通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
日本二千六百年史 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 志士丸堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品です。Amazonガイドラインに則しています。若干の使用感(シミや汚れ、開き癖、数ページ程度の書き込みや折れ、背表紙や天地小口に若干のヤケや傷)がある場合があります。ご愛読頂くには問題ありませんがコレクターの方や美品をお求めの方はご遠慮ください。 午前中に注文確定されると翌日までに、午後に注文確定しますと翌々日までに発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

日本二千六百年史 単行本 – 2008/10

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 955

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 日本二千六百年史
  • +
  • 日米開戦の真実 (小学館文庫)
総額: ¥2,283
ポイントの合計: 38pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本のタブーに触れた発禁の歴史教科書!削除された“不敬罪違反”部分を復原。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大川/周明
昭和戦前の国民に多大な影響を与えた思想家。明治19年、山形県酒田市生まれ。荘内中学(石原莞爾らを輩出)、熊本第五高等学校を経て東京帝国大学に入学、インド哲学を専攻。卒業後、拓殖大学教授などを務める一方、アジア解放・国家改造の実践に奔走、軍部に接近し、革新将校との結びつきを強めた。昭和7年、五・一五事件に連座し禁固五年の有罪判決を受け服役。昭和12年に出所すると、すでに勃発していた日中戦争から、さらに日米戦争へと突き進まんとする国家的気運の中で、アジア主義・日本精神復興を軸とする言論活動を精力的に展開、同14年にその集大成として『日本二千六百年史』を上梓するや、本書は官憲の弾圧を受けつつも、たちまち数十万部を売り尽くす大ベストセラーとなる。また日米開戦のへき頭、NHKラジオで連続十二回演説し、国民・将兵の士気を鼓舞した。このため、戦後、日本思想界の象徴とみなされ民間人ながら東条英機らと共にA級戦犯に指定されたが、精神疾患を理由に免訴、釈放された。その後、コーラン全文の翻訳に傾注し、完結。晩年は農村復興運動などにも従事、昭和32年、七十一歳で死去。「小夜嵐、みねの落葉は、埋もれて、わが行く道は、知る人ぞ知る」の辞世を残した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 293ページ
  • 出版社: 毎日ワンズ (2008/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490162234X
  • ISBN-13: 978-4901622349
  • 発売日: 2008/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 132,690位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
昭和30年代末期、まだ占領政策の影響下、小学生のころ、尊敬する担任だったが、東京裁判の話になり、裁判のとき東條英機のハゲ頭をペチャンと叩いた男が右翼の大物であり、山形県人だとの話をしたことがいまでも記憶に残っている。担任の先生は永遠に敬服しているが、以来、大川周明を戯画化していた。しかし、橋川文三先生の著作によって改めて興味を抱き、いまではタイトルは忘れてしまったが、大川の著作をひも解いてみた。その時の衝撃はいまでも尾を引いている。文体と心意気はまさにアジテーション。講壇弁士の口調で訴えかけ、読者というより聴衆の一員として胸に叩きつけられた。
本著も変わらず、全編、アジテーションである。「国民は天皇陛下の赤子である」という根拠を論理を積み重ねて説いており、その言葉の意味を教えてもらった。天皇を現人神とする論理も分かった。意外と穏当な論拠に基づくもので、荒唐無稽な言葉ではなかったのだ。
昭和14年に発行されたという。激動の歴史が臨場感を持って蘇ってくる。理想荘厳なヴィジョンが展開されており、日本人の賢明さが高く表明されており、元気が沸いてくる。
右翼思想家といっても、時の権力を擁護しているのではなく、国民福祉の視点から政府を鋭く糾弾していることも清々しい。
大川周明の出生地の100キロも離れていないところで石原莞爾も出生したというのも当地の風土のなせる業なのか。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この本の驚くところはその独自性にあります

戦前のイデオロギーに収まりのつかない記載が満載です。特に鎌倉から室町にかけての記載は、たぶん昭和期の初頭の人たちの共通理解とは異なる価値観を呈しています、これは戦後にあっても此処まで書く人は少なかったでしょう。
まず承久の乱の箇所では、「北条氏がかくの如き大悪を敢えてせるに拘らず、約百年にわたりて天下を保ち得たりしは、もとより種々なる事情はありしとはいえ、その主要なる原因は、鎌倉幕府の摯実なる政治が、見事に安民の実を挙げたることにある。もと義時・泰時が非常の大悪を犯すに至ったのも、その動機は主として人民安堵の為であった。されば北条氏代々の執権、よく心を治国平天下の道に潜めたのであったが、わけても吾らをして感嘆に堪えざらしむるものは泰時の政治である」とし、さらに「まことに彼(泰時)はその品格の高潔なりし点に於て、国のために私を顧みざりし精神に於て、而してその事務の才幹に於て、真に日本政治家の儀範である。」と手放しでほめています。これは本書が執筆された昭和十四年のイデオロギーではありませんね。

また、足利尊氏の記述にも大変驚きました。
戦前の教育を受けた人たちは間違いなく足利尊氏は朝廷に弓引く逆賊でその名を口にするだけで問題視される風潮であったことを思うと、昭和十四年に書かれたにも
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 まこっと トップ1000レビュアー 投稿日 2013/12/25
形式: 単行本 Amazonで購入
大川周明というと、いわゆる「東京裁判」での奇行が思い起こされるらしいのですが、
自分はそちらの方は知らず、妙な先入観を抱かずに本書を読むことが出来ました。

大変に面白い本でした。
内容は日本の長い歴史なので、かいつまんで紹介することも出来ませんが、
本書に少しでも興味が湧いた方は、以下の序論の一部を是非、読んでみて下さい。

如何なる世、如何なる国と言わず、
改造または革新の必要は、国民的生命の衰弱・頽廃から生れる。
生命の衰弱・頽廃は善なるものの力弱り、悪なるものの横行跋扈することによる。
故に之を改造するためには、国民的生命の衷に潜む偉大なるもの・
高貴なるもの・堅実なるものを認識し、之を復興せしむることによって、
現に横行しつつある邪悪を打倒しなければならぬ。
簡潔に言えば、改造または革新とは、自国の善を以て自国の悪を討つことでなければならぬ。
そは他国の善なるが如く見ゆるものを藉り来りて、自国の悪に代えることであってはならぬ。
かくの如きは、精々成功しても木に竹を接ぐに止まり、
決して樹木本来の生命を更新するのではなく、之を別の竹たらしむに終るであろう。
それ故に、建設の原理は、断じて之を他国に求むべきに
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
東京裁判で東条英機氏をポカリが金賞強く残っていましたが、交通・情報が少ない時代現在以上に理解し述べられている。最近の学者特にNHK放送大学教授や高校の講師あたりの歴史に解説は肝心なことを抜かしている。戦後の悪しき教育を改めて認識させられる。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック