通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人と日本文化―対談 (中公文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人と日本文化―対談 (中公文庫) 文庫 – 1996/8/18

5つ星のうち 4.7 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人と日本文化―対談 (中公文庫)
  • +
  • 果てしなく美しい日本 (講談社学術文庫)
  • +
  • 日本人の美意識 (中公文庫)
総額: ¥2,566
ポイントの合計: 111pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ますらおぶり」と「たおやめぶり」、忠義と裏切り、上方と江戸の違い、日本にきた西洋人―雄大な構想で歴史と人物を描き続ける司馬氏と、日本文学のすぐれた研究者であるキーン氏がともに歴史の香りを味わいながら「双方の体温で感じとった日本文化」を語る、興趣つきない対談。


登録情報

  • 文庫: 244ページ
  • 出版社: 中央公論社; 改版 (1996/8/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122026644
  • ISBN-13: 978-4122026643
  • 発売日: 1996/8/18
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 62,049位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 所謂、司馬遼太郎的日本文化論と一般の日本人以上にわが国の文化を習熟するキーン氏の対談集です。
 司馬氏の講ずるところは、今までの小説、エッセイ等のの集大成的なもので納得と供に「またこの話か」といったところです。楽しめるのはキーン氏の異国人としての客観的視点かつ充分な研究に裏づけられた意見、返答に対し「巨人」司馬氏もしばしば旗色が悪くなる場面がしばしばある点です。無論、成熟した大人の二人ですので醜態をさらしたり、各々にとって独善的な結論となることはありません。司馬氏の考えに対し共感を多く得ていた小生としては驚愕の念とともに斬新な1冊となりました。
 両氏のコラボレーションは現場の雰囲気を夢想してしまうほど濃密かつ異次元なものです。司馬遼太郎ファンの方はかなり楽しめると思います。
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本を語った対談の本。司馬遼太郎は司馬史観で有名な作家で、キーンは日本文化の研究者です。

彼らの意見は容易には合致しない。司馬史観は、どこかしら日本的ではなくそれだからこそキーンさんに反論の余地を与えている。

一方キーンさんの意見も単独ではやや味気ない。

二人が意見を戦わせるところに面白さがあるのだと思います。

猛烈なスピードで一読、その後に再読してしみじみとした味わいをかんじることの出来る本でした。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
日本文化や歴史に関しては、その造詣の深さと独特の分析力を持たれた二人の巨人の対談、非常に興味深く読ませて戴いた。
キーンさんは、あとがきで司馬さんとの対談に向かう前の不安、それが対談開始5分程で払しょくされ、まるで、丁度列車の中で乗り合わせた
2人の客が、日本文化や日本人について、いつまでも喋っている感覚であった旨を述べられ、読者は、その隣の席にでも座り、二人の
対話に耳を傾けている乗客のつもりでいてくれれば、と書かれているが、まさに、私はそのような感覚で読ませて貰った。お二人の
日本文化に対する知識の広さと深さには、驚嘆するが、特にキーンさんの得意とする江戸文学での彼の日本文化の分析は、明らかに
司馬さんもたじたじとなっている感がある。多くの面で他方の言い分に近い感覚をお持ちの二人だが、儒教の日本人への浸透の度合いと
日本人における神道の意味あいに関しては、やや立場を異とされているところもまた興味深い。日本文化とは何か、というテーマでこの対談は
進められているが、二人は、「あまり日本的なものとして、頑張りすぎるといやらしいものになる」といい、その意味で本居宣長はもう一つ
好かない旨で意気投合されているのも、極めて興味深い。お二人とも、日本文化への優れた造詣の深さと、分析力から来るのか、非常に
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ai0610 VINE メンバー 投稿日 2004/1/20
形式: 文庫 Amazonで購入
 対談本って、安直な読み物のような気がしてあまり好きではないのですが、この本は大丈夫です。読めます。
 日本人の美的意識について、本書はその多くの時間をかけています。日本文化の美意識がどこから生まれ、何に影響されたのか。彼らが言う吸収しても排出しない日本文化、そんなものをより深く理解させてくれます。
 司馬氏はともかく、ドナルドキーン氏の日本史に対するその知識の深さには驚かされます。
 不景気で日本人が自信をなくしている昨今、元気が出る一冊です。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本の歴史、文化を知り尽くした二人による対談本です。
外国人から見た日本文化について興味があり読みましたが、キーン氏の日本についての見識の深さに驚かされ、二人のレベルの高い対談から、自分が日本人であることに誇りを感じると共に自分の無知さがはずかしくなりました。
対談では日本に対して厳しい意見も多く私には意外でした。しかし二人は本当に日本を愛しているのだと感じました。
日本人として自国の文化をあらためて考えさせられる本でした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 このお二方の日本文化への思い入れを垣間見ることのできる本であり、現代までの日本人の本質を突く対談でした。特に、日本人の合理主義、海外文化を自分のモノにしてしまうところなどは、二氏が対談することによって、実体を持ちますし、とても興味深いです。二氏の日本文化への思い入れの深さを十二分に感じることのできる、充実した内容でした。                                                二氏が思い入れの深さ故に、見解がずれ、討論するところも、見どころの一つです。また、日本が戦争へ突き進んでいった歴史を文化的側面から検証するところは、今後の日本人にとっても重要なことなのではないか、と思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー