通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人の誇り (文春新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人の誇り (文春新書) 新書 – 2011/4/19

5つ星のうち 4.6 132件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント2,000円分プレゼントキャンペーン実施中。12/27まで

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人の誇り (文春新書)
  • +
  • 国家の品格 (新潮新書)
  • +
  • 祖国とは国語 (新潮文庫)
総額: ¥2,040
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

危機に立たされた日本は、今こそ「自立」と「誇り」を回復するために何をすべきなのか? 『国家の品格』の著者による渾身の提言。

内容(「BOOK」データベースより)

「個より公、金より徳、競争より和」を重んじる日本国民の精神性は、文明史上、世界に冠たる尊きものだった。しかし戦後日本は、その自信をなぜ失ったのか?幕末の開国から昭和の敗戦に至る歴史を徹底検証し、国難の時代を生きる日本人に誇りと自信を与える、現代人必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/4/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166608045
  • ISBN-13: 978-4166608041
  • 発売日: 2011/4/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 132件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,048位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
読みやすい本なので、歴史を勉強しているお子さんに薦めてあげてください。

ご存じの方も多いでしょうが、日本には「近隣諸国条項」というものがあり、
教科書検定では歴史的客観性より「中国韓国を怒らせない」ことの方が優先されるのです。

教科書に真実が書けないのです。

実際に教科書の執筆をした人のコメントを紹介します。

「教科書検定では、中国・韓国・アメリカの負の記述はかなり削られる」
「しかし日本の負の部分はなるべく多く書けという要求が来る」

「特に『近隣諸国条項』というものがある限り『史料』にそった正確な歴史記述さえできない」

「中国・韓国には『近隣諸国条項』なんかない」
「だから、中・韓の子供たちが日本を憎むように育てるための、すさまじい
『反日』教育が行なわれている」
「なのに日本だけは、中・韓には決して胸を張れない子供を育てよ、と要求するのだ」

本書は全面的に日本を肯定する本ではありません。
日本を強く批判している部分もあります。

お子さんに、教科書検定を受けてない本当の歴史を教えてあげてください。
コメント 331人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
70年代に大学に通っていた頃、日本国憲法は欠陥憲法などと発言したら、周囲から袋叩きにされたものです。特に大学やメディアは左派に牛耳られていて、憲法の改正、自衛隊の肯定、東京裁判の否定などは公に議論することすらできない雰囲気でした。それに反して、教条的な護憲論や自衛隊違憲論で気勢を上げる輩は嫌というほどいて、理性的な言論は封殺されていましたね。若い人達は親御さん達に当時の話を聞いてみてください。
「日本人の誇り」が売れているのは、あらゆるタブーが徐々に取り除かれ、自由な議論を許す風潮が生まれてきている証左なのでしょう(左派全盛の頃を懐かしむ在日左派の姜尚中は、まったく逆の事を言っていますが)。こういった本は、是非とも学校の日本史の授業の副読本にして欲しいものです。
コメント 141人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
国家の品格に引き続き、素晴らしい本です。日本人みんなに読んでほしいです。

今の日本人は、どこかおかしい。。。という、漠然とした見方への回答ともなっています。

国家の品格では、今の日本人が失った心である、武士道、敗者へのやさしさ、自然と調和、もののあわれ、など
を取り戻すべし、などが中心となっていますが、本作では、なぜ、日本人は変わってしまったのかとの疑問に
対しての回答として、大東亜戦争と戦後のことが書かれています。

特に、支那進出の黒幕としてのロシアの陰謀、アメリカによる戦後の軍部吊るし上げ洗脳教育としてのWGIP,
押しつけ憲法、そして、日教組による誘導。。

今なお、その弊害に苦しんでいることが如実にわかります。

今こそ、日教組の排除、憲法改正、そして、自分の国は自分で守るというあたりまえのことが求めれている
ことに開眼しました。

論理、論理、で押し付けがましい欧米と、自国の勝手を押し付けてくる支那と朝鮮。

明治人が持っていた誇り高い日本人を取り戻すことが、必要な時代です。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
藤原先生は現役なので遺書というのは失礼かもしれないが、そういう意気込みで書かれた本だと思う。熱い思いが伝わってきます。ありがとう、藤原先生。でもいくら本書で訴えても、日本の危機は潜行して静かに進行中である。

わたしが以前から不思議に思うのは、国会議員の出自をなぜ公開しないのかということ。石原慎太郎氏は「民主党には帰化議員が多い」と言っているが、そのことを隠してマニフェストに掲げていない外国人参政権法案を通そうとするのは、卑怯なやり方だと思う。これは国民を欺く壮大な政治的詐欺ではないだろうか。

野田首相は民主党が政権を取ったとき、「選挙で勝てたのは民団の支援があったおかげです」とその大会に出席して堂々と述べている。外国政府の傘下にある団体のおかげで選挙に勝てた、などと公言するトップがいる国が他にあるのだろうか。それを隠そうともしないことにショックを受けた。

民主党には出自を公開しながら、外国人参政権法案を通そうと活動している韓国系議員や、「日本の政治家は日中戦争をもっと勉強せよ」と北京で公言した中国系議員もいる。いったいどこの国の国益を主張するために、日本の国会議員になっているのだろうか。売国行為スレスレである。

こういうことを言うと、「人種差別だ」と的外れの批判をする輩(やから)が必ず出てくる。
...続きを読む ›
コメント 70人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック