Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,000
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[小澤政治]の日本人なら「大東亜戦争」と呼ぼう!: 「大東亜戦争」呼称の復活を!

日本人なら「大東亜戦争」と呼ぼう!: 「大東亜戦争」呼称の復活を! Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2017/10/5
¥ 1,000

商品の説明

内容紹介

第二次世界大戦終焉から70余年を過ぎた現代でも、世界の大勢は我が日本の大東亜戦争を、“日本侵略国”とか、“日本戦争犯罪国”としている「太平洋戦争(史観)」が標準的歴史観となっています。ほどんとの日本人も、このアメリカの押しつけである“太平洋戦争”と呼ぶことを当たり前としております。私たち日本の大東亜戦争の名誉・真実は失われたままです。ほどんとの日本人はそのことがもたらしている重大さへの自覚がないようです。今日ロシア、中国、韓国などの我が日本国土の強奪、侵害や北朝鮮の軍事的危機などは我ら国民に、国家への名誉、国としての自存自衛の気概・誇りの欠如へと結びついているともいえましょう。今日の我が日本の重大な危機である今こそ私たちはこれら負の連鎖を断ち切る時ではないでしょうか。当時の人々が呼称した大東亜戦争の名称が日本人に復活させて、大東亜戦争とは我ら日本のどこまでも自衛の戦いであり、アジア・アフリカなど有色民族解放の聖戦であったことが世界に主張することです。
 それは一度大東亜戦争とは、我らの先人・父祖たちが日本の自衛と名誉を賭けた戦いであり、またアジアやアフリカ、米国国内の黒人などに大いなる希望を抱かせた戦争であったことが世界中に知られると、東京裁判を始めとする戦勝国のこれまでの主張が全て崩れてしまうからです。世界は今なお、日本を国際連合、すなわち連合国という当時の戦勝国史観、「太平洋戦争」と言い続けたいのです。我が日本が、堂々と大東亜戦争の正統を主張すれば、これが逆転され、これまで隠し続けてきた、自分たちの日本への原子爆弾投下、主要都市無差別空襲により日本民族抹殺など重大戦争犯罪、大西洋会談での英米首脳による対日戦争“共同謀議”、ソ連のコミュンテルン世界共産化の恐怖に立ち向かった先人たちの勇気、また今日の中国「南京大虐殺」世界遺産登録と言うウソを超えた世界的プロパガンダ、韓国の「従軍慰安婦像」建立の無法などが暴かれることになり、世界の常識が一挙に崩れることに道を開くことになりましょう。
 私たち日本人は、“太平洋戦争”などと呼称して、このような国際的欺瞞にこれ以上“協力”することはないのです。なれば我ら国民が、一般人が大勢として、あの戦争を「大東亜戦争」と呼称することです。そのことが我が国を、”残虐な戦争犯罪の国“、「性奴隷の国」とされている世界の「常識」、通念を一掃させることになるでしょう。これを達成させるまで、私たちはどこまでも、いや成し遂げられた後も我が大東亜戦争を、その呼称を、大義を堂々と掲げ、その聖戦の歴史の物語を語り継いでいくことです!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1152 KB
  • 紙の本の長さ: 209 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07672X335
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 103,830位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク