¥ 1,200
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/16

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/16
"もう一度試してください。"
¥ 1,200
¥ 1,200 ¥ 1,100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本人が知っておくべき「日本国憲法」の話
  • +
  • 日本人が知っておくべき「戦争」の話
  • +
  • 日本国民の新教養
総額: ¥3,696
ポイントの合計: 113pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

そもそも「憲法」って何だろう?
70年間なぜ改正されなかったのか……。

歴史背景から条文の中身まで、
教科書や新聞、テレビが伝えない
ホントの「憲法問題」を語る一冊!

★目次より★
・憲法はOSみたいなもの。アップデートするのが世界の常識
・「イギリスには憲法がない」! ? ホント? ウソ?
・近代日本は「五箇条の御誓文」から始まった!
・日本の歴史を徹底研究した、大日本帝国憲法の生みの親・井上毅
・日本国憲法の大原則「マッカーサー・ノート」
・素人集団・GHQ民生局の合言葉は「図書館へ急げ! 」
・芦田修正で「自衛戦争」の解釈が可能に!
・学べば学ぶほど「護憲派」になる、不思議な日本の憲法学 etc.

【巻末付録】一度は読んでみよう! 「日本国憲法」&「大日本帝国憲法」(現代語訳付き)

内容(「BOOK」データベースより)

70年間、なぜ改正されなかったのか。歴史背景から条文の中身まで、教科書や新聞、テレビが伝えないホントの「憲法問題」を語る―。巻末付録・「日本国憲法」&「大日本帝国憲法」(現代語訳付き)。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584137676
  • ISBN-13: 978-4584137673
  • 発売日: 2016/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.1 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,330位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 多くの人が当たり前のように「平和憲法」と賞讃する今の日本国憲法が、どのような経緯を経て、どのような目的の下に、誰によって制定されたのか、また、悪魔の憲法であるかのように教えられる戦前の大日本帝国憲法とはどのような内容を持つものであったのか、といった、憲法を巡る基本的な問題につき、平易に、また幅広く論じた一冊。巻末には、大日本帝国憲法と日本国憲法の全文が掲載されており、殊に前者は普段目に触れることもあまりないため、読んだことがない人には、これを機会に、先入観や偏見を捨てて、虚心で目を通してほしい。
 今なおGHQの意を汲む教育現場で教えられる内容やマス・メディアの報道から、また、『憲法を変えさせず、他国が日本を攻めて来てもまともに応戦することも出来ない状態に日本を置くことで、この国を亡ぼしたい。』というどす黒い願望を胸に秘めつつ、「現憲法の理念は崇高であり、断じて条文を変えてはならない。」という綺麗事を並べる反日左翼の言葉に惑わされ、何とはなしに、『現憲法の改正はするべきではない。』とか、甚だしきは、『現憲法があるから戦後の日本は平和を享受できたのであり、一字でも変えれば立ちどころに戦争が起きる。』と本気で信じ込まされ、思考停止状態に陥っている「普通の人たち」は、今なお日本中に数多く存在するが、そんな人たちに、『果たして本当にそうなのだろうか。』という素朴な疑問を懐いても
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
憲法。知らなければいけないと思いながらどうしても難しくて敬遠してしまっていましたが、分かりやすく書いてあって最後まで読みきることができました。ところどころ面白い話もあり飽きずに読めました。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2016/12/16
日本人が知っておくべき日本国憲法についての話の数々が
とても分かりやすく解説されている大変に素晴らしい1冊でした

お子様にもおすすめです
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
米国が敗戦国日本に置き土産として制定していった日本国憲法。日本では、これをありがたく拝み一言一句の改訂もなく、日本語の文法上の誤りさえ直されていない。このこと自体が、米国も予想外の非常識極まりないおかしなことなのである。
一方敗戦国のドイツは、さっさと改憲しその回数は二度三度どころではない。世界の常識から見てこれが、時に応じて憲法を改訂する普通のことであり、勿論ドイツは軍隊も作った。その他どこの国であろうと、70年改訂なしは、日本国憲法ただひとつ!
日本では、集団的自衛権、秘密保護法案制定の時でさえ、左派の印象操作「戦争法案」の嘘が大手を振って流布され、あの大騒ぎ!
集団的自衛権を持たない国とは世界広しといえども、スイスとコスタリカのみ。コスタリカは国防をすべて米国に委ねる実質丸裸の特異な国である事を、知らない日本人もまだ多い。コスタリカを理想化するのは、無知なお門違いの思い込みだ。
さて、スイスはというと、どれだけの日本人がスイスが永世中立であるためにしていることを認識しているだろうか?自国防衛のためのスイスの防衛費は膨大なものであり、国民皆兵で男子には徴兵制(女子は志願者のみ)が徹底されているのである。侵略してくる敵に対抗するには、憲法9条ではなくスイスと同じくらいの覚悟と自国のみで完結する具体的国防が不可欠であることは、いうまでもない。
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
敗戦後70年の日本、それを踏まえての「日本国憲法」の解説本です。
この手の本は全然読まない私ですが著者の動画で頻繁に率直な意見を書き込んでるので一応買ってみた感じです。
結構異論反論を書き込む私なのですが、このレビューはそれを一回フラットにして書き込もうと思います。

正直「日本国憲法」を全く知識がないために普通にこの憲法が完成するまでの背景や経緯は勉強になりました。
憲法をOSに例える出だしは話に入りやすく若者にも読んでもらうよう工夫されているなと感じで「出だし」は良かったです。
ただどんどん読み進めていくと著者の動画での売りであるのユーモアがこの本にはほぼ無くなっていき終始真面目な内容。
(題材が題材だけに茶化せないのも理解できますが・・・)
いつもの動画のノリを期待している方には若干堅苦しいと感じるかもしれませんね。

そんなで読み終わって率直な感想は最初に書いた通り日本国憲法の「解説」本だったなぁ っという印象です。
著者自身は憲法改正は必要と書かれてますが、それ以前に我々国民が憲法に関心がない事が問題とも悟られています。
そこは本当に同意見できっと緊急事態的な問題に日本が遭わない限り私を含め国民は憲法に向き合わないでしょう。
それじゃ時遅しとも
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック