通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人が70年間一度も考えなかったこと (大澤真幸... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人が70年間一度も考えなかったこと (大澤真幸THINKING「O」) 単行本 – 2015/11/4

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 149

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人が70年間一度も考えなかったこと (大澤真幸THINKING「O」)
  • +
  • ピケティ『21世紀の資本』を越えて 超入門から資本主義新論へ (大澤真幸THINKING「O」)
  • +
  • 大澤真幸THINKING「O」第10号記念号
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

われわれ日本人は、戦争と平和について
戦後ずっと考えてきたつもりでいる。
だがしかし――。
「大規模なデモをもって
強く反対されている法を、
きわめて強引な仕方で通過させた政権が、
高い支持率を維持しているのはどうしてなのか」
その"不可解"な事実を、
グラフと数値を使いあざやかに解明!
「敗戦」を乗り越えるための論点は、
「九条の純化」そして「積極的中立主義」へ。
安保法案成立を嘆くより、
日本にはまだ未来のために
できることがあると目が覚める一冊。

大澤真幸がアウシュビッツ視察後
その足で国会前デモへ行き、
その気持ちのまま書き上げた論文。
平和への強い決意と感動が
おしよせてくる!
【対談のキーワード】
●日米関係はマンネリ化した夫婦
●われわれに国体があるとすれば九条以外にない
戦後日本は満州国モデルの成功例
など

著者について

大澤真幸(おおさわ・まさち)
1958年生まれ。社会学者。
著書に『不可能性の時代』『ナショナリズムの由来』
『〈自由〉の条件』『〈問い〉の読書術』など。
共著に『ふしぎなキリスト教』『おどろきの中国』
『二千年期の社会と思想』『憲法の条件』など。
近著に『自由という牢獄』『〈世界史〉の哲学 イスラーム篇』
などがある。

姜尚中(カン・サンジュン)
1950年生まれ。政治学者。東京大学名誉教授。
著書に『オリエンタリズムの彼方へ』『ナショナリズム』
『在日』『悩む力』『母 オモニ』
『心』『心の力』『悪の力』など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 112ページ
  • 出版社: 左右社 (2015/11/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865281312
  • ISBN-13: 978-4865281316
  • 発売日: 2015/11/4
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 502,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 金魚 投稿日 2015/12/20
形式: 単行本
前半の大澤真幸と姜尚中の対談はイマイチに感じた。
大澤真幸の話を姜尚中が聞いているといった感じで「対談」ならでは面白みが少なかったです。
後半の大澤真幸の論考はなかなか面白かったです。
平和主義者も米軍の庇護の元の平和を前提にしている。
そこに目を瞑る平和主義は欺瞞であるということがよくわかりました。
ではそのうえで9条を生かすにはどうするのか。
9条を単なるお題目ではなく、徹底させるのだ。
そういった話の展開になっています。
そして平和のフリーライダーにならないため紛争当事者すべてに人道的支援を行う。
それも紛争地で危険を冒して人道支援を行う。
こういったことを積極的中立主義と呼んでいます。
これはなかなか興味深い概念だと思いました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告