ポイント: 8pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 12月18日 土曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
5 時間 4 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 2022年1月31日まで返品可能です
2021年の年末期間においては、返品・交換の条件に基づき、11月1日から12月31日までに購入された返品可能な商品は、原則として2022年1月31日までに返品することができます。
日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・... がカートに入りました
お届け日 (配送料: ¥257 ): 12月12日 - 13日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 比較的状態の良い商品です。その他、各コンディションに応じた使用感がある場合がございます。アマゾン専用在庫です。丁寧な梱包いたします。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本人はどこまで減るか―人口減少社会のパラダイム・シフト (幻冬舎新書) 新書 – 2008/5/1

5つ星のうち3.5 11個の評価

価格
新品 中古品
新書
¥836
¥836 ¥1

購入を強化する

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

2004年12月の一億二七八〇万人をもって日本の人口はピークを迎えた。翌05年から現象が始まり、今後も減り続ける。2042年には一億人を割り、百年後には三分の一になるとも予測されている。その結果を受けて、政府やマスコミはGDPや所得の低下、消費市場の縮小、年金の破綻などの悲観論を喧伝するが、これらは真実なのか?人口減少が下げ止まり反転増加することはないのか?日本の人口変化を「人口容量」という仮説から大胆に予測した文明論。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

古田/隆彦
現代社会研究所所長、青森大学社会学部教授。1939年岐阜県生まれ。名古屋大学法学部卒業。八幡製鐵所(現・新日本製鐵)、社会工学研究所取締役研究部長を経て、1984年から現職。専門は応用社会学、消費社会学、人口社会学、未来社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 幻冬舎 (2008/5/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2008/5/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 248ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4344980840
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4344980846
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 11個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

古田隆彦(ふるた・たかひこ)プロフィール

●現職・・・現代社会研究所所長・青森大学名誉教授

●略歴・・・㈱社会工学研究所・取締役研究部長を経て、1984年より現職。総務省、国土交通省、文部科学省などの審議会・研究会委員、東京都「東京ブランド」検討委員長、青森県政策マーケティング委員長、日本生活学会常任理事事務局長などを歴任。

●専門・・・応用社会学、消費社会学、人口社会学、未来社会学、マーケティング戦略論、文明論など。

●著書・・・マーケティング関係(『“増子・中年化”社会のマーケティング』、『人口減少社会のマーケティング』『人口減少逆転ビジネス』など)、人口学・未来学関係(『日本人はどこまで減るか』、『人口減少 日本はこう変わる』、『人口波動で未来を読む』など)、共著(『消費社会のリ・デザイン』、『論争・少子化日本』、『高齢化社会への対応』など)30冊を上梓。

●業績・・・食品、アパレル、住宅、不動産、自動車、電機、化粧品、化学、薬品、流通、外食、交通、金融、保険など、数十社のマーケティング参画・商品指導・社員研修などを担当。

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
11 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2015年11月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年4月24日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年6月11日に日本でレビュー済み
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年10月5日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
VINEメンバー
2008年6月3日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2009年10月15日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年10月1日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2008年11月22日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する