通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■カバーにキズは有りますが、中のページは非常に綺麗な状態です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書) 新書 – 2016/12/6

5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 600

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人の9割が知らない遺伝の真実 (SB新書)
  • +
  • 言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)
  • +
  • 遺伝子の不都合な真実―すべての能力は遺伝である (ちくま新書)
総額: ¥2,548
ポイントの合計: 59pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

遺伝ほど俗説で誤解されているものはない!

◆現代社会の格差や不平等の根幹には、知能をはじめとした「才能」が遺伝の影響を受けていることが挙げられる。これはショッキングな事実ではあるが、だとしたら「才能は遺伝がすべて」「勉強してもムダ」「遺伝の影響は一生変わらない」などと思われがちだ。しかし、それは誤解。俗説を解きほぐしながら、個人の「生存戦略」としても遺伝を真に役立てる方法を提起する!

◆ベストセラー『言ってはいけない』を誤読せず、その議論を深掘りする!

◆あなたの人生を変える「行動遺伝学」

・収入と遺伝に関係はあるか?
・子どもの才能は、友だち付き合いで決まる?
・英才教育に効果はあるか?
・その人らしさが発現するタイミングとは?

内容(「BOOK」データベースより)

現代社会の格差や不平等の根幹には、知能をはじめとした「才能」が遺伝の影響を受けていることが挙げられる。これはショッキングな事実ではあるが、だとしたら「才能は遺伝がすべて」「勉強してもムダ」「遺伝の影響は一生変わらない」などと思われがちだ。しかし、それは誤解。俗説を解きほぐしながら、個人の「生存戦略」としても遺伝を真に役立てる方法を提起する!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2016/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797389745
  • ISBN-13: 978-4797389746
  • 発売日: 2016/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 11.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,593位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
書き方が安藤先生の前著作より気を遣わなくなった感じです。言ってはいけないの著者の方と書き方や考え方が大幅に違うだけで内容や主張は大きい違いがないと思います。
橘さんの本でイラついた方は橘さんは専門家ではないため遺伝そのものに関する説明が少ないため遺伝が全てと読んだのでしょうから改めて読んでみてはいかがでしょうか。

良かったとこを抜粋させて貰います。

p102「自分にはこれができる、これが好きだ…そうした内側から沸き上がってくる感覚というのは自分が生まれ持っている遺伝をもとに環境が出会った時に生じる」

P138「犯罪傾向やうつについては遺伝と環境の相互作用…もし遺伝的素質が疑われるような人にたいしてはストレスの少ない環境を特に注意して与えることが有効」
遺伝子が表面上発現するかはやはり環境が関わってくるようです。遺伝子が占める割合は無視できないが遺伝子が全てではないということで、行き過ぎた格差はますます犯罪や自殺を増やすかもしれません。

P156「過去の栄光に溺れるな、いまの不幸を嘆くな」一番グサッときた見出しです。心理学も精神医学もですが行動遺伝学でも「いまここで」が出てくるとは。

p197「素質がないことに気づくこともまた素質の発見」確
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
著者の様々な人たちとの対談動画を見て本書を購入。
本書を読んだ感想は、本当に言いたいことは言っていないのではないかということ。
あからさますぎる結論に唖然としている著者を感じています。

すべての才能や能力はほぼ遺伝で決まってしまっている。
それが事実だとしても才能がない人でもなんとか教育で解決でできないかと思いを巡らす。
だが教育にも限界があるということに気づいてしまい混乱しているのが今だと予測しています。
今後の研究実践の中でどんな答えを導き出すのかが楽しみです。

なに・・・シンプルに学校の勉強だけが人の才能を量る尺度ではないし、
どこ・・・遺伝の影響が促進される環境に身をおけることは運でしかないし、
いつ・・・生まれてから死ぬまでの間に遺伝された才能が花開くのかもわからない。

個人が好きなことを追求するしか答えはないよなという本書を読んで僕がえた結論です。
今を生きているということは生存競争に残った遺伝子を持っているということだから。
それを信じて己の道を歩むだけですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 行動遺伝学とは、双生児法(一卵性双生児と二卵性双生児の類似性の比較)により、性格や知能、精神疾患などヒトの様々な形質に遺伝や環境がどの程度影響しているのかを調べる学問。本書は、これまでに行動遺伝学で得られた研究結果を紹介するとともに、行動遺伝学に基づいたあるべき教育や社会の姿について提案したものである。

 各種の才能に遺伝の影響が大きく、特に音楽や執筆、スポーツ、数学などは遺伝の寄与率が80%を超えるというのは感覚的に頷ける気もするが、知能(IQ)にも遺伝が半分以上寄与している、その他のほとんどの形質にも遺伝の寄与が半分くらいあるなど、改めて示されると意外に思われるデータが色々と出てくる。またIQを含め、学力は遺伝や家庭環境など子供自身ではどうしようもない要素で決定される割合が高いのに、現在の社会や学校では特定の能力がフォーカスされ、その能力の向上に向けてほとんどの人が不当な頑張りを強制されているなど、現在の教育の問題点の指摘にも納得できる点が色々とあった。

 ただ、本書は著者自身が「あとがき」で書いているように昨年ベストセラーとなった橘玲氏の『言ってはいけない 残酷すぎる真実』に便乗して出版されたものである。そのことを反映しているのかもしれないが、書名をはじめ小見出し等も含めてあえて過激な書き方をしていると思われる部分が多いし、最近の
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
行動遺伝学、教育心理学の専門家の先生が書かれた本。
とても勉強になる知識も多いが、自分の専門分野以外の知識の欠落が多くて内容が危なかっしい。

一番問題なのは、不十分な検証で現在の進学校の教育を否定しているところである。
「遺伝が学力に大きく影響している。個々の生まれながらの能力にあった教育をする必要がある。知力は平等ではない」
という記述は根拠も文章力もあり説得力がある。
しかし、「行く学校によって年収への影響はほとんどなかった」という記述の根拠として挙げられている
のが「一組の一卵性双生児が別々の大学に行っても年収が変わらなかった」というデータと、
「学校教育が同じか異なるかは層別解析していない一卵性双生児と二卵性双生児」のその後の収入データだけである。

これは疫学のデザインとして大いに問題がある。
「一組の一卵性双生児が別々の大学に行っても年収が変わらなかった」というデータは有名な一人の芸能人が怪しいサプリで「私はやせた!」
って言ってるのと変わらないし、「学校教育が同じか異なるかは層別解析していない一卵性双生児と二卵性双生児の比較」は進学校の成果を否定するにはあまりに不十分だ。
理想的にはもちろん、一卵性双生児を生まれた時から別々の環境に置いて
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック