通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 多少のやけあり 中はきれいです
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書) 新書 – 2008/5

5つ星のうち 3.4 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書)
  • +
  • 人口学への招待―少子・高齢化はどこまで解明されたか (中公新書)
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

2004年12月の一億二七八〇万人をもって日本の人口はピークを迎えた。翌05年から現象が始まり、今後も減り続ける。2042年には一億人を割り、百年後には三分の一になるとも予測されている。その結果を受けて、政府やマスコミはGDPや所得の低下、消費市場の縮小、年金の破綻などの悲観論を喧伝するが、これらは真実なのか?人口減少が下げ止まり反転増加することはないのか?日本の人口変化を「人口容量」という仮説から大胆に予測した文明論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

古田/隆彦
現代社会研究所所長、青森大学社会学部教授。1939年岐阜県生まれ。名古屋大学法学部卒業。八幡製鐵所(現・新日本製鐵)、社会工学研究所取締役研究部長を経て、1984年から現職。専門は応用社会学、消費社会学、人口社会学、未来社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 248ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2008/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344980840
  • ISBN-13: 978-4344980846
  • 発売日: 2008/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 534,093位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
人口減少社会に入った日本社会。「このまま行くと日本人は22世紀絶滅する」?
・・・そんなこたぁない。というのが本書の立場で、ある意味至って常識的な議論です。

日本が平和に人口減少に入ったということは、慶賀すべきことでもあります。
野放図に人口を増やした結果、戦争や飢饉という悲惨を迎えねばならなかった文明も多いわけですから、
日本が豊かさを維持したまま平和に人口減少モードに入ったこと自体、誇ってよいことだと思います。

どのみち、工業文明によって大幅に拡大した地球の「人口容量」が限界に近づいているのは確かです。
当面は、「粗放な工業」を「精緻な工業」に進化させることでエネルギー効率を向上させていくしかない。
その文明の新しい局面を拓いていくのは、まさに日本であるという点は同感です。

人口減少は、別に悪いことではないです。
人口拡大期に適合した古い制度・システムを修繕するのがちょっと大変なだけです。
でも、人口が減ることで、日本を総体として暮らし良くすることは可能ですし、そうする知恵が日本人にはあると思います。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本の人口は2004年をピークに減少に転じ、
今後はそれに伴う経済力の低下や年金制度の破綻が心配されている。
しかし、本書では人口が減ってもGDPを維持していく事は可能であり、
人口が減るぶん一人当たりの所得は増えて生活はむしろ豊かになると主張する。
高齢化の問題についても著者の考え方に従って計算すれば、
一人の老人を養う生産者の数は2010年の2.3人から2030年の3.2人へと、
楽になるというのだが、これは今まで65歳以上を老人としていたのを、
75歳以上に引き上げた場合の試算であり、これには反対意見もあるのではないだろうか。

石器時代から現代まで、人類は何度かの人口減少を経験しているが、
それは文明の発展にとってはむしろ必要な段階であり、
また人口減少によって実際に生活が豊かになった歴史的実例を、
江戸中期の日本や中世末期の英国を例にとって説明している。

これからの人口減少社会に不安を持つ人にとって、
本書は大いに救いになるだろう。
少々楽観的すぎるという批判的な意見もあるかもしれないが、
すでに日本の人口容量は限界に達しており、
人口が減る事自体は決して悪い事ではないと認識を変えさせてくれる。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者の主張は、
どんな文明も共通の発展パターンがあり、成長期には人口が増えるが、その文明が支えられる限界の人口容量に近くなると人口増加は止まりさらに減少局面に移る。この人口減少局面こそ文明が成熟期に入ったサインである。このパターンは古代からの人口推移にはっきりと何度も現れている。縄文晩期、飛鳥天平時代、元禄時代、これらの時代こそ歴史的に豊かな時代と言える。そしてGDPは増えなくても一人当たりの富(富とは欲望を満たす全てのもの)が増すこのような豊かな時代が今まさに訪れようとしている。現在はまだ成熟期に入ったばかりのとまどいがあるものの、やがて安定した爛熟期を迎えると考えただけでもワクワクする。そして遂には真の脱工業化社会(後期工業化社会とも)が訪れると人口も次の限界容量に向けて増加し、新たな文明期を迎える。

文明の発展過程と人口推移を関連付けた慧眼だと思う。マルサスの人口論以来の画期的な文明論であろう。目先の経済成長に囚われることなくこのような大局的な歴史観を身に付けたいものである。ただこの本で惜しむらくは著者が不必要に刺激的な論点にこだわっているために、一部一般読者にマルサスの人口論のように「キワモノ」と見なされているとすれば大変残念である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 この本は「パラダイム(思考の枠組み)」の転換というより、「エピステーメー(時代精神)」の組み換えを主張しているのではないか。
 表層的に読むと、序章の「定義を変えれば、子どもは増え、老人は減る」などという、ラディカルな主張につい目を奪われて、その奥にある本質的な論旨を見逃すことになる。
 2章以下を読んでいくと、「人口容量」「人口波動」「人口抑制装置」といった用語を通じて、人口問題はあくまでも素材であり、その背後にある日本人の歴史、さらには人類の歴史が浮かび上がってくる。
 とりわけ、10章で展開される「文明の推移と展望」を読むと、人口問題はまさしく文明の問題であることがよくわかる。長期的な人口動向を展望するには、デモグラフィック(人口統計学)な数字よりも、人類と世界との関係を変える「エピステーメー」の動きに注意を払うことが必要、ということだろう。
 人口問題といえば、数量分析に偏りがちな、昨今の社会学や経済学を超えて、よりマクロな文化・文明論的視点を提供している点で、新しい学問の方向を示唆している。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す