中古品
¥ 40
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品相応の多少のヤケや経年感等があります。不備がございましたら返金にて対応させていただきます。ご注文確認後迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人の清潔がアブナイ! 単行本 – 2000/6

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1
文庫
¥ 12,973 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

メディア掲載レビューほか

いささか尾籠な話だが、学校で大きい方の用を足せない小学生が増えているという。本書の著者の調査によれば、男子生徒の90%以上が「学校でうんちができない」と答えたというのだ。排便をすると、友人から「汚い」「臭い」といじめられるのが原因だ。

最近は大人までもがにおいに過敏になっている。若者から「オヤジ臭い」と言われないように、本来なら安心感を与えるはずの「加齢臭」を消そうと中年男性は化粧品を求めて走る。殺菌・消臭機能を持つ下着も売れる。

著者は、こんな社会を「清潔病」と一刀両断に処す。人が生きていくのに必要な「共生菌」や人の個性でもある「におい」を排除することは、個としての存在を否定し、人の均一化に拍車をかけると指摘。そして、それは生物としての弱体化を意味すると警鐘を鳴らす。

著者の語りは過剰なまでのユーモアに彩られているが、読み進めるうちに笑い事では済まされない、「清潔」を巡る現代社会の精神病理が浮かび上がってくる。


(日経ビジネス2000/6/26号 Copyright©日経BP社.All rights reserved.)
-- 日経ビジネス

内容紹介

日本人はなぜこんなにもキレイ好きなのか。このままいくと100年で日本人は消滅? いま、学校でうんちの出来ない小学生、美容と脱毛のためのエステ通いの若者、中高年オジサン向きのニオイ消し化粧品、トイレや部屋の脱臭剤などが急激に増えている。「先進国の中でもニッポン人の清潔志向は異常。ニオイなどの異物を排除していくと、集団が均一化して免疫力が落ち、生き物としては弱体化していく」と著者は警告を発する。 世紀末ニッポンに潜む清潔病理をカイチュウ博士が解剖する。とくにアトピー性皮膚炎やぜんそくの子どもをかかえる家族、オジサン臭が気になる方に読んで安心していただきたい。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 254ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093873208
  • ISBN-13: 978-4093873208
  • 発売日: 2000/06
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 296,787位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2003年3月26日
形式: 単行本
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
VINEメンバー2003年11月30日
形式: 単行本
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告