中古品:
¥336
お届け日 (配送料: ¥330 ): 2月2日 - 4日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 経年による使用感、ページ角に折れ目のある部分がございますが、読むに差し支えない状態です。◆検品を行っておりますが、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。評価からですとご対応ができないため、メールにてご連絡をお願い致します。【商品に関して】※中古品のため「帯・コード・ハガキ・付属品・特典」などの記載がない場合には、付属していないものとお考え下さい。また、ディスク・特典など開封済みとお考えください。※製造年月日により掲載されている画像と異なる場合がございます。◆ポスト投函なので、不在でも受け取れます。ゆうメールの場合には、日本郵便の配送変更によりお届けに「3日から6日」の配送期間となっております。ご了承の程お願い致します。
シェアする

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません 単行本(ソフトカバー) – 2011/10/15

5つ星のうち4.2 68個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥336
¥3,399 ¥250

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ユーロ危機、中国のバブル、アメリカ国債問題、デフレ経済…すべてがつながり、理解できる。そして示される経済学的に正しい日本の政策とは―。

著者について

藤沢 数希 (ふじさわ かずき)

欧米の研究機関にて、計算科学、理論物理学の分野で博士号を取得。科学者として多数の学術論文を世界的なジャーナルに発表する。
その後、外資系投資銀行に転身し、経済動向の予測、リスク管理、トレーディングなどに従事している。
おもな著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)がある。言論サイト「アゴラ」のレギュラー執筆陣のひとり。

主催するブログ「金融日記」は月間100万ページビュー 。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ダイヤモンド社 (2011/10/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2011/10/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 240ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4478017158
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4478017159
  • 寸法 ‏ : ‎ 21 x 17 x 14.8 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 68個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
68 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年1月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年4月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2021年3月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 経済入門講座のテキストにしよか!
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2021年3月28日
おもしろいよ。
読んでみな!

実経済を視るのに、非常に参考になる。

全ての人に読みやすい、わかり易いわけではもちろんないけど、
異論もございましょうが、
経済に、お金に、関心がある方、
大学の経済系学部でたけど、何やってたのかわかってない方、
理科系で経済に関心がある方、
投資に関心がある方、
より賢くなりたい方、
などなどにおすすめします。

100% 内容は肯定できるわけではないけど
概ね、知識、情報整理に役立つ。

堀江さんが懲役喰らったのは、
この本に書いてあることと、
もう一つ、GHQの影が視えるんだけど、それはこの本には関係ない。

デフレ脱却は、生産性の向上が不可欠なのがわかると思う。
それを阻止しようとするのは、誰なんだろう?

インバウンド というカタカナ言葉でごまかして、いかにも観光客呼び込み!みたいに言ってるけど、物価が安い、低い=経済が弱いから、外人がくる。

中国人で日本に来る人は、日本を追い越している人。

10年前から、あまりにも変わっていない
日本の経済状況に呆れる。

藤沢氏の他の著作もおすすめ。
理系の方に読んでもらいたい。
教養学部があるなら、経済学入門の教科書にしてもいいくらい。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2019年5月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年6月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年9月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年6月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する