hide-bon トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/26
形式: 新書
実は、本書は昨年末に購入していた。
日本会議の存在は以前から知っていたが、胡散臭いし、決してお近づきにはなりたくはない組織との印象を抱いていた。
でも、欧米で極右が勢いを増している中、書評で話題になっていた事もあり、年末年始にゆっくり読もうかとも思っていたのだが、結局、書斎の片隅に積み上げられたままになっていた。
いや、厳密に言えば、読み始めてはいた。
失礼ながら、著者の名前は存じ上げていなかったが、はじめに、と謳われた序章を読んで、その考えには大いに共鳴できた。
では、何故、一気に読み切らなかったかと言えば、読み進めるうちに、日本会議への嫌悪感と暗澹たる思いが湧いてきて、ページをめくるのが億劫になってしまったからだ。
今回、一連の森友問題の報道に触れるうちに、著者たる菅野完氏の名前が大きく取り上げられる事になり、改めて本書を引っ張りだし、今度は最後まで一気読みした。
まず、著者の取材量に感心した。あとがきでまだまだ書き足らない事ばかりと記されているが、日本会議というものが今まで表舞台に登場した事が少なく、大手メディアの間では一種タブーな存在であった中で、その情報力は大したものだ。
日本会議は右派の政治団体であり、戦後民主主義、人権主義、平和教育の行き過ぎに疑念を持ち、愛国心を謳い、戦前の修身教育を復活
...続きを読む ›
2 コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー