通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
(日本人) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

(日本人) 単行本 – 2012/5/11

5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 97
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 788 ¥ 267
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • (日本人)
  • +
  • バカが多いのには理由がある
  • +
  • 知的幸福の技術―自由な人生のための40の物語 (幻冬舎文庫)
総額: ¥3,734
ポイントの合計: 114pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2016年、最も売れた本をジャンル別でご紹介 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

日本人とはいったい誰なのか! ? 従前の日本人論をすべて覆すまったく新しい日本人論! !

3・11以後、マスメディアやインターネット上でさまざまなひとたちが「日本」や「日本人」について論じた。その論旨は、次の一文で要約できる。「日本の被災者は世界を感動させ、日本の政治は国民を絶望させた」。過剰な「日本」に溺れて、私たちは自分が何者で、世界がどんなところなのかを見失っている。はたして「日本人」とは何なのか。これまでの「日本人」のイメージは、すべて西欧社会がつくったものだった。それでも「日本人的なもの」があるとすれば、それはむしろ世間(ムラ社会)ではなく、世俗(神を信じずに功利的に生きる)の方にある。〝日本人性〟の謎を解くカギは、巷間いわれているような「空気=世間」ではなく、「水=世俗」にこそあるのだ――。

内容(「BOOK」データベースより)

これまでの日本人論で「日本人の特殊性」といわれてきたことは、ほとんどが人間の本性にすぎない。世界を覆い尽くすグローバリズムの中で、日本人はまったく「特殊」ではない。従来の日本人論をすべて覆すまったく新しい日本人論。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/5/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344021762
  • ISBN-13: 978-4344021761
  • 発売日: 2012/5/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 240,911位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
引用が多いというレビューが多いのですが、橘さんが引用しているのは、分厚い古典と呼べるようなベーシックな書籍がほとんどです。例えばロバート・ノージック著「アナーキー・国家・ユートピア」、中村元著「日本人の思惟方法」、小熊英二著『「日本人」の境界』、電通総研、日本リサーチセンター編集「世界主要国価値観データブック」というような本です。進化心理学もいろいろな本が引用されていますが、ここにレビューを書いて、引用を批判する人たちや引用の原典に対する著者の理解が浅いと批判する人たちはちゃんと読んで、この本の要約を批判しているのでしょうか。上記の4冊だけでも2000ページを超える分量になります。学問が細分化し、研究が深さを競うようになるに従い、橘さんのように、専門性を横串で束ねて、現代に意味をもつメッセージにする著作者が必要とされているとおもいます。だからこそ彼の本は読まれているのであり、最近よく売れている著者の履歴で本編集者が多いのも納得できます。彼の著作は最初の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方」から一貫してこうした作り方をしています。別に最近の著作から変わったわけではありません。
私は、冒頭の「権威や権力がより尊重されるのは、良いことだと思う日本人はわずか3.2%」で、世界でも異常なほど低いというデータで、書籍の代金の元は取ったと思っています。例えば、アマゾンにあふれる「著者」
...続きを読む ›
4 コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「日本人」というとても大きなテーマを様々な切り口から切り込んでいる。各章で展開されている説はそれぞれ素晴らしいのだが、読み終わった時には「それで、結局何が言いたいの?」とつぶやいてしまった。

一つ作為を感じる点をあげると、「株は儲からない」という主張をするため、2000年を起点にしたグラフを使用していた(図20)。これは単に2000年から投資を始めた人は儲かっていない、ということを示しているだけで、「株は儲からない」という証明ができたとはいえないのではないか。1980〜1999のグラフ(図19)は「片対数グラフ」を使用していて、株価の上昇を小さく見せようとしているような意図が感じられた。

それと、日本のことについて書くなら、日本の歴史をもう少し勉強して欲しい。

他のレビュアーさんも書いておられたが「マネーロンダリング」「黄金の羽根シリーズ」の頃が懐かしい。昔の作品がインパクトがありすぎたために期待値が高くなるきらいもあるが・・・。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 著者の本は,深い熟考と調査によって書かれており,読んでいてとても参考になる。私が参考になったのは,次の通りである。
・タイには「契約」という概念がなく,日本人もタイ人も「ものごとの白黒をはっきりさせることを好まない」。
・統治の倫理は,40億年前の生命誕生からつづく進化の歴史のなかで育まれてきた。それに対してメソポタミアや黄河流域に都市文明が興って交易が始まったのは紀元前3000年~紀元前2000年頃だから,市場の倫理にはまだ5000年程度の歴史しかない。統治の倫理はヒトの遺伝子にあらかじめプログラム(プレインストール)された本能であるのに対し,市場の倫理は学習によって身につける文化だ。
・政治空間はベタな人間関係の世界で,貨幣空間はひととひとがお金でつながるフラットな世界だった。だから貨幣空間が政治空間を侵食すると,家族や学校などの共同体が崩壊して,愛情や友情が失われてしまう。これが,私たちが「お金は汚い」と直感的に嫌う理由だ。
・家族や仲間,故郷といった大切な価値を蝕んでいく不気味な使徒に対して,それがいかに古風でバカバカしく見えようとも,私たちは武士道という“最終兵器”でたたかうしかない。このシンプルな構図を提示したことで,『国家の品格』は日本人のこころをとらえたのだ。
・市場原理主義(グローバリズム)▶貨幣空間が政治空間を
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
話の根拠が幅広く、思わず納得させられそうになる。
但し極めてシンプルな問題であっても残念な論理による結論が書かれている点も散見され、著者の勘違いが散りばめられている可能性も高そうである。
例えば「確率世界と複雑系世界」と題するテーマの箇所では「私たちの遺伝子にプレインストールされているプログラムは、確率世界や複雑系世界に対応できるようにできていないから、確率的な出来事(宝くじ)や複雑系の病気(がん)を無意識のうちに因果論で解釈してしまう」と書いているが、これは認知の力の問題である。
関わる要素すべてを認知する能力はどんな動物も持ち合わせておらず、すべてを把握するには、遺伝子と脳を読み取り個人の行動やリスクを予測でき、世界の空気の動きを分子レベルで把握して風の動きと気温の変化を予測でき、世界の海の動きを分子レベルで把握して海流と海水温を予測でき・・・と続く無限とも言える情報収集に加え、それらをリアルタイムに解析して関連付ける能力が不可欠であり、遺伝子以前の問題である。
しかもシンプルな確率論は認知可能であって、弱さが因果論に引きつけられているに過ぎない。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック