中古品
¥ 80
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【外観】:良() 【本文】:良() "ビニールで防水し、ゆうメールにて発送いたします。 記載ない限り帯や付属品、特典等はございません。 Amazon基準の範囲内で細かく状態を記載しておりますが当方のチェックミスやお客様の判断と異なった場合、ご相談ください。 その際はお手数ですがAmazonメールフォームよりご連絡くださいませ。"
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人なら知っておきたい名字のいわれ・成り立ち (じっぴコンパクト新書) 新書 – 2012/3/29

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 10,844 ¥ 1
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

日本人の名字は30万以上あるという。世界一の多さを誇る。
なぜこれほど多くの名字が生まれてきたのか。
同じ漢字圏の韓国は300、中国でも3000ほどだから、日本は突出している。
そのなかでも大姓となった名字とは? そのルーツを知れば、個別認識のための考え方がわかり、
名付けられた意味に納得。つながりから日本人の歴史が見えてくる。
都道府県別の大姓が物語る、県民の発展してきた人脈の流れとは? 自分たちの一族の祖先が
どこでどう生きてきたのかが浮き彫りになる、日本の歴史が自分のものになる一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

地縁から日本人の名字は増えた。「源平藤橘」を源流とする歴史的経緯。佐藤は栃木・佐野の藤原姓から発祥、東高西低に分布。収穫祈願の聖なる木=鈴木、天地を結ぶ柱=高橋、という意味。都道府県別大姓ルーツで県民の歴史がわかる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 320ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2012/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4408109231
  • ISBN-13: 978-4408109237
  • 発売日: 2012/3/29
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 446,129位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2016年5月23日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2012年8月15日
形式: 新書
0コメント| 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告