通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ☆ほぼ新品です☆ 綺麗な商品だと思います。★迅速に対応させて頂ます(更にお急ぎの場合はできる限り対応させていただきますのでご連絡ください)※もしも商品説明と異なると感じられ感じられましたら返金対応させて頂きますのでご安心ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2545Shinsyo 29) ペーパーバック – 2011/1/7

5つ星のうち 3.2 47件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人のためのフェイスブック入門 (Forest2545Shinsyo 29)
  • +
  • 【図解】日本人のためのフェイスブック入門 (FOREST Illustration books)
  • +
  • 仕事で使えるフェイスブック活用術~仕事の効率&成果を上げる!実践テクニック~
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 89pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

■なぜ、「中国、インド、フェイスブック」と呼ばれるのか?

 あなたはフェイスブックを知っていますか?
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
それでは、フェイスブックのユーザー数を知っていますか?

そう、5億人です。
世界人口で見れば、中国13億人、インド12億人に次ぐ人口なのです。
 現在、中国やインドが経済的に発展し、
世界経済に影響力をもっている最大の理由も人口の多さなのです。

 それでは、アメリカでは、名刺と同じように
フェイスブックアカウントを交換し合う
ということは知っていましたか?

 実はアメリカだけでなく、世界中でこの現象は起こりつつあるのです。
 つまり、フェイスブックは今後、今以上に私たちの生活、経済、教育…
など、あらゆる分野で影響力を持つことになるということです。
5億人の会員がいるサービスなんて、世界中どこを探しても見つかりません。
もはや一国の超大国というほどの
影響力を持っているといわれているのです。

 もしも、あなたが、
「世界中に友達が欲しい!」
「海外でもビジネスがしたい」
「億を超えるビジネスチャンスを探している」
「恋愛、結婚の相手を探している」
「ネットワークを使って商品、サービスを売りたい」
「自分の可能性を見つけたい」
 と考えているのなら、あなたもこのフェイスブックの世界に
足を踏み入れてみてください。
現在参加している5億人のユーザーも同じ理由で参加しているのです。

http://www.forestpub.co.jp/amazon/face/
(↑6つの教材が手に入るキャンペーン中!)

■日本人のためのフェイスブック

 日本でフェイスブックといっても、

「いまいちやり方がわからない」
「実名、写真には抵抗あるなあ」(もちろん、実名・写真じゃなくてもOK)

 …などの理由で、始めていない人が多いのも事実です。

しかし、
「中国、インドに次ぐユーザー数5億人」
「グーグルを超えたフェイスブック」
「アメリカでは名刺交換するようにフェイスブックアカウントを教える」
…など、もはや知らないではすまされないのがフェイスブックです。

「いまいちやり方わからない」
「どう使っていいかがわからない」
「ビジネスでの活用法も知りたい」
という日本人のために「基本」「プライバシー保護」から
「趣味やスポーツの仲間作り」「ビジネスでの活用法」までを
日本一わかりやすく解説。
「人間関係」「友達」「恋人」「ビジネス」「婚活」
「就職・転職」「人脈」「情報発信」「趣味」「スポーツ」…など
すべてに使える

内容(「BOOK」データベースより)

フェイスブック初心者、フェイスブックのファンたちがみんなで作った!日本人が日本人のために書いた日本一わかりやすいフェイスブックの本。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 195ページ
  • 出版社: フォレスト出版 (2011/1/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894518309
  • ISBN-13: 978-4894518308
  • 発売日: 2011/1/7
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 499,739位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
ビジネスに活用しよう、という人ならともかく、SNSというものにトライしてコミュニケーションを楽しもう、という私みたいな者には、内容が飛躍しすぎていて意味のない本でした。(ビジネスに活用しよう、という人にも目新しいものは無いと思います。)
あと、やたら友達を増やす方策とかが記述されていますが、facebookのルールにはそのような使い方をしないように、とあります。秩序を乱すようなことを自慢げに解説しているのはどうかと思います。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
映画化されたことなどに興味を持ち、新書版であるからと何も考えずに書店の平積みからレジへ持っていったことがそもそもの間違い。
内容は「これからはフェイスブックの時代だぜ!すごいんだぜ!」というものであり、何がどうすごいのかはさっぱり分からない。分からないのは当然で、具体的なことは何も書いていないからだ。「ツィッターと相性がいい」だからなんなのだ?そもそもごく一部の有名人や芸能人を除けば匿名でしかも緩く繋がるツィッターと実名をほとんど強要するフェイスブックでは「単に技術的にリンケージしていて使いやすい」だけでは済まされない。
考えてみれば、Web2.0だのクラウドコンピューティングだの、ネット(パソコン)業界も「マイナスイオン」や「ファジー」などの名前先行の話題が絶えない。ちょっとそっち系に強くかつミーハーな人なら「これはきっとすごいぜ!」と思うが、世間はそうは上手くいかないのが常なのだ。

この本に内容がないのは、肝心の作者がフェイスブックのことをちっとも理解していないからに過ぎない。この著書でも、ツィッターもミクシもブログもちょっと始めたけどすぐやめた(要は飽きたということだろう)と告白している。近くフェイスブックも飽きるに違いない。
この本に書いてあることならば、他のムック本や雑誌の特集記事に目を通しておくだけで充分それ以上のこと
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MadMax 投稿日 2011/2/13
形式: ペーパーバック
うーん、この手の本はたくさん出ているが、本当に金を出して買うべき本ではないですね。
当たり前のことしか書いていないし、内容は稚拙。
いまいちすぎる。ほかの本と差別化が全くないです。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
まず、タイトルが良くない。「日本人のための」とあるが、どのへんが日本人のためなのか、さっぱりわからない。日本語で書いてあること?日本でそこそこトラフィックを稼いでいる、個人のページを紹介していること?

次に、内容がない。雑誌で数ページで解説できそうな内容が、だらりだらりと述べられているだけで、「Facebookには、どんな機能があるのかをざっくりとで良いから知りたい」という欲求には応えているが、それ以上ではない。ならば雑誌のほうが安上がりだし、他の記事もあるので価値がある。

一言でこの本を評すなら、「とくに真面目でもない大学生のレポート」。どこかで拾ってきた文章をつなぎ合わせて、それらしく体裁を整えただけで、「ほんとに理解して書いているのか」と疑いたくなる出来だ。
こんな本を書くのは誰だと思ってよく名前を見たら、マインドマップの贋物を、さも自分が考え付いたノート術であるかのように解説した本を出した著者だった。買う前に気が付くべきことだったのにと、金を溝に捨てた気分になった。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 wave115 VINE メンバー 投稿日 2011/3/14
形式: ペーパーバック
「フェイスブックって何?」という方向けの本ですが,フェイスブックそのものの解説と細かい使い方が混在していて若干読みにくい本です.フェイスブックそのものに興味があるのであれば「...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー