Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,210

¥ 302の割引 (20%)

ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[小宮山悟]の日本人投手がメジャーで故障する理由
Kindle App Ad

日本人投手がメジャーで故障する理由 Kindle版

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,210

商品の説明

内容紹介

田中将大、ダルビッシュ有……、国内で活躍ののち、さらなる活躍の場を求めてアメリカに渡った日本人投手たちの故障を伝えるニュースがあとを絶たない。なぜ、日本人投手はメジャーで故障をするのか? 本書は、理論的な分析で定評のある著者が“肘の故障”をキーワードに、日米の野球の違い、ピッチング等、現在の野球を新しい視点で読み解く1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

松坂大輔、田中将大にダルビッシュ有まで…海を渡った投手を襲うケガの正体とは?日米でプロのマウンドに上がった著者だからこそ明かせるその理由。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 965 KB
  • 出版社: 双葉社 (2015/9/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019ETF9OE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 124,347位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
なかなかキャッチ―なタイトル。マー君やダルビッシュ、
松坂などなど確かにどうしてなんだろと思うテーマです。

ちょっとひねって読んでみると異文化のコミュニケーシ
ョン&仕事論みたいに楽しむこともできます。

著者は自ら体験した日米での「野球」と「ベースボール」
という“仕事”の違いを説明し、プロとしての取り組み方
から学生時代の指導法がどう違うのかなどを説明しなが
らタイトルについて答えを明らかにしていきます。怪我
をしないためには「おとなしく投げる」という表現が面
白いです。

よく理論派と紹介される著者ですが、意外に理論的なこ
とだけでなく、ある程度の根性論も肯定しているのが面
白い。

世代的には私と同世代なので、仕事論としても昭和最後
の世代ぽい感じで共感できました。でも、野球無名高出
身で2浪して大学に入ったり、プロでも浪人したりと、ち
ょっといい意味で偏屈だから余計にこういう考えなのか
もしれませんが。でも、好きな考え方です。

仕事論として読んでみると、「へっぽこバッターばかり
のメジャーはダメ。喝!」みたいな日本流が一番と思っ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
理論家で知られる小宮山氏だけに、もう少し突っ込んだ解説を期待していたのだが…
ロッテ時代や野球人生談がほとんどで、一番聞きたかった日米野球の違いの部分では、テレビなどで一般的に言われてる内容が多かったように思う。
もちろん独自の視点もあったが、今一番好きな野球解説者なので期待値が高かっただけに少々残念。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書のタイトルにもなっている、「日本人投手がメジャーで故障する理由」、
松坂、ダルビッシュ、田中、藤川、和田、etc..日本でフル回転していたピッチャーたちが
アメリカに行くや、トミージョン手術や故障離脱に直面していることが不思議でしたが、
本書は今までで最もこの件について納得させてくれました。

小宮山氏は「正しいフォームを身につけること」がピッチングにおいて最も重要なことというのを
日米での経験(特にアメリカの指導者との対話)から導き出します。その中で、
「出力に耐えられないピッチングフォーム」を繰り返すことで知らず知らずのうちに故障が発生するとのこと。
そして、そうなる要因として、日米のボールの違い(7グラム重く、滑りやすい革質のMLBへのアジャストは
想像以上に大変らしい)、疲労が取れる前にやってくる中4日のローテーションという環境の違い、
環境の変化にともなう精神的な要因などを挙げています。

こうしたことは既に色々なメディアでも取り上げられていましたが、
球界屈指の理論派であり、日米の野球に精通した著者の説明は非常にわかりやすく、
今までで最も納得させてくれるものでした。

ダルビッシュも提言していた中6日ローテ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
メジャー経験者の著者が、自分の経験をもとに書いているので、読者自身がプロ野球やメジャーを経験しているような感じでよめます。面白いです。

プロ野球選手になるのもそれほど難しくはないように感じられるのですが、よく考えてみるとプロに入るような人は、野球の天才ばかりです。その中でいろいろな競争をしているのですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover