ポイント: 17pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 5月26日 - 6月7日 詳細を見る
通常1~3週間以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 5月19日 - 20日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 多少の中古感がございますがページ内の状態は概ね良好です。予めご了承下さい。◆付録やディスクなどの付属は原則記載がない場合はございません◇版違い等により商品画像と装丁が異なる場合がございます。◆ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さいませ。万が一品切れの場合はキャンセル手続きをさせていただきます。◆通常2営業日以内の発送となります。到着は発送日より2日から5日程度となります。◆
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない (日本語) 単行本 – 2016/5/12

5つ星のうち3.4 16個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥153
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない
  • +
  • なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)
  • +
  • すべてはモテるためである (文庫ぎんが堂)
総額: ¥3,118
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「セックスは面倒くさい」の背景に何があるのか?セックスは、もはや贅沢品だ―。急変する“性意識”の中で“気持ちいい人生”を諦めない方法を大胆に真摯に語りつくす!

著者について

湯山玲子(ゆやま・れいこ)著述家、プロデューサー。日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッションなど、カルチャー界全般を牽引。『スッキリ! 』のコメンテーター等、テレビでも活躍。著書に『クラブカルチャー』(毎日新聞社)、『四十路越え! 』(角川文庫)、『女装する女』(新潮新書)、『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『ベルばら手帖』(マガジンハウス)、『快楽上等! 』(共著/幻冬舎文庫)、『男をこじらせる前に』(KADOKAWA)など。

二村ヒトシ(にむら・ひとし)アダルトビデオ監督。1964年六本木生まれ。慶應義塾幼稚舎卒、慶應義塾大学文学部中退。監督作品として『美しい痴女の接吻とセックス』『ふたなりレズビアン』『女装美少年』など、ジェンダーを超える演出を数多く創案。現在は、複数のAVレーベルを主宰するほか、ソフト・オン・デマンド若手監督のエロ教育顧問も務める。 著書に『すべてはモテるためである』、『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(ともにイースト・プレス)、『淑女のはらわた 二村ヒトシ恋愛対談集』(洋泉社)『オトコのカラダはキモチいい』(共著/KADOKAWA)などがある。

登録情報

  • 出版社 : 幻冬舎 (2016/5/12)
  • 発売日 : 2016/5/12
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 249ページ
  • ISBN-10 : 4344029348
  • ISBN-13 : 978-4344029347
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 16個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
16 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年8月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年7月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年4月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年5月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年5月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 自分でも気がつかなかった男尊女卑感覚がわかる
ユーザー名: BIBA バーバラ、日付: 2016年5月28日
非モテのブサイクとして生を受け、容姿と性に苦しみ続けた男女は救済されるはず。私は、3回読みました。
テーマはセックスですが、生き方の問題について、自分でも思いもよらなかったことがわかる啓蒙書と感じました。
ブスでも女の擬態が優れたものがモテる現実、女で戦うことのもやもやについて、
P107 の「怒る姿よりも被害者としての泣きのモード」という一文に、私がここ近年抱えていたもやもやが氷解しました。

男尊女卑が根底にある、日本独自の男女関係、セックスと支配について、湯山×二村のP155~157のエキサイティングなやりとりに、近代の女が抱える被害者意識の根本的な原因がわかります。

性ではなく生き方、女としての擬態の終わらせ方が分かりました。本当にありがとうございます。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告