通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 使用感・イタミ・ヤケ・折れ等がありますが、使用上の大きな支障はありません。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理 単行本(ソフトカバー) – 2014/12/15

5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,239

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人の知らない「クレムリン・メソッド」-世界を動かす11の原理
  • +
  • プーチン 最後の聖戦  ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?
  • +
  • 日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

現代の私たち日本人には、不確実で不透明な「世界の動き」を理解することがますます難しくなってきています。
平和ボケの日本政治家と日本人は気づいていませんが、「日本以外の世界」では、いまだに各国が生き残りをかけて「戦国時代」が続いています。
アメリカの没落、覇権力の低下により、このままでは、日本と日本人は、何も気づかず、何も考えず、何もしないまま、この戦国の世界に、そのまま放り出されるでしょう。
そうなれば、日本の「自立」や「経済の復活」はおろか、国そのものの「崩壊」「消滅」すら起こりえるでしょう。
その原因のひとつは、欧米国家とそのマスメディア(日本も含む)に作為的に操作された「情報」ピラミッドの底辺に、私たち日本人が組み込まれ、そのことに気づいていないからです。

著者の北野幸伯氏は、KGBとロシア外交官を専門に養成するロシア外務省付属「モスクワ国関係大学」を卒業した初めての日本人です。
この本は、これまでの経験から習得した独自の「世界の見方=クレムリン・メソッド」をもとに、欧米一辺倒の情報と策略に毒されたわたしたちに「世界のまったく別の見方」「世界の真の姿」を示す本です。

この本には、あなたがこれまで学校でも社会でも知ることのなかったであろう「世界を動かす」驚くべき11のシンプルで強力な原理が書かれています。

それを正しく理解しさえすれば、専門家でなくても、「これから世界で何が起こるのか」「次に世界を制し、動かしていくのはどの国か」そして、
「その世界のなかで日本はどうなるのか」「日本人と日本はどうサバイバルしていけばいいのか」について、私たち一人一人が容易にわかるようになるでしょう。
世界や日本のリーダーたちの「策略」や「ウソ」にだまされることもなくなり、すべての人が「自立的」に行動を取ることができるようになるでしょう。

この「クレムリン・メソッド」世界を動かす11の原理とは…。
1世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
2世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
3国家にはライフサイクルがある
4国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
5「エネルギー」は「平和」より重要である
6「基軸通貨」を握るものが世界を制す
7「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく
8世界のすべての情報は「操作」されている
9世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」
10戦争とは、「情報戦」「経済線」「実戦」の三つである
11「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない

本書は、まさにこれまでアメリカに依存し、日本人が刷り込まれた「世界観」に転換を迫り、パラダイムシフトを起こす衝撃の「一冊」になるでしょう!

内容(「BOOK」データベースより)

日本人の想像を超えた「世界の真の姿」とは?いまも続く熾烈な「戦国」の世界で、日本は生き残れるのか…?アメリカに依存し、洗脳された平和ボケ日本人に世界観の転換を迫る衝撃の一冊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2014/12/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797672811
  • ISBN-13: 978-4797672817
  • 発売日: 2014/12/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 46件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私自身もロシアに在住し、ソ連崩壊時の極貧・理不尽を経験した身なので、この方のリアリズムな正論には賛同する。
著者書籍の「プーチン最後の聖戦 」と似ている部分がある。それは「エネルギー資源の確保」と「基軸通貨の支配」である。
本書では日本人が好きな「平和・友愛・友国」といった言葉は戯言で、他国は「エネルギー」や「基軸通貨」を支配し、生き残りを図ろうとしていることを冷静に伝えている。そして、いかに日本国民は海外情勢を知らず、英米よりの操作された情報を享受し、他国に利用されているかを痛感させられるだろう。その典型が、パレスチナ問題やウクライナ情勢において「ロシア=悪」、「ウクライナ=善」、「パレスチナ=善」とテレビでは報道されてことだ。海外情勢を学べばこれが嘘だと理解できる(実際は「ロシア=ウクライナ=パレスチナ=悪」)。
そして、この情報が操作されていることに気づく。エジプト、リビア、シリアについても同じである。

この書籍を通して、世界の出来事は全て仕組まれており、戦争は勿論、マララのノーベル平和賞受賞ですら例外ではないことが伺える。そしてそれが他国の国益に・・・・。

日本では選挙に行かない人が多い。しかし、それでは他国に利用され、搾取され続けてしまう。国民が進んで選挙、世界情勢について学び、「自立」していく必要
...続きを読む ›
コメント 263人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 米国は、ロシアのグルジア(ジョージア)介入やクリミア併合に関して「国際的なルール(国際法)に従え」と批判する。こういった場合、日本政府は必ず米国に同調するし、大手マスコミもほぼ同様だ。しかし、ロシア外務省附属の大学を卒業し、モスクワ在住の著者は、ロシアのマスコミ等公開情報を通じて、ロシア側の見方を教えてくれる。
 確かに「イラク戦争は国際法に違反していないのか」「NATOのコソボ空爆を棚に上げて何を言っているのだ」と言うのもわからないではない。こういう見方は、日本ではたまにしか出ていない。我々は、知らず知らずのうちに、ある特定の情報ピラミッドの中からものを見ているのである。

 著者がいう「11の原理」には常識的なものも含まれているが、改めて整理しておく意味はある。「国益とは金儲けと安全の確保」というのは同感で、外交ではニコニコと握手しながらも冷徹に利益を確保しなければならない。また、「エネルギーは平和よりも重要」に共感するかは人それぞれだろうが、現実の世界をみればその通りの事件が頻発しているし、「基軸通貨を握るものが世界を制す」を頭に入れておくと、アメリカとの微妙な関係が理解できることも少なくない。

 エマニュエル・トッドの「ドイツ帝国が世界を破滅させる」のように、世間一般とは違った考えの刺激「気づき」がある本である。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
表紙の1行目がロシア文字で何が書いてあるかわからない方、
これは「クレムリン・メソッド」をロシア文字で書いたものです。
(グーグルの翻訳機能で調べられます)

クレムリンとはモスクワにある宮殿のことで、
昔からロシアの皇帝が使っていました。
今は大統領が使っており、クレムリンと言う場合、宮殿というよりはロシア政府を指すことが多いです。
(「ホワイトハウス=アメリカ政府」という通称に似ていますね。)
なので、「クレムリン・メソッド」ということは、「ロシア政府(プーチン大統領)の方法・考え方」
ということになるんでしょうかね。

この本を買うかどうか迷っている方、この本は買いです。間違いありません。
著者のメルマガや過去の著書を読むと、世界の未来はこうなると予言をされています。
それがなぜか当たっちゃってるんですよね。
とても不思議に思っていましたが、今回の本でその未来予測法が公開されてしまいました。
それがこの11の原理です。

著者はモスクワ大学と並び称されるモスクワ国際関係大学および大学院で国際関係について学び、
その後もずっとロシアに住み20年以上に渡って国際関係について研究されています。
...続きを読む ›
コメント 167人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
日本は、アメリカが「もうあんたたちを守れませんよ。自分のことで精一杯」
となったとき、自国を守れる準備ができているでしょうか?(本文より)

筆者からのこの問い掛けにどう答えますか?その答えは「準備は全く出来ていません」です。そして、そのためにはまず私達一人ひとりが何から始めれば良いのか?というヒントが満載しているのが本書です。

何をすればよいのか?筆者は「自立」と説きます。「日本の自立」。その意味ややり方に関する議論はすでにたくさんあり、右から左まですべての陣営の人が「日本は自立するべきだ」と考えていること自体は間違いないはずです。当然です、日本は曲がりなりにも「独立国」ですから。

しかし、現状はどうなのか?このことも、右から左のすべての日本人が薄々(またはハッキリと)感づいていることです。筆者は、この状態を脱するためにはまず「発想の大前提」を変える必要がある、と言います。その大前提とは何か?それを余すところなく披露しています。

1世界の大局を知るには、「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
2世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
3国家にはライフサイクルがある
4国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
5「エネルギー」は「平和」より重
...続きを読む ›
コメント 143人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー